(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】2019146040
(43)【公開日】20190829
(54)【発明の名称】色管理システム、情報処理装置とその制御方法、及びプログラム
(51)【国際特許分類】
   H04N 1/46 20060101AFI20190802BHJP
   H04N 1/60 20060101ALI20190802BHJP
   G06T 1/00 20060101ALI20190802BHJP
   B41J 29/38 20060101ALI20190802BHJP
   B41J 29/393 20060101ALI20190802BHJP
   G03G 21/00 20060101ALI20190802BHJP
   G03G 15/00 20060101ALI20190802BHJP
【FI】
   !H04N1/46 Z
   !H04N1/40 D
   !G06T1/00 510
   !B41J29/38 Z
   !B41J29/393 101
   !G03G21/00 396
   !G03G21/00 510
   !G03G15/00 303
【審査請求】未請求
【請求項の数】12
【出願形態】OL
【全頁数】42
(21)【出願番号】2018029055
(22)【出願日】20180221
(71)【出願人】
【識別番号】000001007
【氏名又は名称】キヤノン株式会社
【住所又は居所】東京都大田区下丸子3丁目30番2号
(74)【代理人】
【識別番号】100076428
【弁理士】
【氏名又は名称】大塚 康徳
(74)【代理人】
【識別番号】100115071
【弁理士】
【氏名又は名称】大塚 康弘
(74)【代理人】
【識別番号】100112508
【弁理士】
【氏名又は名称】高柳 司郎
(74)【代理人】
【識別番号】100116894
【弁理士】
【氏名又は名称】木村 秀二
(74)【代理人】
【識別番号】100130409
【弁理士】
【氏名又は名称】下山 治
(74)【代理人】
【識別番号】100134175
【弁理士】
【氏名又は名称】永川 行光
(72)【発明者】
【氏名】阿武 純
【住所又は居所】東京都大田区下丸子3丁目30番2号 キヤノン株式会社内
【テーマコード(参考)】
2C061
2H270
5B057
5C077
5C079
【Fターム(参考)】
2C061AP01
2C061AQ05
2C061AQ06
2C061AR01
2C061HJ08
2C061HK05
2C061HK07
2C061HN05
2C061HN15
2C061HP00
2C061HQ12
2C061KK18
2C061KK19
2C061KK25
2C061KK28
2C061KK31
2H270KA59
2H270LA98
2H270MA06
2H270MB11
2H270MF08
2H270MF19
2H270ND09
2H270ND28
2H270RA03
2H270RA08
2H270ZC03
2H270ZC04
2H270ZC06
5B057AA11
5B057BA23
5B057CA01
5B057CA08
5B057CA12
5B057CA16
5B057CB01
5B057CB08
5B057CB12
5B057CB16
5B057CE17
5B057CH07
5B057DA17
5B057DB02
5B057DB06
5B057DB09
5B057DC25
5C077LL19
5C077MP08
5C077PP33
5C077PP36
5C077PP37
5C077PQ23
5C077SS05
5C077SS06
5C077TT02
5C079HB03
5C079HB08
5C079LA02
5C079LB01
5C079MA04
5C079MA10
5C079MA17
5C079MA19
5C079NA03
5C079PA03
(57)【要約】      (修正有)
【課題】集中管理サーバから各印刷拠点に配信された複数の色確認プロファイルから、その印刷拠点の印刷装置の色管理作業に対応する色確認プロファイルを選択して色管理作業を実行させる、情報処理装置を提供する。
【解決手段】少なくとも一つの印刷装置を有する印刷拠点の印刷装置を管理する情報処理装置であって、該情報処理装置は、集中管理サーバから、前記少なくとも一つの印刷装置の色管理作業で使用する複数の色確認プロファイルを受信し、その受信した複数の色確認プロファイルを保存する。そして、その保存された複数の色確認プロファイルから、印刷拠点に含まれる対象の印刷装置の色管理作業で使用する色確認プロファイルを選択し、その選択した色確認プロファイルを、対象の印刷装置に送信して色管理作業を実行させる。
【選択図】図18
【特許請求の範囲】
【請求項1】
少なくとも一つの印刷装置を有する印刷拠点の印刷装置を管理する情報処理装置であって、
集中管理サーバから、前記少なくとも一つの印刷装置の色管理作業で使用する複数の色確認プロファイルを受信する受信手段と、
前記受信手段により受信した前記複数の色確認プロファイルを保存する保存手段と、
前記保存手段に保存された前記複数の色確認プロファイルから、前記印刷拠点に含まれる対象の印刷装置の色管理作業で使用する色確認プロファイルを選択する選択手段と、
前記選択手段により選択した前記色確認プロファイルを、前記対象の印刷装置に送信して前記色管理作業を実行させる制御手段と、
を有することを特徴とする情報処理装置。
【請求項2】
前記選択手段は、前記対象の印刷装置が実行したジョブの履歴を取得する第1取得手段を有し、前記ジョブの履歴に含まれる印刷設定に対応する印刷設定を含む色確認プロファイルを選択することを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記選択手段は、前記対象の印刷装置が実行したジョブの履歴に含まれる用紙タイプや納品先地域を対象とする色確認プロファイルを選択することを特徴とする請求項2に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記選択手段は、前記対象の印刷装置がこれから実行するジョブの情報を取得する第2取得手段を有し、前記ジョブの情報に含まれる印刷設定に対応する印刷設定を含む色確認プロファイルを選択することを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項5】
前記選択手段は、前記対象の印刷装置がこれから実行するジョブの情報に含まれる用紙タイプや納品先地域を対象とする色確認プロファイルを選択することを特徴とする請求項4に記載の情報処理装置。
【請求項6】
印刷ジョブの投入に応じて、当該印刷ジョブに対応する色確認プロファイルを前記保存手段に保存されている前記複数の色確認プロファイルから特定する特定手段と、
前記特定手段により特定された色確認プロファイルの使用が有効かどうか判定する判定手段と、を更に有し、
前記制御手段は、前記判定手段が有効と判定した場合、前記対象の印刷装置に、当該色確認プロファイルを使用した色管理作業を実行させないことを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項7】
前記制御手段は、前記判定手段が有効でないと判定した色確認プロファイルが前回実行された日時が、現在の日時から所定の期間よりも長い場合は、前記判定手段が有効でないと判定した色確認プロファイルを前記対象の印刷装置に送信して前記色管理作業を実行させることを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項8】
前記印刷拠点が複数の印刷装置を有する場合、前記複数の印刷装置から前記対象の印刷装置を選択する手段を、更に有することを特徴とする請求項1乃至7のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項9】
前記色管理作業は、前記対象の印刷装置を使用して、印刷された画像の色を確認するためのチャートを印刷させるとともに、当該チャートの測色結果に基づく色調整作業を含むことを特徴とする請求項1乃至8のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項10】
少なくとも一つの印刷装置を有する印刷拠点の印刷装置を管理する情報処理装置を制御する制御方法であって、
集中管理サーバから、前記少なくとも一つの印刷装置の色管理作業で使用する複数の色確認プロファイルを受信する受信工程と、
前記受信工程で受信した前記複数の色確認プロファイルを保存する保存工程と、
前記保存工程で保存された前記複数の色確認プロファイルから、前記印刷拠点に含まれる対象の印刷装置の色管理作業で使用する色確認プロファイルを選択する選択工程と、
前記選択工程で選択した前記色確認プロファイルを、前記対象の印刷装置に送信して前記色管理作業を実行させる制御工程と、
を有することを特徴とする制御方法。
【請求項11】
少なくとも集中管理サーバと、それぞれが少なくとも一つの印刷装置を含む複数の印刷拠点のそれぞれを管理する管理サーバとを有し、各印刷拠点での印刷装置で印刷される画像の色を管理する色管理システムであって、
前記集中管理サーバは、前記管理サーバに、当該管理サーバが管理している印刷拠点の印刷装置の色管理作業で使用する複数の色確認プロファイルを送信し、
前記管理サーバは、
前記集中管理サーバから送信された前記複数の色確認プロファイルを受信する受信手段と、
前記受信手段により受信した前記複数の色確認プロファイルを保存する保存手段と、
前記保存手段に保存された前記複数の色確認プロファイルから、前記印刷拠点に含まれる対象の印刷装置の色管理作業で使用する色確認プロファイルを選択する選択手段と、
前記選択手段により選択した前記色確認プロファイルを、前記対象の印刷装置に送信して前記色確認を実行させる制御手段と、
前記印刷装置における色確認の結果を取得して前記集中管理サーバに送信する送信手段と、を有し、
前記印刷装置は、
前記色確認プロファイルに従ってチャートを印刷し、当該チャートを測色した値を前記色確認の結果として前記管理サーバに送信することを特徴とする色管理システム。
【請求項12】
コンピュータを、請求項1乃至9のいずれか1項に記載の情報処理装置の各手段として機能させるためのプログラム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、色管理システム、情報処理装置とその制御方法、及びプログラムに関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、商業印刷市場向けに多様な印刷装置が販売されている。これら印刷装置により印刷されて出力される出力物は顧客の商材となるため、その出力物に印刷された画像の色の精度に対する要求は高い。しかし、印刷装置により印刷された画像の色は、多様な要因により変動する。例えば、印刷装置を構成するパーツの劣化度、印刷装置が設置された環境(温湿度)、印刷装置が印刷する際に使用するトナーや用紙などの消耗品などにより変動する。
【0003】
そこで、商業印刷の現場では、一般的にカラーエキスパートと呼ばれる担当者を配置し、その担当者が、印刷装置により印刷される画像の色を所望の色に保つために色管理作業を行う。この色管理作業は複数の工程から成る。この工程の1つに、色管理対象の印刷装置により印刷された画像の色を確認する色確認作業がある。この色確認作業では、色管理対象の印刷装置を用いて所定のチャートを印刷し、このチャートを測色装置で測色する。この測色値と予め定義された目標値(リファレンス)とを比較し、その色管理対象の印刷装置により印刷された画像の色が所定の色品質基準を満たしているか否か(測色値と目標値との色差が閾値以下か否か)を判定する。ここで所定の色品質基準を満たしている(色差が閾値以下である)場合は、以降の印刷工程を実施可能な印刷装置として承認する。
【0004】
一方、所定の色品質基準を満たしていない(色差が閾値以上)場合は、カラーエキスパートが、その印刷装置の色調整作業を行う。色調整作業は、濃度階調補正に代表される各種キャリブレーション機能の実行作業である。そして、色調整作業を行った後、カラーエキスパートは再び色確認作業を行い、その印刷装置により印刷された画像の色が所定の色品質基準に到達したか否かを確認する。ここで色調整作業を実施しても、求められる色品質基準に到達しない印刷装置の場合、カラーエキスパートはカラープロファイルの再作成や画像形成条件の微調整など、より難度の高い色調整作業を行う。更に、カラーエキスパートは、色確認作業を行った結果のデータを蓄積し、以降の印刷装置の特性の把握や経時変化の確認などの用途に用いることもある。
【0005】
カラーエキスパートは、自身が管轄する印刷拠点に設置された複数の印刷装置に対しても前述の色管理作業を実施することがあるため作業負荷が非常に大きい。尚、色管理システムの利用者はカラーエキスパートのみとは限らない。例えば、印刷装置を実際に操作する作業者であるオペレータが、色確認作業時の用紙補給や紙詰まりなどのエラーリカバリー処理、色調整作業の実行を行う場合もある。一般的にオペレータは、カラーエキスパートよりも熟練度が低いため、難易度の高い色管理作業を独断で完遂することが難しい。よって、色管理作業においては、利用者の熟練度に依らない容易な作業で色管理作業を実行可能なシステムが求められている。また複数の印刷装置に対する色管理作業の負荷を減らせるように作業の効率化が求められている。
【0006】
近年、様々な色管理システムが提案されており、特許文献1には、キャリブレーション実行後の結果を目標値と比較し、キャリブレーション実行後に印刷装置が印刷する画像の色について判定する画像形成装置を記載している。そして、この判定結果を用いて、その後の印刷装置の動作として、印刷を継続するか否かを決定することも記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
【特許文献1】特開2010−201901号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
カラーエキスパートやオペレータが印刷を行う場合、色管理システムを用いながら印刷装置に対して色管理作業を行っている。上述したように、カラーエキスパートと呼ばれる担当者は、印刷装置により印刷される画像の色を所望の色に保つために色管理作業を行う。またオペレータはカラーエキスパートよりも熟練度が低く、難易度の高い色管理作業を独断で完遂することが難しいため、カラーエキスパートの指示を仰ぎながら比較的定型な色管理作業を行う。このような役割分担があるため、一般的にカラーエキスパートがオペレータよりも人件費が高い。よって、拠点が複数ある場合は、その拠点の数だけカラーエキスパートを配置するのではなく、一人のカラーエキスパートが複数拠点を担当し、各拠点にはオペレータを配置する。このように、カラーエキスパートが色管理システムを介してオペレータに対し色管理作業の指示を行うことで、各拠点の印刷装置の色管理作業を行うことができる。
【0009】
この場合、複数拠点を担当するカラーエキスパートは、それらの拠点にある全ての印刷装置を対象として、行うべき色管理作業の内容を決める。その作業内容を色管理システムにおいて定義し、色管理システムを介して各拠点に配信する。各拠点のオペレータは、色管理システムにおいて配信された色管理作業の作業内容を確認する。
【0010】
一般的に印刷ジョブは、種々存在し、例えば、教材に代表される普通紙の白黒印刷、マニュアルに代表される普通紙のカラー印刷、写真集(フォトアルバム)に代表されるコート紙のカラー印刷などがある。これらの印刷ジョブは、印刷に使用する用紙が各種あり、白黒印刷かカラー印刷かの違い、カラー印刷でも色管理に厳しい印刷か、そうでない印刷か、などの違いがある。マニュアルの印刷は、カラー印刷ではあるが、印刷される色は二色だったり単調な色だったりして色管理に厳しくないが、写真集はフルカラーであり色管理に厳しい。
【0011】
また、各拠点で実行する印刷ジョブに特徴がある場合がある。例えば、マニュアル印刷が多い拠点、写真集が多い拠点など、各拠点で特徴があれば、色管理作業の内容もそれに応じてカスタマイズする必要がある。つまり、マニュアル印刷が多い拠点では普通紙に対して簡単な色管理作業を行い、写真集が多い拠点ではコート紙に対して厳しい色管理作業を行う。このような場合、複数拠点を担当するカラーエキスパートは、複数の拠点で実行するであろう多種多様な色管理作業の内容の全てを決定し、色管理システムを介して各拠点に配信する。そして、各拠点においては、そこで実際に印刷するジョブの特徴に合わせて、その中から必要な色管理作業の内容を選択して実行し、不必要な色管理作業を実行しないようにして色管理作業を効率化する。しかしオペレータは、難易度の高い色管理作業を独断で完遂することが難しいため、カラーエキスパートが決定し各拠点に配信した多種多様な色管理作業の内容から、その拠点での状況に応じた、適正な色管理作業を選択するのが難しいという課題がある。
【0012】
本発明の目的は、上記従来技術の課題を解決することにある。
【0013】
本発明の目的は、集中管理サーバから各印刷拠点に配信された複数の色確認プロファイから、その印刷拠点の対象の印刷装置の色管理作業に対応する色確認プロファイを選択して色管理作業を実行させることができる技術を提案することにある。
【課題を解決するための手段】
【0014】
上記目的を達成するために本発明の一態様に係る情報処理装置は以下のような構成を備える。即ち、
少なくとも一つの印刷装置を有する印刷拠点の印刷装置を管理する情報処理装置であって、
集中管理サーバから、前記少なくとも一つの印刷装置の色管理作業で使用する複数の色確認プロファイルを受信する受信手段と、
前記受信手段により受信した前記複数の色確認プロファイルを保存する保存手段と、
前記保存手段に保存された前記複数の色確認プロファイルから、前記印刷拠点に含まれる対象の印刷装置の色管理作業で使用する色確認プロファイルを選択する選択手段と、
前記選択手段により選択した前記色確認プロファイルを、前記対象の印刷装置に送信して前記色管理作業を実行させる制御手段と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0015】
本発明によれば、集中管理サーバから各印刷拠点に配信された複数の色確認プロファイから、その印刷拠点の対象の印刷装置の色管理作業に対応する色確認プロファイを選択して色管理作業を実行させることができるという効果がある。
【0016】
本発明のその他の特徴及び利点は、添付図面を参照とした以下の説明により明らかになるであろう。なお、添付図面においては、同じ若しくは同様の構成には、同じ参照番号を付す。
【図面の簡単な説明】
【0017】
添付図面は明細書に含まれ、その一部を構成し、本発明の実施形態を示し、その記述と共に本発明の原理を説明するために用いられる。
【図1】本発明の実施形態に係る印刷システムの全体構成を説明する概念図。
【図2】実施形態に係る印刷システムの印刷拠点を中心とする構成を説明する図。
【図3】実施形態に係る集中管理システムの集中管理サーバと集中管理端末とを含むハードウェア構成を説明するブロック図。
【図4】実施形態に係る集中管理システムの拠点管理サーバと拠点管理端末とを含むハードウェア構成を説明するブロック図。
【図5】実施形態に係る印刷装置のハードウェア構成を説明するブロック図。
【図6】実施形態に係る集中管理サーバのソフトウェア構成を説明するブロック図(A)と、集中管理端末のソフトウェア構成を説明するブロック図(B)。
【図7】実施形態に係る拠点管理サーバのソフトウェア構成を説明するブロック図(A)と、拠点管理端末のソフトウェア構成を説明するブロック図(B)。
【図8】実施形態に係る印刷装置のプリンタコントローラのソフトウェア構成を説明するブロック図。
【図9】本実施形態に係る色管理システムが提供する機能に関するシーケンスの一例を説明する図。
【図10】本実施形態に係る色管理システムが提供する機能に関するシーケンスの一例を説明する図。
【図11】本実施形態に係る色管理システムが提供する色確認処理と、色確認結果に応じてシステムが自動的に実行するシーケンスの一例を説明する図。
【図12A】実施形態に係る色管理システムが有するデータベースを説明する図。
【図12B】実施形態に係る色管理システムが有するデータベースを説明する図。
【図12C】実施形態に係る色管理システムが有するデータベースを説明する図。
【図13】実施形態に係るジョブ管理サーバのハードウェア構成を説明するブロック図。
【図14】実施形態に係るジョブスケジューラのハードウェア構成を説明するブロック図。
【図15】実施形態に係るジョブ管理サーバのソフトウェア構成を説明するブロック図。
【図16】実施形態に係るジョブスケジューラのソフトウェア構成を説明するブロック図。
【図17】実施形態に係る拠点管理サーバがジョブ管理サーバやジョブスケジューラ、集中管理端末、集中管理サーバと連携しながら制御するシーケンスを説明する図。
【図18】実施形態に係る拠点管理サーバの処理を説明するフローチャート。
【図19】実施形態に係る拠点管理サーバの処理を説明するフローチャート。
【図20】本実施形態に係る拠点管理アプリケーションのTOP画面の一例を示す図。
【図21】色管理アプリケーションの環境設定画面の一例を示す図。
【図22】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における色確認設定編集画面の一例を示す図。
【図23】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定におけるパッチチャート編集画面の一例を示す図。
【図24】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定におけるリファレンス編集画面の一例を示す図。
【図25】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における判定基準編集画面の一例を示す図。
【図26】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定におけるジョブプロパティ編集画面の一例を示す図。
【図27】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における色確認実行条件編集画面の一例を示す図。
【図28】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における色調整設定編集画面の一例を示す図。
【図29】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの色確認結果画面の一例を示す図。
【図30】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの色確認結果画面の一例を示す図。
【図31】拠点管理アプリケーションの色確認結果画面の一例を示す図。
【図32】実施形態に係る拠点管理アプリケーションの印刷装置の登録画面の一例を示す図。
【図33】実施形態に係るジョブ管理サーバのデータベース情報を示す図(A)と、実施形態に係るジョブスケジューラのデータベース情報を示す図(B)。
【発明を実施するための形態】
【0018】
以下、添付図面を参照して本発明の実施形態を詳しく説明する。尚、以下の実施形態は特許請求の範囲に係る本発明を限定するものでなく、また本実施形態で説明されている特徴の組み合わせの全てが本発明の解決手段に必須のものとは限らない。
【0019】
図1は、本発明の実施形態に係る印刷システムの全体構成を説明する概念図である。ここでは、異なる場所に存在する全ての拠点を管理する集中管理拠点の管理下に印刷拠点105、印刷拠点106がある。実施形態では、各印刷拠点には少なくとも1つの印刷装置が稼働している例を用いるが、その限りではない。集中管理拠点の管理下には更に多数の印刷拠点から成るシステム構成であってもよい。
【0020】
図2は、実施形態に係る印刷システムの印刷拠点105を中心とする構成を説明する図である。
【0021】
クラウド環境100は、後述の拠点管理サーバ102と集中管理サーバ101、ジョブ管理サーバ104などのクラウドサーバを有し、インターネットを介して接続する端末装置に対して各種サービスを提供する。尚、実施形態では、拠点管理サーバ102と集中管理サーバ101、ジョブ管理サーバ104をクラウドサーバであるものとして説明するが、本発明はその限りではない。集中管理業務を行う拠点と印刷拠点105に、それぞれ、集中管理サーバ101、拠点管理サーバ102、ジョブ管理サーバ104を設置し、オンプレミスで利用してもよい。
【0022】
拠点管理サーバ102は、印刷拠点105で稼働する印刷装置203、205を管理するサーバである。ジョブスケジューラ201,202は印刷拠点105で稼働するそれぞれの印刷装置203,205のジョブのスケジュールを管理するサーバである。拠点管理サーバ102は、管理対象の印刷装置203,205の情報を取得する。また拠点管理サーバ102は、管理対象拠点内の印刷装置203,205への各種制御指示を送信する。更に、拠点管理サーバ102は、後述の集中管理サーバ101に対し、管理対象拠点で稼働する印刷装置に関する情報を送信する。
【0023】
尚、拠点管理サーバ102は、クラウド環境100に設置されるクラウドサーバで、後述の拠点管理端末211や集中管理サーバ101とは、インターネットを介して接続される。集中管理サーバ101は、少なくとも1つの印刷拠点105の情報を、統合的に管理するサーバである。集中管理サーバ101は、拠点管理サーバ102から各印刷拠点の情報を取得する。この情報とは、例えば、管理対象の印刷装置203,205の稼働率、各種消耗品の使用量と残量、或いは、印刷装置203,205のパーツの寿命予測情報などである。また集中管理サーバ101は、集中管理端末111に対して、上記の印刷拠点情報(印刷拠点にて稼働する印刷装置に関する情報)を送信する。
【0024】
尚、集中管理サーバ101は、クラウド環境100に設置されるクラウドサーバで、拠点管理サーバ102や集中管理端末111とは、インターネットを介して接続される。集中管理端末111は、集中管理拠点に在籍する集中管理者が使用する端末である。集中管理端末111は、集中管理サーバ101から受信した印刷拠点情報を、不図示の表示部に表示する。集中管理者は、その表示部に表示された印刷拠点情報を参照して、各印刷拠点の印刷装置203,205の稼働率や消耗品のコストを確認する。
【0025】
ジョブ管理サーバ104は、クラウド環境100に設置されるクラウドサーバで、印刷装置203,205とインターネットを介して接続され、印刷装置203,205で実行されたジョブ履歴を管理する。一般的にMIS(Management Information System)と呼ぶ印刷ジョブを管理するシステムで実現されている。
【0026】
ジョブスケジューラ201は、印刷装置203のジョブのスケジュールを管理するサーバであり、ジョブスケジューラ202は、印刷装置205ジョブのスケジュールを管理するサーバである。一般的には印刷ドライバをインストールされたPCなどからジョブスケジューラに印刷ジョブが投入されると、その印刷ジョブをどのような順番で、いつ印刷するかを管理する。そしてジョブスケジューラ201は、印刷する順番や時間になれば、そのジョブを印刷装置203に送信し印刷を行わせる。ジョブスケジューラ201は、印刷装置203がこれから実行するジョブを管理しているので、どのような用紙を使用し、どのような色設定がされているかの印刷ジョブ設定内容を管理している。
【0027】
このようなジョブスケジューラとして、例えば、既に商品化されているOCE社のPRISMAsyncがある。ここでは印刷装置毎に1つのジョブスケジューラが対応する構成を想定しているが、1つのジョブスケジューラが複数の印刷装置を管理する構成にしても良い。更には、ジョブスケジューラは、印刷拠点にオンプレミスとして設置する構成を想定しているが、ジョブ管理サーバ104と同様に、クラウドサーバにより構成されても良い。また、ジョブ管理サーバ104とジョブスケジューラとが一体の構成でも良い。どのような構成であっても、ジョブスケジューラは、管理対象の印刷装置と通信を行うことができ、印刷装置のジョブのスケジュールを管理することができる。
【0028】
拠点管理端末211は、印刷拠点105を管理するカラーエキスパートが使用する端末(情報処理装置)である。拠点管理端末211は、拠点管理サーバ102と通信し、拠点内の印刷装置203,205の情報を、不図示の表示部に表示する。カラーエキスパートは、表示された印刷装置203,205の情報を参照して色管理作業に用いる。色管理作業とは、印刷装置により印刷される画像の色を所望の色品質基準に保つために実行される作業であり、複数の工程を含む。例えば、印刷装置から印刷された画像の色値の確認作業(色確認作業)、印刷される画像の色値が色品質基準を満たすように調整をする色調整作業等がある。また、拠点管理端末211は、カラーエキスパートからの指示を受け付け、印刷拠点105内の印刷装置203,205へと各種実行指示を送信する。
【0029】
印刷装置203,205は、印刷拠点105で稼働する印刷装置である。印刷装置203,205は、例えば、電子写真方式のプリンタ、或いは、インクジェット方式のプリンタである。印刷装置203,205は、プリンタにその他の装置を接続した構成となる場合がある。例えば、給紙能力を拡張するための給紙装置、或いは、プリンタが出力した用紙に対して各種後処理を施すための後処理装置が接続される。また印刷機能拡張のために、不図示のプリントサーバが接続される場合もある。
【0030】
オペレータ端末204,206は、各印刷装置のオペレータが印刷装置203,205を使用する際に、各種操作を行うための装置である。各種操作とは、例えば、給紙装置に格納した用紙情報の設定や、印刷装置の調整機能の実行指示などである。実施形態では、印刷装置203,205が備える操作部をオペレータ端末204,206として説明するがその限りではない。前述のプリントサーバが接続された構成であれば、プリントサーバの入出力装置をオペレータ端末としてもよい。拠点内ネットワーク200は、印刷拠点105内の各装置間を接続するとともに、各装置と外部ネットワークを接続する。
【0031】
次に、本実施形態に関わる各種装置のハードウェア構成を説明する。
【0032】
図3は、実施形態に係る集中管理システムの集中管理サーバ101と集中管理端末111とを含むハードウェア構成を説明するブロック図である。
【0033】
まず、集中管理サーバ101のハードウェア構成について説明する。
【0034】
CPU301は、ROM302又はハードディスク(HDD)304に記憶された制御プログラムをRAM303に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス300に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM302は、CPU301が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM303は、主としてCPU301の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)304は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、本実施形態ではHDD304を用いたが、HDD304の他にSDカードやフラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F305は、ネットワークを経由して、集中管理端末111や拠点管理サーバ102(図3では拠点管理サーバ102,103)とデータ通信を行う。
【0035】
次に、集中管理端末111のハードウェア構成について説明する。
【0036】
CPU351は、ROM352又はハードディスク(HDD)354に記憶された制御プログラムをRAM353に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス350に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM352は、CPU351が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM353は、主としてCPU351の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)354は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、実施形態ではHDD354を用いたが、HDD354の他にSDカードや、フラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F355は、ネットワークを経由して、集中管理サーバ101とデータ通信を行う。
【0037】
図4は、実施形態に係る集中管理システムの拠点管理サーバ102と拠点管理端末211とを含むハードウェア構成を説明するブロック図である。
【0038】
まず、拠点管理サーバ102のハードウェア構成について説明する。
【0039】
CPU401は、ROM402又はハードディスク(HDD)404に記憶された制御プログラムをRAM403に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス400に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM402は、CPU401が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM403は、主としてCPU401の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)404は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、実施形態ではHDD404を用いたが、HDD404の他にSDカードや、フラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F405は、ネットワークを経由して、集中管理サーバ101、拠点管理端末211、印刷装置203,205とデータ通信を行う。
【0040】
次に、拠点管理端末211のハードウェア構成について説明する。
【0041】
CPU451は、ROM452又はハードディスク(HDD)454に記憶された制御プログラムをRAM453に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス450に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM452は、CPU451が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM453は、主としてCPU451の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)454は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、本実施形態ではHDD454を用いたが、HDD454の他にSDカードや、フラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F455は、ネットワークを経由して、拠点管理サーバ102とデータ通信を行う。
【0042】
図5は、実施形態に係る印刷装置203のハードウェア構成を説明するブロック図である。尚、印刷装置205の場合も、その構成は同様であるため、その説明は省略する。また、以下の説明では印刷装置203を例に説明するが、印刷装置205に対しても同様である。
【0043】
プリンタコントローラ500は印刷装置203のコントローラで、投入された印刷ジョブの解析、画像データへの展開処理など印刷処理実行に必要な処理を行う。尚、以降の説明では、これらの印刷に必要な処理は、印刷装置203のプリンタコントローラ500が担う例を用いて説明するが、その限りでない。印刷装置203に接続されるプリントサーバ(不図示)が印刷ジョブの受信、解析、画像データへの展開などの処理を担う形態でもよい。この場合は、プリントサーバは、展開後の画像データと印刷処理に必要な各種データを印刷装置203へ送信する。そして、印刷装置203はプリントサーバから受信したデータを用いて、プリンタ508による印刷処理を実行する。CPU501は、ROM502又はハードディスク(HDD)504に記憶された制御プログラムをRAM503に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス506に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM502は、CPU501が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM503は、主としてCPU501の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)504は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、実施形態ではHDD504を用いたが、HDD504の他にSDカードや、フラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F505は、ネットワークを経由して、拠点管理サーバ102や拠点管理端末211とデータ通信を行う。プリンタI/F507は、プリンタ508への画像出力を制御する。またプリンタI/F507は、プリンタ508内部に備わるカラーセンサ510を制御し、測色結果を受信する。プリンタ508は、少なくとも印刷動作を担う画像形成部(プリント部)509と、印刷物を測色するカラーセンサ510を有している。他にも、不図示の給紙装置、後処理装置が接続された構成でも構わない。
【0044】
本実施形態ではカラーセンサ510は、印刷装置203における用紙搬送路上に設置されており、プリント部509の定着部と排紙口の間に少なくとも1つ配置される。カラーセンサ510は、用紙に転写・定着された画像に対して測色を行うことができる。カラーセンサ510による測色で得られるデータは、例えば、分光値や色度値、濃度である。このカラーセンサ510を用いて、プリント部509で印刷されたチャート画像を測色し、この測色結果と目標値との差分を用いて補正テーブルを生成することができる。よって、チャート画像の測色のために、ユーザがチャート画像をセンサに設置する手間が省けるため、このカラーセンサ510を用いることにより、自動的にキャリブレーションを実行することが可能になる。操作部I/F511は、操作部512が備える表示部514の表示制御、及び、入力部513でオペレータから受け付けた各種情報の入力を制御する。前述のとおり、本実施形態では、操作部512が、オペレータ端末204,206と同義であるものとする。
【0045】
次に、本実施形態に係る各種装置のソフトウェア構成を説明する。
【0046】
図6(A)は、実施形態に係る集中管理サーバ101のソフトウェア構成を説明するブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD304にプログラムとして格納され、CPU301が、そのプログラムをRAM303に展開して実行することにより実現される。
【0047】
集中管理端末通信部601は、集中管理端末111とデータ通信を行う。例えば、集中管理端末111で動作する集中管理アプリケーション向けのデータを生成し、これを集中管理端末111へ送信する。また集中管理端末通信部601は、集中管理アプリケーションにて集中管理者から受けつけた各種指示を受信する。
【0048】
拠点管理サーバ通信部602は、他の装置との間のデータ通信を実行し、色管理対象の印刷拠点105の情報を取得する。例えば印刷拠点105の印刷装置203,205の色状態情報を取得する。色状態情報は、印刷装置で印刷される画像の測色値、この測色値と目標値との色差、及び、色差が閾値内かどうかの合否判定の判定結果、更に、測色を行った測色条件(プロファイル)等を含む。また拠点管理サーバ通信部602は、集中管理アプリケーションにて集中管理者から受けつけた指示に従い、拠点管理サーバ102に対し各種制御指示を送信する。例えば拠点管理サーバ102から集中管理サーバ101への、印刷装置毎の色状態情報の定期通知に関して通知間隔の変更を指示する。データ管理部603は、集中管理処理に係る各種データの保存、管理を実行する。例えば、拠点管理サーバ通信部602が取得した、印刷拠点105の色状態情報などのデータを保管する。また集中管理アプリケーションの実行用に集中管理端末111に配信する各種コンテンツデータを保管する。
【0049】
図6(B)は、実施形態に係る集中管理端末111のソフトウェア構成を示すブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD354にプログラムとして格納され、CPU351が、そのプログラムをRAM353に展開して実行することにより実現される。
【0050】
データ送受信部621は、集中管理サーバ101とのデータ通信を行う。例えば、集中管理アプリケーションで表示する各種コンテンツデータを、集中管理サーバ101から受信する。また集中管理アプリケーション上で集中管理者から受け付けた各種指示情報を集中管理サーバ101へ送信する。例えば、管理下の印刷拠点105内の各印刷装置の色状態情報の取得指示を送信する。集中管理アプリケーション実行部622は、集中管理者が、管理対象である印刷拠点105の情報を管理するためのアプリケーションを実行する。UI制御部623は、主に、集中管理アプリケーションのUI画面表示、及び、利用者の入力操作の受付に関する処理を実行する。
【0051】
図7(A)は、実施形態に係る拠点管理サーバ102のソフトウェア構成を説明するブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD404にプログラムとして格納され、CPU401が、そのプログラムをRAM403に展開して実行することにより実現される。
【0052】
集中管理サーバ通信部701は、集中管理サーバ101とのデータ通信を行う。例えば、印刷拠点105の各種情報を、集中管理サーバ101へ送信する。或いは、集中管理サーバ101からの指示を受け付け、各種制御を実施する。拠点管理端末通信部702は、拠点管理端末211とのデータ通信を行う。例えば、拠点管理端末211で動作する拠点管理アプリケーション向けのデータを生成し、これを拠点管理端末211へ送信する。また拠点管理端末通信部702は、拠点管理アプリケーションにてカラーエキスパートから受けつけた各種指示を受信する。例えば、管理対象の印刷装置203の追加処理の指示や、特定の印刷装置203への色確認処理の実行指示を受信する。
【0053】
印刷装置通信部703は、印刷装置203とデータ通信を行う。例えば、拠点管理アプリケーションにてカラーエキスパートから受け付けた指示に従い、印刷装置203へ色確認処理や色調整処理の実行指示を送信する。色調整処理を指示した場合、印刷装置通信部703は、印刷装置203から印刷装置203で実行された色調整処理の結果情報を取得する。また色確認処理を指示した場合、印刷装置通信部703は、印刷装置203がチャート画像をカラーセンサ510で測色したデータを取得し、色確認処理の判定制御に使用する。後述するデータ管理部704に予め設定された目標値と受信した測色値を比較し、差分(色差)を算出する。この算出された差分が予め定義された閾値以内であると判断すると、印刷装置203から印刷される画像の色は求められる色品質基準を満たすと判断される。求められる色品質基準を満たすとは、印刷される画像の色の測色値と予め設定された目標値(リファレンス)との差分が小さいことを示す。よって、印刷装置通信部703は、現在、印刷装置から印刷される画像の色値が色品質基準を満たすものとして、データ管理部704への色確認処理結果の記録指示、及び、後述するUI制御部723への結果表示指示などを行う。一方、差分が閾値以上であると判断すると、印刷装置203から印刷される画像の色が色品質基準を満たさないと判断される。この場合、印刷装置通信部703は、色確認処理に対するリカバリ処理設定を印刷装置203へと送信する。例えば、リカバリ処理として、印刷装置203が自動で色調整処理(キャリブレーション)を実行する。更に、色調整処理の完了後に、印刷装置通信部703は、色確認処理を再実行する。
【0054】
データ管理部704は、拠点管理処理に係る各種データの保存、管理を実行する。例えば、印刷装置通信部703が取得した、印刷装置203のデータを保管する。また、拠点管理アプリケーション実行用に拠点管理端末211に配信する各種コンテンツデータを保管する。更に、色確認処理や色調整処理に間する設定情報、目標値情報などを保存、管理する。
【0055】
図7(B)は、実施形態に係る拠点管理端末211のソフトウェア構成を説明するブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD454にプログラムとして格納され、CPU451が、そのプログラムをRAM453に展開して実行することにより実現される。
【0056】
データ送受信部721は、拠点管理サーバ102とのデータ通信を行う。例えば、拠点管理アプリケーション上で表示する各種コンテンツデータを、拠点管理サーバ102から受信する。また、拠点管理アプリケーション上でカラーエキスパートから受け付けた各種指示情報を拠点管理サーバ102へ送信する。例えば、管理対象の印刷装置203の追加処理の指示や、特定の印刷装置203への色確認処理の実行指示である。
【0057】
拠点管理アプリケーション実行部722は、カラーエキスパートが、管理対象である印刷装置203を管理するためのアプリケーションを実行させる。拠点管理アプリケーション実行部722は、拠点管理サーバ102から印刷拠点105内の印刷装置203の情報を取得する。またUI制御部723を介してカラーエキスパートから受け付けた印刷装置203への各種制御指示を、拠点管理サーバ102へと送信する。UI制御部723は、主に、拠点管理アプリケーションのUI画面表示、及び、利用者の入力操作の受け付けに関する処理を実行する。
【0058】
図8は、実施形態に係る印刷装置203のプリンタコントローラ500のソフトウェア構成を説明するブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD504にプログラムとして格納され、CPU501が、そのプログラムをRAM503に展開して実行することにより実現される。尚、印刷装置205の場合の同様であるため、その説明は省略する。
【0059】
UI制御部801は、印刷装置203の表示部514の表示制御及び、入力部513からの入力を制御する。印刷制御部802は、印刷ジョブの実行指示に基づき、印刷ジョブデータを生成、管理をする。例えば、印刷ジョブの解析、画像データへの展開、画像圧縮・伸張など、印刷処理実行に必要な処理を行う。また、生成された印刷ジョブに関するHDD504への書き込みや読み出し、印刷済みのジョブの履歴管理などの処理を行う。センサ制御部803は、前述のカラーセンサ510を制御する。センサ制御部803は、印刷制御部802の指示を受け、キャリブレーションに用いるチャート画像など印刷物に対する測色処理を実行する。この測色結果を色管理部805や後述のデータ管理部806、或いは、データ送受信部804を介して外部の装置へ送信する。データ送受信部804は、拠点管理サーバ102とのデータ送受信を管理する。例えば、印刷装置203の後述の各種機能のチャート測色結果や実行結果の情報を拠点管理サーバ102へ送信する。また、色管理に係るデータ以外の通常の印刷ジョブの出力に関するデータを、外部の装置と送受信する。色管理部805は、印刷装置203で印刷される画像の色の質である色品質を管理するための各種機能を実行するための処理を制御する。具体的には、印刷装置203で印刷された測色用のチャートデータの測色値と目標値(リファレンス)との差分が閾値以下であると色品質が満たされると判断する。この色品質についての管理を行う。
【0060】
図13は、実施形態に係るジョブ管理サーバ104のハードウェア構成を説明するブロック図である。
【0061】
ジョブ管理サーバ104はジョブの履歴を管理する装置で、その構成は、一般的なPCと同じ構成である。CPU1301は、ROM1302又はハードディスク(HDD)1304に記憶された制御プログラムをRAM1303に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス1300に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM1302は、CPU1301が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM1303は、主としてCPU1301の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)504は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、実施形態ではHDD1304を用いたが、HDD1304の他にSDカードや、フラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F1305は、ネットワークを経由して、クラウド100とデータ通信を行う。
【0062】
図14は、実施形態に係るジョブスケジューラ201のハードウェア構成を説明するブロック図である。
【0063】
ジョブスケジューラ201はジョブのスケジュールを管理する装置で、その構成は、一般的なPCと同じ構成である。CPU1401は、ROM1402又はハードディスク(HDD)1404に記憶された制御プログラムをRAM1403に展開し、その展開したプログラムを実行してシステムバス1400に接続される各種のデバイスとのアクセスを総括的に制御する。ROM1402は、CPU1401が実行可能な制御プログラム等を記憶している。RAM1403は、主としてCPU1401の主メモリ、ワークエリア等として機能し、不図示の増設ポートに接続されるオプションRAMによりメモリ容量を拡張することができるように構成されている。ハードディスク(HDD)504は、ブートプログラム、各種のアプリケーション、フォントデータ、ユーザファイル、編集ファイル等を記憶する。尚、本実施形態ではHDD1404を用いたが、HDD1404の他にSDカードや、フラッシュメモリなどを外部記憶装置として利用してもよい。ネットワークI/F1405は、ネットワークを経由して、拠点内ネットワーク200とデータ通信を行う。
【0064】
図15は、実施形態に係るジョブ管理サーバ104のソフトウェア構成を説明するブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD1304にプログラムとして格納され、CPU1301が、そのプログラムをRAM1303に展開し、その展開したプログラムを実行して実現される。
【0065】
通信部1501は、印刷装置203や拠点管理サーバ102とデータ通信を行う。印刷装置203で実行された印刷ジョブのデータを収集し、拠点管理サーバ102とは拠点管理サーバ102からの問合せに応じて印刷ジョブのデータを送信する。ジョブ管理部1502は、通信部1501によって収集したジョブのデータをジョブ記憶部1503に記憶させ、ジョブ記憶部1503に記憶されているジョブのデータを取り出して通信部1501によって拠点管理サーバ102にジョブのデータを送信する。ジョブ記憶部1503は、ジョブ管理部1502の指示に応じてジョブのデータを記憶したり、記憶したジョブのデータを取り出したりする。ジョブ記憶部1503は、後述するデータベース情報3300、3310の形式で記憶されている。
【0066】
図16は、実施形態に係るジョブスケジューラ201のソフトウェア構成を説明するブロック図である。これらのソフトウェアモジュールは、HDD1404にプログラムとして格納され、CPU1401が、そのプログラムをRAM1403に展開し、その展開したプログラムを実行して実現される。
【0067】
通信部1601は、図示していないPCや印刷装置203、ジョブ管理サーバ104とデータ通信を行う。通信部1601は、PCから印刷ジョブを受信し、印刷装置203に印刷ジョブを送信し、拠点管理サーバ102からの問合せに応じて拠点管理サーバ102に印刷ジョブのデータを送信する。スケジュール管理部1602は、PCから受信した印刷ジョブを適切な順番に処理するようにスケジュールし、いつ印刷ジョブを開始し終了するを管理する。また後述するスケジュール記憶部1603からスケジュールされているジョブのデータを取り出して通信部1601を介して拠点管理サーバ102に送信する。スケジュール記憶部1603は、スケジュール管理部1602の指示に応じてジョブのデータを記憶したり、記憶したジョブのデータを取り出したりする。スケジュール記憶部1603は、後述するデータベース情報3320、3330の形式で記憶されている。
【0068】
図33(A)は、実施形態に係るジョブ管理サーバ104のデータベース情報、図33(B)は、実施形態に係るジョブスケジューラ201のデータベース情報を示す図である。
【0069】
ジョブ管理サーバ104のデータベースは、ジョブ管理サーバ104のROM1302又はHDD1304に格納されたプログラムがRAM1303に読み出され、CPU1301によって実行されることで実現される。このデータベースは、印刷ジョブが印刷装置203に投入され印刷が終了した時に、ジョブ管理サーバ104のデータ管理部1504に保存され、必要に応じて、各制御部が、拠点管理サーバ102や印刷装置203などと情報の送受信及びデータ更新などを行う。またジョブスケジューラ201のデータベースは、ジョブスケジューラ201のROM1402又はHDD1404に格納されたプログラムがRAM1403に読み出され、CPU1401によって実行されることで実現される。このデータベースは、印刷ジョブがジョブスケジューラ201に投入された時に、ジョブスケジューラ201のデータ管理部1604に保存され、必要に応じて、各制御部が、拠点管理サーバ102や印刷装置203などと情報の送受信及びデータ更新などを行う。
【0070】
図33(A)のジョブ履歴データベース3300は、ジョブ管理サーバ104のデータベース情報のうち印刷設定を記憶するデータベースである。ID3301は、このデータベースの識別情報、ジョブ名3302は印刷ジョブの名称、用紙タイプ3303、用紙サイズ3304、ステイプル3305、折りの情報3306を格納している。また顧客情報3307は、次に説明する顧客情報データベース3310に対するリンク情報を格納する。このリンク情報によってジョブ履歴データベース3300と顧客情報データベース3310は関連付けられて記憶される。尚、印刷設定にはこれ以外にも多数あるが、本実施形態では省略する。
【0071】
顧客情報データベース3310は、ジョブ管理サーバ104のデータベース情報のうち顧客情報を記憶するデータベースである。ID3311は、データベースの識別情報、顧客名3312は顧客の名称名、納品先住所3313は印刷物の納品先住所である。
【0072】
図33(B)のジョブスケジュールデータベース3320は、ジョブスケジューラ201のデータベース情報のうち印刷設定を記憶するデータベースである。ID3321は、このデータベースの識別情報である。ジョブ名3322は印刷ジョブ名、用紙タイプ3323、用紙サイズ3324、ステイプル3325、折りの情報3326を格納している。また顧客情報3327は、次に説明する顧客情報データベース3330に対するリンク情報を格納する。このリンク情報によってジョブスケジュールデータベース3320と顧客情報データベース3330は関連付けられて記憶される。尚、印刷設定にはこれ以外にも多数あるが本実施形態では省略する。
【0073】
顧客情報データベース3330は、ジョブスケジューラ201のデータベース情報のうち顧客情報を記憶するデータベースである。ID3331はデータベースのIDである。顧客名3332、印刷物の納品先住所の情報3333を格納している。
【0074】
以下では拠点管理サーバ102がジョブ管理サーバ104を制御する処理の例を説明する。
【0075】
色確認処理は、処理を実行するタイミングにおいて、印刷装置203が印刷する画像の色品質を確認するための処理である。色確認処理の開始条件(色確認実行条件)を満たすと、プリンタコントローラ500の色管理部805はチャートデータをデータ管理部806から取得する。色確認実行条件とは、例えば、所定値以上の印刷が実行されたり、前回の色確認処理から所定時間以上経過した場合には、色確認実行条件を満たしたものとする。そして、このチャートデータの印刷を印刷制御部802に指示する。尚、チャートデータを基に印刷されたチャート画像に対し、カラーセンサ510による測色が指示されている場合は、カラーセンサ510への測色指示も同時に印刷制御部802に送信する。但し、その限りではなく、色管理部805が、センサ制御部803に直接測色指示を送信する実施形態でも構わない。そして、印刷されたチャート画像の測色結果を取得すると、色管理部805は、データ送受信部804を介して測色結果を拠点管理サーバ102へ送信する。そして、この送信後、拠点管理サーバ102から測色結果を用いた判定結果を受信する。判定結果がNGである(求められる色品質基準を満たさないことを示す)場合は、拠点管理サーバ102から判定結果とともにリカバリ制御指示を受信する。プリンタコントローラ500は、その受信した指示内容に応じて、各ソフトウェアモジュールを制御する。
【0076】
尚、実施形態では、測色結果を用いた判定処理は拠点管理サーバ102が実行するものとして説明するがその限りではなく、印刷装置203が実行してもよい。その場合、色管理部805は、データ管理部806に予め設定された目標値と測色値との差分を算出し、この差分が予め定義された閾値以内であるか否か(求められる色品質基準を満たすか否か)を判定する。判定結果がNGの場合(差分が閾値以上である場合)は、拠点管理サーバ102から次いで受信するリカバリ制御指示に従う。
【0077】
続いて、色調整処理について説明する。色調整処理は、いわゆる公知のキャリブレーション機能であり、色品質に影響する複数の要因を最適化するために、様々な種類の機能が備わっている。以下では、濃度諧調補正機能を実施する場合の色調整処理について説明する。色調整処理は、まずチャートデータを印刷し、その印刷されたチャート画像の測色結果を得る。チャートデータの印刷、及び、チャート画像の測色に関する制御内容は、前述の色確認処理と同じであるため詳細な説明は省略する。そして、取得した測色結果とデータ管理部806に予め設定された目標値との差分を解消するための補正パラメータを算出し、データ管理部806に記録する。この補正パラメータは、以降の印刷ジョブを出力し、画像を印刷する時に適用される。
【0078】
続いて、カラープロファイル生成処理について説明する。カラープロファイル生成処理は、公知のカラープロファイルを、印刷装置の利用者が所望の条件で作成するものである。色管理部805は、チャートデータを印刷し、そのチャート画像の測色結果を用いて、カラープロファイルを生成する。チャートデータの印刷、及び、チャート画像の測色に関する制御内容は、前述の色確認処理と同じであるため詳細な説明は省略する。生成されたカラープロファイルは、データ管理部806によって保存される。以降、印刷制御部802が、適用対象の印刷ジョブ実行時にカラープロファイルを適用する。
【0079】
データ管理部806は、印刷装置203が印刷する画像の色の測色結果の管理(色管理)に係るデータを保存、管理する。色管理に係るデータとして、例えば、色確認処理や色調整処理の設定情報、予め設定される目標値、測色値、各処理の実行ログ、又は、カラープロファイルや調整テーブルなど、印刷ジョブに適用する色管理に係るパラメータデータなどが挙げられる。また、データ管理部806は、色管理に係るデータ以外のデータも保存、管理する。例えば、印刷装置203のデバイス構成や消耗品などの情報を扱う。
【0080】
以下、実施形態に係る色管理システムが提供する機能について説明する。
【0081】
図9は、本実施形態に係る色管理システムが提供する機能に関するシーケンスの一例を説明する図である。
【0082】
<集中管理者の指示により、印刷拠点の色状態情報を取得する機能>
集中管理者の操作を受け、集中管理端末111は、集中管理サーバ101に、全印刷拠点に設置された管理対象となる印刷装置の色状態情報の取得を要求する(HQT_S01)。この要求を受けると、集中管理サーバ101は、管理対象の1以上の拠点管理サーバ102,103に、各拠点に設定された管理対象となる印刷装置203,205の色状態情報の取得要求を送信する(HQS_S01)。拠点管理サーバ102,103は、管理対象となる印刷拠点に設置された全ての印刷装置203,205の色状態情報を、拠点管理サーバ102のデータ管理部704から取得し(S901)、これを集中管理サーバ101へ通知する(FS_S01)。集中管理サーバ101は、拠点管理サーバ102から通知された各拠点の色状態情報をデータ管理部603に保存する(S902)。また集中管理サーバ101は、各拠点の色状態情報を集中管理端末111に送信し、集中管理端末111のUIに表示させる(HQS_S02)。
【0083】
<印刷拠点の色状態情報通知>
集中管理者の操作を受け、集中管理端末111は、印刷拠点から各印刷拠点に対して、稼働する印刷装置の色状態情報について通知する間隔を設定するための指示を集中管理サーバ101へ送信する(HQT_S02)。これを受けて集中管理サーバ101は、管理対象の1以上の拠点管理サーバ102,103に対し、各拠点で稼働する印刷装置の色状態情報について通知する間隔の設定をするための指示を送信する(HQS_S03)。拠点管理サーバ102は、集中管理サーバ101から受信した色状態情報の通知間隔の設定情報を、拠点管理サーバ102のデータ管理部704に記憶する(S903)。その後、拠点管理サーバ102が、通知間隔の設定情報をもとに、各拠点で稼働する印刷装置の色状態情報を集中管理サーバ101に通知するタイミングに達した(色状態情報通知条件が成立した)ことを検出する(S904)。そして、拠点管理サーバ102は、印刷装置の色状態通知条件が成立したことが検出されるたびに、集中管理サーバ101に対して、その拠点で稼働する印刷装置の色状態情報を通知する(FS_S02)。
【0084】
図10は、本実施形態に係る色管理システムが提供する機能に関するシーケンスの一例を説明する図である。
【0085】
<色確認処理の手動実行>
カラーエキスパートの操作を受け、拠点管理端末211は、特定の印刷装置203,205の色確認処理の実行要求を拠点管理サーバ102へ送信する(FT_S01)。ここでは、印刷装置203の色確認処理の実行要求を受け付けたものとする。色確認処理における詳細な処理内容については前述の通りである。これを受けて、拠点管理サーバ102は、印刷装置203に色確認処理の実行要求を送信する(FS_S03)。実行要求を受けると印刷装置203は色確認処理を実行する(S1001)。そして、カラーセンサ510によってチャート画像を読み取った結果を示すデータ(読み取りデータ)を拠点管理サーバ102に送信する(P_S01)。拠点管理サーバ102は、印刷装置203から受信した読み取りデータを解析し、その解析結果を拠点管理サーバ102のデータ管理部704に保存する(S1002)。
【0086】
<色確認処理結果の表示>
カラーエキスパートの操作を受けて、拠点管理端末211は、拠点内に設置された印刷装置の色状態情報の取得要求を拠点管理サーバ102に送信する(FT_S02)。これを受けて、拠点管理サーバ102は、データ管理部704に保持する拠点内に設置される印刷装置203,205の色状態情報を取得し(S1003)、これを拠点管理端末211へ送信してUIに表示させる(FS_S04)。
【0087】
<色確認処理の自動実行>
拠点内に設置された1以上の印刷装置203は、後述の色確認実行条件が成立したことを検知する(S1004)と色確認処理を実行する(S1005)。この色確認処理では、印刷したチャート画像をカラーセンサ510で読み取り、読取ったデータ(読み取りデータ)を拠点管理サーバ102に送信する(P_S02)。拠点管理サーバ102は、各印刷装置203,205から読み取りデータを受信すると、そのデータを解析し、拠点管理サーバ102のデータ管理部704に保存する(S1006)。
【0088】
図11は、本実施形態に係る色管理システムが提供する色確認処理と、色確認結果に応じてシステムが自動的に実行するシーケンスの一例を説明する図である。
【0089】
<色確認処理とリカバリ処理の自動実行>
拠点管理サーバ102、及び、拠点内の1以上の印刷装置203,205は、図10での色確認処理の自動実行の制御と同様に、S1101〜S1103で示すように制御を行う。拠点管理サーバ102は、色確認実行時に印刷されたチャート画像をカラーセンサ510で読み取ったデータを解析し、データ管理部704に保存する。読み取りデータの解析の結果、例えば印刷装置203で印刷される画像の色値(色状態)が適切ではない(求められる色品質基準を満たさない)と判断した場合には、拠点管理サーバ102は印刷装置203に対して色調整実行要求を行う(FS_S05)。これを受けて印刷装置203は色調整処理を実行する(S1104)。更に、印刷装置203は、色調整処理完了後に改めて色確認処理を実行し(S1105)、カラーセンサ510によるチャート画像の読み取りデータを拠点管理サーバ102に送信する(P_S04)。拠点管理サーバ102は、受信した読み取りデータを再び解析してデータ管理部704に保存する(S1106)。ここで、更に、読み取りデータの解析の結果、印刷装置203の色状態が適切ではないと判断した場合には、拠点管理サーバ102は、拠点管理端末211、及び、印刷装置203に警告表示要求を送信する(FS_S06、FS_S07)。印刷装置203は、その警告表示要求に応じて印刷装置203のオペレータ端末204に警告を表示する(S1108)。尚、このシーケンスにおける拠点管理サーバ102、及び印刷装置203の制御フローについては、後ほど詳細に説明する。
【0090】
<色確認プロファイルの自動更新>
拠点管理サーバ102及び拠点内に設置された1以上の印刷装置203,205は、図10での色確認処理の自動実行の制御と同様、S1109〜S1111において制御を行う。また拠点管理サーバ102は、色確認実行時に印刷されたチャート画像をカラーセンサ510で読み取ったデータを解析し、データ管理部704に保存する。ここで、読み取りデータの解析の結果、色確認プロファイルの更新条件に合致した場合には、更新内容をデータ管理部704に保存し(S1112)、印刷装置203に色確認プロファイルの更新要求を送信する(FS_S08)。印刷装置203は、受信した色確認プロファイルの更新要求の内容に応じて、印刷装置203が保持している色確認プロファイル設定を更新して、データ管理部806に保存する(S1113)。
【0091】
以下では、上記シーケンス図で示される機能以外の機能について説明する。
【0092】
<印刷装置に対する色管理制御の運用情報の設定>
拠点管理サーバ102は、管理対象の印刷拠点105に設置された印刷装置203,205に対し、色管理制御の運用情報を配信する。色管理制御の運用情報とは、具体的には、色確認処理と色調整処理を実行するために必要な情報である。色確認処理の運用情報とは、例えば、印刷装置203,205における色確認処理の実行条件、色確認処理の結果に対する合否判定基準(測色値と目標値との色差の閾値)等が挙げられる。また、色確認結果がエラー(確認結果に対する合否判定結果が否)であった場合の印刷装置のリカバリ処理の情報も含む。色調整処理の運用情報とは、調整用チャートのパッチ構成、測色デバイス、チャート印刷条件などが挙げられる。
【0093】
<印刷装置における確認/調整処理>
上記運用情報を用いた色確認処理の実行条件が満たされると、色確認処理が実行される。また、色確認処理の結果に応じて、色調整処理などのリカバリ処理を実行する。この処理の詳細は後述する。尚、上記色確認処理、色調整処理の実行は、拠点管理サーバ102により配信された運用情報の実行条件を満たした場合のみに限らない。拠点管理端末211のUI画面でカラーエキスパートから、これらの処理の実行指示を受け付けた場合、拠点管理端末211は拠点管理サーバ102を介して印刷装置203へ実行指示を送信する。この実行指示を受け付け、印刷装置203は各種処理を実行する。また、オペレータ端末204で、オペレータからこれらの処理の実行指示を受け付けた場合、印刷装置203は、その実行指示に従って各種処理を実行する。
【0094】
<拠点管理サーバ102における印刷装置203,205の情報収集>
拠点管理サーバ102は、管理対象の印刷拠点105に設置された印刷装置203,205から各種情報を収集する。印刷装置203,205の情報とは、例えば、色状態情報であって、色確認処理の実行履歴、及び、実行結果の情報を取得する。また、色調整処理情報として、色調整処理の実行履歴情報を取得する。他にも、パーツ消耗度、デバイスの状態に関する情報も取得する。
【0095】
<拠点管理サーバ102における情報収集解析>
拠点管理サーバ102は、印刷装置203,205から取得した情報を処理し、拠点管理端末211のUI画面で表示可能なデータを生成する。カラーエキスパートは、拠点管理端末211から拠点管理サーバ102にアクセスし、印刷装置203,205の情報を、拠点管理アプリケーションのUI画面上で確認する。この拠点管理アプリケーションのUI画面で表示される情報を参照することで、カラーエキスパートは、印刷拠点105で稼働する複数の印刷装置203,205の色管理状態を一元的に把握することができる。
【0096】
<集中管理サーバ101における情報収集>
拠点管理サーバ102は、集中管理サーバ101へ印刷拠点105の情報を送信する。印刷拠点情報とは、印刷拠点105内の印刷装置203,205から収集した情報から得られる色状態情報や印刷装置203,205の稼働率情報などである。集中管理者は、集中管理端末111から集中管理サーバ101にアクセスし、上記の印刷拠点情報を集中管理アプリケーションのUI画面上で確認する。この拠点管理アプリケーションのUI画面で表示される情報を参照することで、集中管理者は、各印刷拠点105で運用されている色管理作業が適切であるかを確認する。また集中管理者は、各印刷拠点105の印刷装置203,205の情報を一元的に確認する。
【0097】
<情報データベース>
次に、本実施形態における色管理システムが有する情報データベースの詳細について、図12A〜図12Cを参照して説明する。
【0098】
図12A〜図12Cは、実施形態に係る色管理システムが有するデータベースを説明する図である。
【0099】
このデータベースは、拠点管理サーバ102のROM402又はHDD404に格納されたプログラムがRAM403に読み出され、CPU401によって実行されることで実現される。このデータベースは、拠点管理サーバ102のデータ管理部704に保存され、必要に応じて、各制御部が、集中管理サーバ101、拠点管理端末211、及び印刷装置203,205と情報の送受信及びデータ更新などを行う。但し、データベースの保存場所はその限りではなく、集中管理サーバ101のデータ管理部603、印刷装置203,205のプリンタコントローラ500のデータ管理部806であっても構わない。
【0100】
色確認プロファイルDB1200は、色管理作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めた色確認プロファイルDB(データベース)である。色確認プロファイルDB1200は、保存された情報を識別するための色確認プロファイルID1201、後述するUI上に表示するための設定名1202、及び以下の情報から成る。有効1203は、色確認プロファイルで設定された色管理作業が有効であるか否かの情報である。色確認設定1204は、後述する色確認設定DB1210へのリンク情報である。色確認実行条件1205は、後述する色確認実行条件DB1220へのリンク情報である。色調整設定1206は、後述する色調整設定DB1230へのリンク情報である。測色結果1207は、後述する測色結果DB1280(図12C)へのリンク情報である。
【0101】
色確認設定DB1210は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めた色確認設定DBである。色確認設定DB1210は、保存された情報を識別するための色確認設定ID1211、後述するUI上に表示するための設定名1212、及び以下の情報を含んでいる。パッチチャート1213は、後述するパッチチャートDB1240(図12B)へのリンク情報である。リファレンス1214は、後述するリファレンスDB1250(図12B)へのリンク情報である。判定基準1215は、後述する判定基準(閾値)DB1260(図12B)へのリンク情報である。用紙1216は、色確認処理を実行する際に使用する用紙情報である。ジョブプロパティ1217は、後述するジョブプロパティDB1270へのリンク情報である。色認証制度1218は、色確認処理を実行する際に前提とする色認証制度を示す情報であり、例えば、日本ではJapanColor、欧州ではFogra、米国ではGRAColが有名である。
【0102】
色確認実行条件DB1220は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき実行条件情報を集めた色確認実行条件DBである。ID1221は、保存された情報を識別するための色確認実行条件ID、後述するUI上に表示するための設定名1222、及び以下の情報を含んでいる。曜日時間1223は、色確認設定1210で設定された色確認作業を実行する条件の一つである曜日時間の情報である。枚数間隔1224は、同じく色確認作業を実行する条件の一つである、印刷枚数間隔の情報である。
【0103】
色調整設定DB1230は、色調整作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めた、色調整設定DBである。色調整設定DB1230は、保存された情報を識別するための色調整設定ID1231、後述するUI上に表示するための設定名1232、及び以下の情報を含んでいる。調整1233は、色調整作業の情報である。色確認作業の結果、色調整作業が必要と判断された場合に実行されるリカバリ処理を示す情報として保存される。リカバリ処理とは、例えばキャリブレーション処理やプロファイル作成処理である。この色調整設定DB1230に保存する色調整作業は一つに限らず、複数の調整作業でもよい。また、これに伴い複数の調整作業を実行する順番に関する情報も共に保存しても良い。
【0104】
図12BのパッチチャートDB1240は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めたパッチチャートDBで、色確認作業で使用されるチャート画像を印刷するために用いられるパッチデータに関する情報を格納している。パッチチャートDB1240は、保存された情報を識別するためのパッチチャートID1241、後述するUI上に表示するための設定名1242、及び以下の情報を有している。パッチ数1243は、パッチチャートに印刷するパッチ数である。1244〜1246は、後述するパッチDB12900へのリンク情報である。パッチ数1243で指定されるパッチ数の数だけ、パッチDBが作成され保存される。
【0105】
リファレンスDB1250は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めたリファレンスDBである。リファレンスDB1240で指定されるパッチチャート情報に対応する形で保存される、各パッチにおける目標値に関する情報である。リファレンスDB1250は、保存された情報を識別するためのリファレンスID1251、後述するUI上に表示するための設定名1252及び以下の情報を有している。パッチ数1253は、パッチチャートに印刷するパッチ数である。1254〜1256は、後述するパッチDB12900へのリンク情報である。パッチ数1253で指定されるパッチ数の数だけ、パッチDBが作成され保存される。
【0106】
判定基準DB1260は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めた判定基準DBである。色確認作業において、色品質を満たしているか否かを判定するために、算出した測色結果と目標値との差分量とを比較する際に用いられる判定項目及びその閾値に関する情報である。判定基準DB1260は、保存された情報を識別するための判定基準ID1261、後述するUI上に表示するための設定名1262及び以下の情報を有している。平均1263はパッチ全体の差分量の平均値、最大1264は、パッチ全体の差分量の中での最大値、1265は紙白を示すパッチの値、1266〜1269は、それぞれシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの単色ベタパッチの値である。判定基準について、実施形態では、1263〜1269で示す項目を挙げているが、これらの項目だけに限定されるものではない。これらの項目のうちの一部、或いは異なる指標による項目の組み合わせであっても良い。
【0107】
ジョブプロパティDB1270は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めたジョブプロパティDBで、色確認作業で印刷するパッチチャートの印刷設定に関する情報である。ジョブプロパティDB1270は、保存された情報を識別するためのジョブプロパティID1271、後述するUI上に表示するための設定名1272及び以下の情報を含んでいる。ジョブプロパティDB1270以降で記述する項目は、印刷装置203,205によりパッチチャートを印刷するための印刷ジョブで必要な設定の項目を含む。これらは、入力プロファイル1273は入力カラープロファイル、出力プロファイル1274は出力カラープロファイル、ハーフトーン1275を含む。もちろん、これらの項目だけに限定されるものではなく、印刷装置203における印刷制御部802で設定される項目であって、それらは印刷装置203に応じて可変である。
【0108】
図12Cの測色結果DB1280は、色確認作業の測色結果に関する情報を集めた測色結果DBである。印刷装置203,205で印刷、測色されたパッチの測色値に関する情報である。測色結果DB1280は、保存された情報を識別するための測色結果ID1281及び以下の情報を有している。実行日時1282は、色確認作業が実施された実行日時の情報である。パッチ数1283は、パッチチャートに印刷するパッチ数の情報である。1284〜1286は、後述するパッチDB12900へのリンク情報である。パッチ数1283で指定されるパッチ数の数だけパッチDBが作成され保存される。
【0109】
パッチDB12900は、色確認作業を運用するにあたり設定しておくべき情報を集めたパッチDBであり、チャートを構成するパッチに関する情報である。パッチDB12900は、保存された情報を識別するためのパッチID12901、後述するUI上に表示するための設定名12902、及び以下の情報を有している。12903〜12906はパッチの入力信号情報であり、ここでは、それぞれシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックに対応する。12907〜12909は、リファレンスDB1250で説明したリファレンスである目標値に関する情報である。実施形態では、目標値としての色状態情報を、一般的に使用されるCIE_L*a*b*色空間の情報として記述しているが、他にも色確認作業を行うことが出来る値であればどんな形式でもよい。例えば、CIE_XYZ色空間の情報や、濃度の情報であっても良い。
【0110】
12910〜12912は、測色結果DB1280で説明した測色結果に関する情報である。実施形態では、12907〜12909と同じCIE_L*a*b*形式で記載しているが、他の形式の情報であっても良い。但し、差分を演算するために、目標値と同じ形式で測色結果情報を保持しておくことが望ましい。
【0111】
印刷装置DB12920は、拠点管理アプリケーションによりカラーエキスパートが色管理運用したい印刷装置203の情報を集めた印刷装置DBである。印刷装置DB12920は、保存された情報を識別するための印刷装置ID12921、後述するUI上に表示するための設定名12922及び以下の情報を有している。色確認プロファイル12923は、色確認プロファイルDB1200へのリンク情報である。IPアドレス12924は、印刷装置203のIPアドレスの情報である。もちろん、これらの項目だけに限定されるものではなく、印刷装置203を識別するための情報であれば良い。
【0112】
<拠点管理アプリケーションUI>
次に、本実施形態に係る色管理システムの拠点管理端末211で実行される拠点管理アプリケーションの詳細について図20〜図32を参照して説明する。前述の通り、拠点管理アプリケーションでは、カラーエキスパートが印刷装置を管理するために必要な情報を扱うものであるが、ここでは、特に色管理に関連する機能についてのみ説明する。ここで説明するUI画面は全て、拠点管理端末211の拠点管理アプリケーション実行部722において生成・制御され、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。更に、本UI及び不図示の操作部を通して、カラーエキスパートからの指示を受け付ける。
【0113】
図20は、本実施形態に係る拠点管理アプリケーションのTOP画面の一例を示す図である。
【0114】
この画面を通して、カラーエキスパートは、色管理運用のための様々な環境設定ボタン2001、色管理結果の確認ボタン2002、色管理対象デバイスの登録・削除ボタン2003のそれぞれを押下して次の画面に進むことで実行できる。またカラーエキスパートは、メッセージ2004により、管理対象の印刷装置のうちいずれかの印刷装置で問題が発生しているか否かを知ることができる。このメッセージで表示される情報は、例えば、カラーエキスパートが管理する印刷装置203,205の全てにおいて運用が有効となっている色確認プロファイルの最新の色確認結果の中で、判定結果がエラー(NG)となっている印刷装置があれば、その情報を表示する。表示する情報は、この図の情報に限定されるものではなく、拠点管理サーバ102のデータ管理部704に保存されているカラーエキスパートにとって有益な他の情報であっても良い。
【0115】
図21は、色管理アプリケーションの環境設定画面の一例を示す図である。
【0116】
この画面は、図20の画面で環境設定ボタン2001が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、図21の画面を生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。
【0117】
2101は、環境設定を行う対象の印刷装置203を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてカラーエキスパートが登録している印刷装置203の印刷装置DB12920を取得し、それを表示する。2102は、色確認プロファイル設定を行う設定情報を選択表示している。印刷装置203が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをする。そして印刷装置DB12920から、その選択された印刷装置203と同じ色確認プロファイルDB1200の情報を取得し、それを色確認プロファイル設定2102として表示する。
【0118】
有効2103は、色確認プロファイルDB1200の有効1203に対応し、この色確認プロファイルが有効であれば、その旨が分かる状態で表示される。2104〜2106は、それぞれ色確認プロファイルDB1200の色確認設定1204〜色調整設定1206に対応する項目であり、各設定で保存されている設定名が表示される。カラーエキスパートによって、有効である任意の色確認プロファイルの行が選択され、選択された色確認プロファイルの設定変更などが行われる。編集ボタン2107は、後述する色確認設定を行う画面へ移行させるボタンである。編集ボタン2108は、後述する色確認実行条件の設定を行う画面へ移行させるボタンである。編集ボタン2109は、後述する色調整設定を行う画面へ移行させるボタンである。
【0119】
新規追加ボタン2110は、色確認プロファイル設定を新しく追加するためのボタンである。新規追加ボタン2110が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、新しい色確認プロファイルDB1200を作成して、色確認プロファイル設定2102に表示する。正確には、拠点管理アプリケーション実行部722が、新規作成する色確認プロファイルデータベース1200の情報を拠点管理サーバ102へ送信しデータ管理部704に保存する。削除ボタン2111は、色確認プロファイル設定を削除するためのボタンである。任意の色確認プロファイルが選択されている状態で削除ボタン2111が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、選択されていた色確認プロファイル1200を削除する旨を拠点管理サーバ102へ送信する。これにより、選択されていた色確認プロファイルDB1200をデータ管理部704から削除させると共に、上記リストから消去させる。
【0120】
図22は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における色確認設定編集画面の一例を示す図である。
【0121】
この画面は、図21の画面で、色確認設定の編集ボタン2107が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、このUIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。
【0122】
色確認設定2210は、図21の画面で選択されている印刷装置203に紐づけられている色確認設定の一覧を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして色確認設定情報を取得し、それを表示する。設定名リスト2202は、取得した色確認設定DB1210の設定名1212に対応している。この設定名リスト2202で、カラーエキスパートによって任意の色確認設定が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして色管理設定の詳細情報を取得する。そして項目2203及び設定名2204に、その取得した色管理設定の詳細情報を表示する。ここで表示される項目及び設定名は、色確認設定DB1210に保存されている、パッチチャート1213〜ジョブプロバイダティ1217の情報である。パッチチャートの欄に表示する設定名は、パッチチャートDb1240の設定名1242に対応している。リファレンスの欄に表示する設定名は、リファレンスDB1250の設定名1252に対応している。また判定基準の欄に表示する設定名は、判定基準DB1260の設定名1262に対応している。
【0123】
編集ボタン2205は、色確認設定を編集するためのボタンである。編集ボタン2205が押下されると、それぞれの項目内容を編集できる状態になる。各項目の編集についての詳細は後述する。カラーエキスパートによって所望の設定編集が行われ、保存ボタン2206が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、編集情報を拠点管理サーバ102へ送信し、データ管理部704の登録情報を更新する。削除ボタン2207は、色確認設定を削除するためのボタンである。カラーエキスパートによって削除ボタン2207が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、設定名リスト2202で選択されている色確認設定の情報を削除する旨を拠点管理サーバ102へ送信する。これにより選択されている色確認設定の情報をデータ管理部704から削除させると共に、設定名リスト2202から消去させる。新規作成ボタン2208は、色確認設定を新規作成するためのボタンである。カラーエキスパートによって新規作成ボタン2208が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、新しい色確認設定DB1210を作成してこの画面に表示する。正確には、拠点管理アプリケーション実行部722が、新規作成する色確認設定DB1210の情報を拠点管理サーバ102へ送信しデータ管理部704に保存する。
【0124】
図23は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定におけるパッチチャート編集画面の一例を示す図である。
【0125】
この画面は、図22の画面で、色確認設定のパッチチャート項目の欄の編集ボタン2205が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、このUIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。
【0126】
パッチチャート設定の一覧2301は、図21の画面で選択されている印刷装置203に紐づけられているパッチチャート設定の一覧を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてパッチチャート設定情報を取得する。そして、この取得したパッチチャート設定情報を表示する。設定名2302は、取得したパッチチャートDB1240の設定名1242に対応している。この設定名2302で、カラーエキスパートによって任意のパッチチャート設定が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてパッチチャート設定の詳細情報を取得する。そして、パッチ数2303及びリスト2304で、取得したパッチチャート設定の詳細情報を表示する。ここで表示される項目及び設定名は、パッチチャートDB1240に保存されている、パッチ数1243〜パッチ1246に対応する情報である。パッチ数2303は、パッチ数1243に保存されているパッチ数であり、リスト2304は、パッチチャートDB1240の1244〜1246に保存されているパッチの入力信号値情報である。このリスト2304に表示される項目は、パッチ数2303に表示されるパッチ数と同じ列数作成される。例えば、パッチ001(1244)の情報は、パッチ001(1244)で指定されているリンク先にあるパッチDB12900に詳細情報があり、そこで保存されている入力信号値の情報(12903〜12906)が表示される。ボタン2306〜2309は、それぞれパッチチャート設定の編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンである。パッチチャートデータベース1240に対して、前述の図22の色確認設定画面における編集ボタン2205〜新規作成ボタン2208と同じ動作を行うため、ここでは説明を省略する。
【0127】
図24は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定におけるリファレンス編集画面の一例を示す図である。
【0128】
この画面は、図22の画面で色確認設定のリファレンス項目の欄の編集ボタン2205が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、このUIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。
【0129】
リファレンス2401は、図21の画面で選択されている印刷装置203に紐づけられているリファレンス設定の一覧を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてリファレンス設定情報を取得し、それを表示する。設定名2402は、取得したリファレンスDB1250の設定名1252に対応している。設定名2402で、カラーエキスパートによって任意のリファレンス設定が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてリファレンス設定の詳細情報を取得する。そして、パッチ数2403及びリスト2404により、その取得したリファレンス設定の詳細情報を表示する。ここで表示される項目及び設定名は、リファレンスDB1250に保存されているパッチ数1253〜1256に対応している。パッチ数2403は、パッチ数1253に保存されているパッチ数であり、リスト2404は、リファレンスDB1250の1254〜1256に保存されているパッチの入力信号値情報及び目標値情報に対応している。このリスト2404に表示される項目は、パッチ数2403に表示されるパッチ数と同じ列数作成される。例えば、パッチ001(1254)の情報は、リファレンスDB1250の1254で指定されているリンク先にあるパッチDB12900に詳細情報がある。パッチDB12900で保存されている入力信号値の情報(12903〜12906)及び目標値の情報(12907〜12909)が表示される。ボタン2305〜2308は、それぞれリファレンス設定の編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンである。リファレンスDB1250に対して、前述の図22の色確認設定画面における編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタン2205〜2208と同じ動作を行うため、ここでは説明を省略する。
【0130】
図25は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における判定基準編集画面の一例を示す図である。
【0131】
この画面は、図22の画面において、色確認設定の判定基準項目の欄の編集ボタン2205が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。
【0132】
判定基準2501は、図21の画面で選択されている印刷装置203に紐づけられている判定基準設定の一覧を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして判定基準設定情報を取得し、それを表示する。設定名2502は、取得した判定基準DB1260の設定名1262に対応している。設定名1262で、カラーエキスパートによって任意の判定基準設定が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして判定基準設定の詳細情報を取得し、リスト2503へそれを表示する。ここで表示される項目及び設定名は、判定基準DB1260に保存されている平均1263〜1269の情報に対応している。ボタン2504〜2507は、それぞれ判定基準設定の編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンである。判定基準DB1260に対して、前述の図22の色確認設定画面における編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタン2205〜2208と同じ動作を行うため、ここでは説明を省略する。
【0133】
図26は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定におけるジョブプロパティ編集画面の一例を示す図である。
【0134】
この画面は、図22の画面において、色確認設定のジョブプロパティ項目の欄の編集ボタン2205が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。ジョブプロパティ2601は、印刷装置のUI2101で選択されている印刷装置203に紐づけられているジョブプロパティ設定の一覧を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてジョブプロパティ設定情報を取得し、それを表示する。設定名リスト2602は、取得したジョブプロパティDB1270の設定名1272に対応している。設定名リスト2602で、カラーエキスパートによって任意のジョブプロパティ設定が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてジョブプロパティ設定の詳細情報を取得し、リスト2603へそれを表示する。このリスト2603で表示される項目及び設定名は、ジョブプロパティDB1270に保存されている入力プロファイル1273〜1275に対応している。ボタン2604〜2608は、それぞれジョブプロパティ設定の編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンである。ジョブプロパティDB1270に対して、前述の図22の色確認設定画面における編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタン2205〜2208と同じ動作を行うため、ここでは説明を省略する。
【0135】
図27は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における色確認実行条件編集画面の一例を示す図である。
【0136】
この画面は、図21の画面において、色確認実行条件の編集ボタン2108が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。色確認実行条件2701は、色確認実行条件の一覧を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして色確認実行条件情報を取得し、それを表示する。設定名リスト2702は、取得した色確認実行条件DB1220の設定名1222に対応している。設定名リスト2702で、カラーエキスパートによって任意の色確認実行条件が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せて色確認実行条件の詳細情報を取得し、項目2703及び設定名2704へそれを表示する。ここで表示される項目及び設定名は、色確認実行条件DB1220に保存されている設定名1223〜枚数間隔1224に対応している。ボタン2705〜2708は、それぞれ色確認実行条件の編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンである。色確認実行条件DB1220に対して、前述の図22の色確認設定画面における編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンと同じ動作を行うため、ここでは説明を省略する。
【0137】
図28は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの環境設定における色調整設定編集画面の一例を示す図である。
【0138】
この画面は、図21の画面の色調整設定の編集ボタン2109が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。色調整設定2801は、色調整設定の一覧2802を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして色調整設定情報を取得し、それを表示する。一覧2802は、取得した色調整設定DB1230の設定名1232に対応している。一覧2802で、カラーエキスパートによって任意の色調整設定が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして色調整設定の詳細情報を取得し、項目2803及び設定名2804へ、それを表示する。ここで表示される項目及び設定名は、色調整設定DB1230に保存されている設定名1232、調整1233に対応している。ボタン2805〜2808は、それぞれ色調整設定の編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンである。色調整設定DB1230に対して前述の図22の色確認設定画面における編集、削除、新規作成、保存を行うためのボタンと同じ動作を行うため、ここでは説明を省略する。
【0139】
以上、図21〜図28の各画面を通して、カラーエキスパートは、色管理を行う上で必要な環境設定を実行する。尚、ここで説明した環境設定の各UI画面及びそれらで表示される設定項目や形式は一例であり、同じ目的を達成することができれば、環境設定と結果表示が同一画面中に表示するなど、他のUI画面構成でも良い。
【0140】
拠点管理アプリケーション実行部722より指示され、データ管理部704に保存された色管理に関する環境設定情報は、その後、印刷装置通信部703から印刷装置203に送信される。印刷装置203のプリンタコントローラ500は、データ送受信部804を介して受信した環境設定情報を、データ管理部806に保存する。色管理部805は、環境設定情報に従い、色確認実行条件が成立すると、色確認処理を実行する。色確認処理が実行されると、色管理部805は、測色結果情報をデータ管理部806に保存し、更に拠点管理サーバ102へ送信し、データ管理部704に保存する。データ管理部704は、色管理部805から送信された測色結果情報を、対応するパッチDB12900の12901〜12912へ保存する。
【0141】
<印刷装置の色確認結果>
次に、指定された環境設定に則り実行される色確認処理の結果を表示するUI画面の一例について図29〜図31を参照して説明する。
【0142】
図29は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの色確認結果画面の一例を示す図である。
【0143】
この画面は、図20の画面において、色確認結果ボタン2002が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。2901は、色確認結果を表示する対象の印刷装置203を選択表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをしてカラーエキスパートが登録している印刷装置203の情報を取得し、それを表示する。色確認プロファイル2902は、選択された印刷装置203に紐づいている色確認プロファイルを選択表示している。印刷装置203が選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをする。そして、選択された印刷装置203と同じ色管理プロファイルDBの情報を取得し、それを色確認プロファイル2902に表示する。色確認プロファイル2902で、カラーエキスパートにより任意の色確認プロファイルが選択されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704に問合せをして、対象の色確認結果の詳細情報を取得する。そして、判定結果2903及び実行日時2904へ、取得した詳細情報を表示する。判定結果2903は、実行された色確認作業の判定結果情報を表示する。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704より、対象の色確認プロファイルDB1200情報を取得する。取得した情報より、パッチ毎に、測色値と目標値の差分を算出し、その結果を判定基準と比較することで、判定結果を決定する。
【0144】
以下、例を挙げて説明する。あるパッチの情報がパッチDB12900に保存されている。その場合、パッチの測色値は、12910〜12912に保存されており(L*_dev、a*_dev、b*_dev)、目標値は、12007〜12009に保存されている(L*_ref、a*_ref、b*_ref)。そのパッチにおける判定に使用するための差分Delta_Eは、例えば次の式で表現できる。
【0145】
Delta_E=((L*_ref−L*_dev)+(a*_ref−a*_dev)+(b*_ref−b*_dev)(1/2)
ここでは、測色値及び目標値をCIE_L*a*b*空間とし、一般的な色差(Delta_E)を求める演算を行っているが、差分量の算出はこの演算式に限定されるものではない。算出されたDelta_Eを、判定基準DB1260の設定項目毎に、閾値と比較する。例えば、平均であれば、平均1263に保存されている閾値を用いて、パッチチャートDB1240で指定されている全パッチのDelta_E値の平均値と比較する。同様に、判定基準DB1260に設定されている全ての項目に対して、パッチDB12900の12910〜12912で保存されている実測値と、判定基準DB1260の1263〜1269で保存されている閾値とを比較していき、
(実測値)<=(判定基準項目の閾値)
の関係であれば判定結果をOK、逆の関係であれば判定結果をNGとする。
【0146】
拠点管理アプリケーション実行部722は、判定結果2903に、データ管理部704に保存されている、過去に実行された全ての、或いは一部の色確認処理の判定結果を表示する。また実行日時2904に、それぞれの色確認処理が実行された実行日時の情報を表示する。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704より、測色結果DB1280情報を取得し、実行日時1282に保存されている実行日時情報を表示する。詳細ボタン2905は、判定結果の更に詳細な情報を知りたい場合に、カラーエキスパートによって押下されると、管理アプリケーション実行部722は、例えば図30の画面を表示する。
【0147】
図30は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの色確認結果画面の一例を示す図である。
【0148】
この画面は、図29の画面で詳細ボタン2905が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。3001は、選択された色確認処理の結果に対する詳細な情報を表示している。拠点管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704より、必要な情報を収集し表示する。ここでは、印刷装置DB12920、色確認プロファイルDB1200、判定結果、実行日時1282の情報を表示しているが、これらに限定するものではなく、他の情報を表示しても良い。
【0149】
判定結果3002、測色値3003は、選択された色確認処理の結果に対する判定基準に基づく詳細な情報を表示している。管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704より、必要な情報を収集し表示する。ここでは、判定基準DB1260に含まれる1263〜1269のそれぞれの判定基準に対して前述の判定処理で演算した情報を表示する。各判定項目に対して判定結果を表示しているので、カラーエキスパートは、印刷装置203がNGと判定された場合に、具体的にどの項目がNGの原因であったかを分析するための情報として利用できる。ボタン3004は、パッチ測色結果詳細ボタンであり、各パッチの詳細な測色結果を知りたい場合に、カラーエキスパートによって押下されると、管理アプリケーション実行部722は、図31に示す画面を表示する。
【0150】
図31は、拠点管理アプリケーションの色確認結果画面の一例を示す図である。
【0151】
この画面は、図30の画面において、パッチ測色結果詳細ボタン3004が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。3101は、選択された色確認処理の結果に対する詳細な情報を表示しており、これは図30の3001と同じ情報のため、説明を省略する。パッチ測色結果3102は、選択された色確認処理の結果に対するパッチ情報に基づく詳細な情報を表示している。管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704より、必要な情報を収集し表示する。ここでは、判定に使用したパッチチャートDBに保存されている各パッチに対して以下の値を表示する。即ち、入力信号値情報(12903〜12906)、測色値(12910〜12912)、目標と定めたリファレンス値(12907〜12909)、そして前記演算式によるdE_L*a*b*の値を表示する。これらの情報より、カラーエキスパートは、印刷装置203の色特性の把握や、判定結果がNGであった場合のより詳細な分析を行うための情報として利用できる。
【0152】
<印刷装置の登録・削除>
次に、色管理アプリケーションで管理する印刷装置の登録・削除を行うUI画面の一例について、図32を参照して説明する。
【0153】
図32は、実施形態に係る拠点管理アプリケーションの印刷装置の登録画面の一例を示す図である。
【0154】
これは図20の画面において、印刷装置の登録削除ボタン2003が押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、本UIを生成し、UI制御部723を介して不図示の表示部へ表示される。印刷装置リスト3201は、登録されている印刷装置に関する情報を表示している。管理アプリケーション実行部722は、データ管理部704より、必要な情報を収集し表示する。ここでは、設定名12922、IPアドレス情報12924を表示しているが、これらに限定するものではなく、印刷装置に関する他の情報を表示しても良い。
【0155】
登録ボタン3203は、カラーエキスパートによって押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、新しい印刷装置DB12920を作成し、印刷装置リスト3201へ表示する。更に、拠点管理アプリケーション実行部722は、その情報を拠点管理サーバ102へ送信しデータ管理部704に保存する。削除ボタン3204は、カラーエキスパートに押下されると、拠点管理アプリケーション実行部722は、印刷装置リスト3201で選択されている印刷装置の情報を削除する旨を拠点管理サーバ102へ送信する。これにより、選択されている印刷装置の情報を、データ管理部704から削除すると共に、印刷装置リスト3201から消去する。
【0156】
以上で説明した各サーバや端末、印刷装置の機能や動きを踏まえた上で、以下では拠点管理サーバ102がジョブ管理サーバ104やジョブスケジューラ201と連携しながら制御する処理の例を説明する。
【0157】
図17は、実施形態に係る拠点管理サーバ102がジョブ管理サーバ104やジョブスケジューラ201、集中管理端末111、集中管理サーバ101と連携しながら制御するシーケンスを説明する図である。これら拠点管理サーバ102、ジョブ管理サーバ104、ジョブスケジューラ201、集中管理端末111、集中管理サーバ101のそれぞれにおけるROM又はHDDに格納されたプログラムがRAMに読み出されCPUによって実行されることで実現される。
【0158】
集中管理端末111はS1701で、集中管理サーバ101に対して、色確認プロファイルの作成を指示すると、集中管理サーバ101は、印刷装置203,205に適合する様々な設定条件を持つ色確認プロファイルを作成する。次に集中管理端末111はS1702で、集中管理サーバ101に対して、色確認プロファイルの配信を指示する。これにより集中管理サーバ101はS1703で、作成した様々な色確認プロファイルを拠点管理サーバ102に配信する。これにより拠点管理サーバ102はS1704で、配信された様々な色確認プロファイルを受信して保存する。
【0159】
次に、例えば印刷装置203が朝一番に起動した後、S1705で、色確認を実行するタイマをセットしたり、例えば、10万枚の印刷を行う毎に色確認を実行するように設定を行う等の、拠点管理サーバ102が色確認を実行するタイミングを設定する。そして色確認を実行するタイミングになると拠点管理サーバ102はS1706で、ジョブ管理サーバ104に対しジョブ履歴の取得要求を送信し、ジョブ管理サーバ104からジョブ履歴のデータを受信する。更に、拠点管理サーバ102はS1707で、ジョブスケジューラ201に対しジョブの実行計画の取得要求を送信し、ジョブスケジューラ201からジョブの実行計画のデータを受信する。
【0160】
そしてS1708で拠点管理サーバ102は、取得したデータから、S1704で保存している色確認プロファイルの中から、実行するのに必要な色確認プロファイルを選択する。次にS1709で、その選択した色確認プロファイルを使用して色確認を実行する。そして拠点管理サーバ102はS1710で、実行した色確認の結果データを集中管理サーバ101に対して送信する。そしてS1711で集中管理端末111は、集中管理サーバ101に対して結果データの確認を行う。
【0161】
尚、ここでは拠点管理サーバとして拠点管理サーバ102を、ジョブスケジューラとしてジョブスケジューラ201を例に説明しているが、他の拠点管理サーバやジョブスケジューラであっても同じシーケンスになる。
【0162】
図18は、実施形態に係る拠点管理サーバ102の処理を説明するフローチャートである。このフローチャートで示す処理は、拠点管理サーバ102のROM402又はHDD404に格納されたプログラムをCPU401がRAM403に展開して実行することにより実現される。
【0163】
S1801で拠点管理サーバ102は処理を開始し、先ずS1802でCPU401は、集中管理サーバ101から配信された色確認プロファイルを受信したかどうかを判定する。その結果、受信していなければS1802を繰り返し、受信するとS1803に遷移する。S1803でCPU401は、受信した色確認プロファイルをデータ管理部704に保存し、全ての色確認プロファイルのフラグを有効として設定する。そして前述のシーケンスで説明したように、色確認プロファイルは受信したものを全て実行するのではなく、その中から選択して実行する。ここでいう有効とは、実行するかどうかを示すフラグに、実行するなら有効、実行しないなら無効の値を設定するものである。よってフラグの値を見て実行するかどうかを判定できる。
【0164】
次にS1804に進みCPU401は、前述のシーケンスで説明したS1705の色確認を実行するタイミングになったかどうかを判定し、なっていないときはS1804を繰り返し、色確認を実行するタイミングになったと判定するとS1805に遷移する。S1805でCPU401は、ジョブ管理サーバ104と通信できるか判定し、通信できないと判定するとS1809に遷移し、通信できると判定するとS1806に遷移する。通信できる場合はS1806でCPU401は、ジョブ管理サーバ104に対して、ジョブの履歴の取得を要求する。この要求に応じてジョブ管理サーバ104は、ジョブ履歴3300及び顧客情報3310の形式でジョブ記憶部1503に記憶されているジョブ履歴情報と顧客情報を取得し、拠点管理サーバ102に返信する。
【0165】
返信があるとS1807に進みCPU401は、ジョブ管理サーバ104から返信があった情報の中から使用された用紙タイプや納品先地域を抽出する。具体的には、CPU401は、ジョブ管理サーバ104から返信があった情報の中から、用紙タイプ3303と納品先住所3313を抽出する。そしてS1808でCPU401は、抽出した用紙タイプや納品先住所を対象とする色確認プロファイルを特定し、それ以外の色確認プロファイルのフラグを無効にする。この時、ジョブ管理サーバ104は、データ管理部704によって色確認プロファイルが保存されている色確認設定DB1210にアクセスして、その色確認設定DB1210の用紙1216に保持されている用紙タイプや色認証制度1218を抽出する。そしてその抽出した情報を参照することにより、抽出した用紙タイプや納品先地域を対象とする色確認プロファイルであるかどうかを判定する。
【0166】
例えば、ジョブ管理サーバ104の印刷情報3300の用紙タイプ3303から抽出した用紙タイプが「両面コート厚紙3」であるなら、用紙1216の値が「両面コート厚紙3」である色確認プロファイルを探し出し特定する。尚、用紙タイプが全く同じものだけを特定するだけでなく、両面コートのうち坪量が厚紙と考えられるある範囲内の用紙、例えば「両面コート厚紙1」「両面コート厚紙2」及び「両面コート厚紙3」である色確認プロファイルを探し出し特定することも有り得る。また、ジョブ管理サーバ104の顧客情報3310の納品先住所3313から抽出した納品先住所が「米国」である場合、色認証制度1218で説明したように、米国では色認証制度としてGRAColが用いられる。よって、色認証制度1218がGRAColである色確認プロファイルを抽出し特定する。このようにして、ジョブ管理サーバ104からの印刷情報を基に、必要な色確認プロファイルを探し出し特定する。この判定によって設定されるフラグを「フラグ−1」とする。
【0167】
次にS1809に進みCPU401は、ジョブスケジューラ201と通信できるか確認する。ここで通信できないときはS1813に遷移し、通信できるときはS1810に遷移する。通信できる場合はS1810でCPU401は、ジョブスケジューラ201に対しジョブの実行計画の取得を要求する。そして、ジョブスケジューラ201から返信があったときはS1811に進みCPU401は、ジョブの実行計画を取得し、そのジョブの実行計画の中から使用される用紙タイプや納品先地域を抽出する。そしてS1812でCPU401は、その抽出した用紙タイプや納品先地域を対象とする色確認プロファイルを特定し、それ以外の色確認プロファイルのフラグを無効にする。この処理は、前述のS1807やS1808の処理と同様である。この判断によって設定されるフラグを「フラグ−2」とする。
【0168】
次にS1813に進みCPU401は、フラグ処理を行う。このフラグ処理は、「フラグ−1」と「フラグ−2」との論理和を取り、どちらかで有効となっているものがあれば有効となり、どちらも無効であれば無効となる。更にその結果に対して、S1803で設定したフラグとの論理積を取る。このときの元のフラグは、全て有効であるため、「フラグ−1」と「フラグ−2」との論理和の結果、有効となるものが有効となる。もし、ジョブ管理サーバ104とジョブスケジューラ201の両方とも通信できなければ、フラグはそのままとなり、全ての色確認プロファイルのフラグは有効となる。つまり、ジョブ管理サーバ104とジョブスケジューラ201の情報が収集できなければ、集中管理サーバ101から配信された色確認プロファイルは全て実行されることになる。このステップは、前述のシーケンスにおけるS1708に該当する。
【0169】
こうしてS1813のフラグ処理を行うとS1814に進みCPU401は、有効に設定されている色確認プロファイルを用いて色確認処理を実行する。このステップは、図17のシーケンスにおけるS1709に該当する。そしてS1815に進みCPU401は、その実行結果を集中管理サーバ101に送信する。このステップは、図17のシーケンスにおけるS1710に該当する。こうして色確認処理の結果を送信するとS1804に戻り、次の色確認を実行するタイミングになるまで待ち、以上のステップを繰り返す。
【0170】
以上説明したように拠点管理サーバは、集中管理サーバから配信された色確認プロファイルの内、印刷ジョブの履歴や、ジョブの実行計画に基づいて、対象の印刷装置で必要となる色確認プロファイルを選択して色管理作業を実行させることができる。これにより、不要な色確認プロファイルによる色管理作業を省略できるので、効率的な色管理作業を実行できるという効果がある。
【0171】
更に、ジョブの履歴とは異なる特異なジョブや、実行計画にはなかった突発的なジョブなどが印刷ジョブとして投入される場合が有り得る。このような場合は、上述の処理によって無効として判断された色確認プロファイルを用いて色確認を実行する必要がある。このときの処理を図19のフローチャートを参照して説明する。
【0172】
図19は、実施形態に係る拠点管理サーバ102の処理を説明するフローチャートである。このフローチャートで示す処理は、拠点管理サーバ102のROM402又はHDD404に格納されたプログラムをCPU401がRAM403に展開して実行することにより実現される。
【0173】
S1901で拠点管理サーバ102は処理を開始すると、S1902でCPU401は、印刷ジョブが投入されたかどうか判定する。ここで印刷ジョブが投入されていないときはS1902を繰り返し、印刷ジョブが投入されるとS1903に遷移する。S1903でCPU401は、その投入された印刷ジョブから、その印刷ジョブで使用する用紙タイプや納品先地域を抽出する。次にS1904に進みCPU401は、抽出した用紙タイプや納品先地域を対象とする色確認プロファイルを特定する。この処理ステップは、図18のS1807〜S1808及びS1811〜S1812と同様である。そしてS1905に進みCPU401は、S1904で特定した色確認プロファイルが、前述の図18のフローチャートの処理によって、有効を示すフラグが設定されているかどうかを判定する。ここで有効になっていると判定すると、図18のS1814で色確認が実行されており、このフローチャートにおいて追加で行う処理は無いため、このまま処理を終了する。
【0174】
一方、S1904で特定した色確認プロファイルに、図18の処理で無効を示すフラグが設定されていると判定した場合はS1906に進みCPU401は、その特定した色確認プロファイルが前回実行された履歴を取得する。次にS1907に進みCPU401は、その色確認プロファイルが前回実行された時期は、別途定める基準期間よりも短いかどうか判定する。即ち、前回実行された時期が、現時点からの基準期間よりも短かければ前回の色確認の効果が残っていると考えられるので、改めて色確認を実行する必要はないと考えられる。よって基準期間よりも短いと判定すると、追加で行う処理は無いと判断して、この処理を終了する。
【0175】
一方、S1907で、前回実行された時期が現時点からの基準期間よりも長いと判定するとS1908に遷移する。S1908でCPU401は、S1904で特定した色確認プロファイルを有効に設定してS1909に進み、その有効に設定した色確認プロファイルを用いて色確認を実行して、この処理を終了する。
【0176】
以上説明したように、前述の図18の処理では実施されなかった色確認プロファイルを必要とする印刷ジョブが投入された場合でも、その都度、必要とする色確認プロファイルを特定し、その特定した色確認プロファイルを使用して色確認を実行できる。これにより、一旦は不要と判断した色確認プロファイルであっても、新たな印刷ジョブに適合した色確認プロファイルであると特定できれば、それを使用して色確認を行うことができる。
【0177】
(その他の実施形態)
本発明は、上述の実施形態の1以上の機能を実現するプログラムを、ネットワーク又は記憶媒体を介してシステム又は装置に供給し、そのシステム又は装置のコンピュータにおける1つ以上のプロセッサーがプログラムを読出し実行する処理でも実現可能である。また、1以上の機能を実現する回路(例えば、ASIC)によっても実現可能である。
【0178】
本発明は上記実施形態に制限されるものではなく、本発明の精神及び範囲から離脱することなく、様々な変更及び変形が可能である。従って、本発明の範囲を公にするために、以下の請求項を添付する。
【符号の説明】
【0179】
101…集中管理サーバ、102,103…拠点管理サーバ、104…ジョブ管理サーバ、201,202…ジョブスケジューラ、203,205…印刷装置、510…カラーセンサ、722…拠点管理アプリケーション実行部
【図1】
【図2】
【図3】
【図4】
【図5】
【図6】
【図7】
【図8】
【図9】
【図10】
【図11】
【図12A】
【図12B】
【図12C】
【図13】
【図14】
【図15】
【図16】
【図17】
【図18】
【図19】
【図20】
【図21】
【図22】
【図23】
【図24】
【図25】
【図26】
【図27】
【図28】
【図29】
【図30】
【図31】
【図32】
【図33】