(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】2019146168
(43)【公開日】20190829
(54)【発明の名称】複数一致検出とブロードキャストの時間に基づく曖昧性排除とを用いたメディアチャネル識別
(51)【国際特許分類】
   H04N 21/24 20110101AFI20190802BHJP
   H04H 60/43 20080101ALI20190802BHJP
   H04H 40/18 20080101ALI20190802BHJP
【FI】
   !H04N21/24
   !H04H60/43
   !H04H40/18
【審査請求】有
【請求項の数】20
【出願形態】OL
【外国語出願】
【全頁数】34
(21)【出願番号】2019033878
(22)【出願日】20190227
(62)【分割の表示】2018532646の分割
【原出願日】20170228
(31)【優先権主張番号】15/343,895
(32)【優先日】20161104
(33)【優先権主張国】US
(31)【優先権主張番号】62/301,616
(32)【優先日】20160229
(33)【優先権主張国】US
(71)【出願人】
【識別番号】501112323
【氏名又は名称】グレースノート インコーポレイテッド
【住所又は居所】アメリカ合衆国,カリフォルニア州 94608,エミリービル,スイート 1380,パウウェル・ストリート 2000
(74)【代理人】
【識別番号】100094569
【弁理士】
【氏名又は名称】田中 伸一郎
(74)【代理人】
【識別番号】100109070
【弁理士】
【氏名又は名称】須田 洋之
(74)【代理人】
【識別番号】100067013
【弁理士】
【氏名又は名称】大塚 文昭
(74)【代理人】
【識別番号】100086771
【弁理士】
【氏名又は名称】西島 孝喜
(74)【代理人】
【識別番号】100109335
【弁理士】
【氏名又は名称】上杉 浩
(74)【代理人】
【識別番号】100120525
【弁理士】
【氏名又は名称】近藤 直樹
(74)【代理人】
【識別番号】100139712
【弁理士】
【氏名又は名称】那須 威夫
(74)【代理人】
【識別番号】100151987
【弁理士】
【氏名又は名称】谷口 信行
(72)【発明者】
【氏名】ソ チュン ウォン
【住所又は居所】アメリカ合衆国,カリフォルニア州 94608,エミリービル,スイート 1380,パウウェル・ストリート 2000
(72)【発明者】
【氏名】クォン ユンモー
【住所又は居所】アメリカ合衆国,カリフォルニア州 94608,エミリービル,スイート 1380,パウウェル・ストリート 2000
(72)【発明者】
【氏名】リー ジェヒョン
【住所又は居所】アメリカ合衆国,カリフォルニア州 94608,エミリービル,スイート 1380,パウウェル・ストリート 2000
【テーマコード(参考)】
5C164
【Fターム(参考)】
5C164FA03
5C164MB35S
5C164SB21S
5C164SB41P
5C164TA08S
5C164YA21
(57)【要約】      (修正有)
【課題】チャネル識別の曖昧性を排除するのを助けるための方法およびシステムを提供する。
【解決手段】メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントデータが、複数の異なるチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに複数一致を検出すると、サーバまたは他のエンティティは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間と、参照フィンガープリントによって表されるメディアコンテンツのブロードキャストの時間との比較に少なくとも部分的に基づいて、曖昧性排除を実施する。サーバまたは他のエンティティは、チャネル固有アクションを取ることを可能にするために、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツがその上に到着しているチャネルをそれにより決定する。
【選択図】図3
【特許請求の範囲】
【請求項1】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するとコンピューティングシステムによって決定することと、
前記フィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する前記複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することに応答して、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することと、
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることと
を含む方法。
【請求項2】
前記コンピューティングシステムが前記メディア提示デバイス以外のエンティティであり、前記フィンガープリントが前記メディア提示デバイスによって生成され、前記方法が、
前記メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの前記フィンガープリントを前記メディア提示デバイスから前記コンピューティングシステムによって受信すること
をさらに含む、請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記複数の参照フィンガープリントが、参照データ中の複数の参照フィンガープリントから選択され、前記メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの前記フィンガープリントが前記複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの前記フィンガープリントを前記参照データ中の前記複数の参照フィンガープリントと比較することと、 前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの前記フィンガープリントが前記複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することと
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記複数の参照フィンガープリントを含む複数一致グループを検出しフラグ付けすることをさらに含み、前記メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの前記フィンガープリントが前記複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することは、前記フィンガープリントが、前記フラグ付けされた複数一致グループの前記参照フィンガープリントに一致すると決定することを含む、請求項3に記載の方法。
【請求項5】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することと、
前記一致する参照フィンガープリントのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することと
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項6】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することが、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を示すものを前記メディア提示デバイスから明示的または暗黙的に受信することを含む、請求項5に記載の方法。
【請求項7】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することが、現在の時間を、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間であるものと見なすことを含む、請求項5に記載の方法。
【請求項8】
前記一致する参照フィンガープリントの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記一致する参照フィンガープリントのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、一致する参照フィンガープリントのブロードキャストの対応する時間の各々と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記1つの一致する参照フィンガープリントと対応するブロードキャストの前記時間だけに一致すると決定することと
を含む、請求項5に記載の方法。
【請求項9】
前記一致する参照フィンガープリントの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記一致する参照フィンガープリントのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、一致する参照フィンガープリントのブロードキャストの対応する時間の各々と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記一致する参照フィンガープリントのうちの別の1つに一致しないと決定することと
を含む、請求項5に記載の方法。
【請求項10】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、(i)前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることと、(ii)チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することとからなる群から選択されたアクションを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項11】
前記メディアコンテンツが、ビデオコンテンツとオーディオコンテンツとからなる群から選択されたコンテンツを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項12】
前記メディア提示デバイスが、前記決定することと、曖昧性排除を前記実施することと、アクションを前記取ることとのうちの1つまたは複数を行う、請求項1に記載の方法。
【請求項13】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するとコンピューティングシステムによって決定することであって、前記複数の参照フィンガープリントの各一致する参照フィンガープリントが、ブロードキャストの対応する時間を有する、ことと、
前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを前記コンピューティングシステムによって決定することであって、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定することは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間が、前記一致する参照フィンガープリントのうちのただ1つのブロードキャストの前記対応する時間に一致すると決定することに少なくとも基づき、前記決定されたチャネルが、前記1つの一致する参照フィンガープリントと対応する前記チャネルである、ことと、
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることと
を含む方法。
【請求項14】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、(i)前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることと、(ii)チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することとからなる群から選択されたアクションを取ることを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項15】
前記メディアコンテンツが、ビデオコンテンツとオーディオコンテンツとからなる群から選択されたコンテンツを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項16】
少なくとも部分的に前記メディア提示デバイスによって行われる、請求項13に記載の方法。
【請求項17】
ネットワーク通信インターフェースと、
処理ユニットと、
非一時的データストレージと、
前記非一時的データストレージに記憶されたプログラム命令と
を備えるシステムであって、前記プログラム命令は、
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントと、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものとを、前記ネットワーク通信インターフェースを介して前記メディア提示デバイスから受信することと、
前記受信されたフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することと、
前記受信されたフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する前記複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することに応答して、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することと、
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることと
を含む動作を行うように前記処理ユニットによって実行可能である、システム。
【請求項19】
前記一致する参照フィンガープリントの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、各一致する参照フィンガープリントのブロードキャストの対応する時間と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記一致する参照フィンガープリントのうちの1つと対応するブロードキャストの前記時間だけに一致すると決定し、前記1つの一致するフィンガープリントと対応する前記チャネルを前記決定されたチャネルであると見なすことと
を含む、請求項18に記載のシステム。
【請求項20】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、(i)前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることと、(ii)チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することとからなる群から選択されたアクションを取ることを含む、請求項18に記載のシステム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
関連出願の参照
本出願は、2016年2月29日に出願された米国仮特許出願第62/301,616号の優先権を主張する、2016年11月4日に出願された米国特許出願第15/343,895号の優先権を主張する。これらの優先権出願の各々全体は参照により本明細書に組み込まれる。さらに、本開示は、本明細書によって参照により、(2016年6月25日に公開された)米国特許出願公開第2015/0181263号と、(2016年6月10日に出願された)米国特許出願第15/179,143号と、(2016年6月28日に出願された)米国特許出願第15/222,405号と、(2016年8月31日に出願された)米国特許出願第15/253,354号との全体を組み込む。
【背景技術】
【0002】
典型的なメディア提示デバイスは、ビデオおよび/またはオーディオコンテンツなどのメディアコンテンツを表すアナログまたはデジタルメディアストリームを受信し、ディスプレイスクリーンおよび/またはオーディオスピーカーなどのユーザインターフェース上にメディアコンテンツを表示し、提示するように動作する。そのようなデバイスの例は、限定はしないが、テレビジョン、コンピュータモニタ、投影システム、ラウドスピーカー、ヘッドフォンなどを含む。
【0003】
多くの場合、そのようなメディア提示デバイスは、メディアコンテンツの多数の個別チャネルへのアクセスを有し、所与のそのようなチャネルのメディアコンテンツを再生のためにメディア提示デバイスに選択的に送出することができる、ローカルセットトップボックスもしくは他の同様のデバイスまたはリモートサーバなどの受信機と通信していることがある。
【0004】
例として、テレビジョンが、ケーブルTVチャネルのセットへのアクセスを有するケーブルTVセットトップボックスに通信可能にリンクされることがあり、セットトップボックスは、特定のチャネルを選択しているユーザ入力を受信し、選択されたチャネルに応答的に同調して、選択されたチャネルのメディアコンテンツをユーザへのメディアコンテンツの提示のためにテレビジョンに出力するように構成されることができる。別の例として、ラウドスピーカーが、ラジオ局のセットへのアクセスを有するラジオに通信可能にリンクされることがあり、ラジオは、特定のチャネル(局)を選択しているユーザ入力を受信し、選択されたチャネルに応答的に同調して、選択されたチャネルのメディアコンテンツをユーザへのメディアコンテンツの提示のためにラウドスピーカーに出力するように構成されることができる。そして、さらに別の例として、ディスプレイまたはスピーカーなどのメディア提示デバイスが、無数のオンラインストリーミングメディアチャネルへのアクセスを有するコンピュータに通信可能にリンクされることがあり、コンピュータは、特定のチャネルを選択しているユーザ入力を受信し、選択されたメディアコンテンツの受信および出力を応答的に開始して、メディアコンテンツをユーザへの提示のためにディスプレイおよび/またはスピーカーに提供するように構成されることができる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
メディア提示デバイスがメディアコンテンツを受信し表示するとき、メディア提示デバイスは、どのチャネルがメディアコンテンツを搬送したかを示すものを有しないことがある。チャネルに選択的に同調してメディアコンテンツを受信し、メディアコンテンツをメディア提示デバイスに提供する受信機または他のデバイスはそのような情報を有することができるが、上記他のデバイスからメディアコンテンツを受信するメディア提示デバイスはそのような情報を有しないことがある。たとえば、テレビジョンがケーブルTVセットトップボックスに結合され、ユーザがセットトップボックス上で特定のケーブルチャネルを選択した場合、セットトップボックスは、それにより、そのチャネルとして選択されたチャネルを示すものを有することができ、セットトップボックスは、次いで、そのチャネル上のメディアコンテンツを受信し、メディアコンテンツはテレビジョンに出力される。しかし、テレビジョン自体は、メディアコンテンツを受信し表示するだけでよく、選択されたチャネルを示すものを有しないことがある。
【0006】
しかしながら、様々な理由により、様々なチャネルのうちのどれが、メディア提示デバイスによって表示されているコンテンツを搬送するチャネルであるかを決定することが有用であることができる。さらに、チャネル選択デバイス(たとえば、受信機またはリモートコントロール)が同調されたチャネルの報告をそのデバイスから受信することなしに、および場合によってはチャネル選択デバイスのいかなる関与もなしにそのように行うことが有用であることができる。たとえば、メディア提示デバイス自体、および/またはメディア提示デバイスと協働して動作しているネットワークサーバが、メディア提示デバイスによって表示されている(たとえば、すでに表示されているか、現在表示されているか、または表示されるためにキュー中にある)メディアコンテンツの評価に基づいてチャネルを決定することが有用であることができる。メディアコンテンツがその上に到着しているチャネルの知識が与えられれば、メディア提示デバイス、ネットワークサーバ、および/または別のエンティティは、次いで、多数の可能性の中でも、そのチャネルのメディアコンテンツが再生されている程度を決定し記録すること、メディアコンテンツの所定の部分を(差し替え広告などの)代替コンテンツと選択的に差し替えること、またはメディアコンテンツとともに提示のためにメディアコンテンツ上にチャネル固有コンテンツを重ね合わせることなど、チャネルにキーイングされた1つまたは複数の動作を行うことができる。
【0007】
メディアコンテンツがその上に到着しているチャネルを決定するための1つの方法は、メディア提示デバイス(もしくは場合によっては補助デバイス)および/またはネットワークサーバに、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのデジタルフィンガープリントを生成させ、次いで、そのフィンガープリントを、特定のチャネル上に提供されるべきことが知られているメディアコンテンツについて確定された(established)参照フィンガープリントデータと比較することである。
【0008】
たとえば、ネットワークサーバまたはそのような他のエンティティは、参照データを確立するかまたはさもなければそれへのアクセスを有することができ、その参照データは、特定のチャネル上で搬送されるかまたは搬送されるようにスケジュールされたメディアコンテンツの参照フィンガープリントを含み、各参照フィンガープリントを、関連するメディアコンテンツがその上で搬送されるかまたは搬送されるようにスケジュールされたチャネルにマッピングすることができる。メディア提示デバイスが所与のメディアコンテンツを受信し表示すると、メディア提示デバイスは、次いで、そのメディアコンテンツのフィンガープリントを生成し、ネットワーク通信インターフェースを通して、生成されたフィンガープリントを分析のためにネットワークサーバに報告することができる。そして、ネットワークサーバは、次いで、報告されたフィンガープリントを参照フィンガープリントデータと比較して、参照フィンガープリントとの一致を発見し、それにより、メディアコンテンツがその上に到着しているチャネルが、参照データがその参照フィンガープリントとマッピングするチャネルであると決定することができる。それにより、メディアコンテンツがその上に到着しているチャネルを決定すると、ネットワークサーバは、次いで、メディア提示デバイスにチャネルを示すものを通信することができ、メディア提示デバイスはチャネル固有アクションを取ることができる。代替的に、ネットワークサーバ自体または別のエンティティが、決定されたチャネルに基づいてチャネル固有アクションを取ることができる。
【0009】
しかしながら、残念ながら、このプロセスにおいて起こることができる問題は、同じメディアコンテンツが、複数の異なるチャネル上に提供されることができ、したがって、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、メディアコンテンツがその上に到着しているチャネルのみと相関しないことがあることである。その結果、メディア提示デバイスがそのようなメディアコンテンツを提示しており、メディアコンテンツのフィンガープリントを生成し提供する場合、そのフィンガープリントは、複数の異なるチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントにマッピングされることができ、したがってチャネル識別は決定的にならないであろう。
【0010】
これの特定の例として、2つの異なるビデオコンテンツプロバイダが、別個のそれぞれのチャネル上でそれぞれ、両方とも同じシンジケート化されたテレビビジョンショーをブロードキャストし、広告主が、ショーについてのそのプロバイダのブロードキャスト上でポップアップ広告を提示するために、コンテンツプロバイダのうちただ1つと契約を有するシナリオを検討されたい。このシナリオでは、メディア提示デバイスがこれらのブロードキャストのうちの1つを受信し提示しているとき、メディア提示デバイスがブロードキャストのフィンガープリントを生成しネットワークサーバに提供した場合、ネットワークサーバは、フィンガープリントが、ショーについての両方のコンテンツプロバイダのブロードキャストに一致すると決定することがあり、したがって、メディア提示デバイスがポップアップ広告を提示すべきか否かが不明瞭になることができる。
【課題を解決するための手段】
【0011】
本明細書では、メディアコンテンツのフィンガープリントデータが、複数の異なるチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するシナリオにおいて、チャネル識別を曖昧性を排除するのを助けるための方法およびシステムが開示される。本開示によれば、この分析を行うネットワークサーバまたは他のエンティティは、当該のメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるチャネルとそれぞれ対応する2つ以上の参照フィンガープリントに一致すると決定することによって、複数一致のシナリオを検出することになる。検出された複数一致のシナリオに直面すると、エンティティは、次いで、チャネル固有アクションを取ることを可能にするように、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツがチャネルのうちどれの上に到着しているかを決定するために、チャネル識別情報を曖昧性を排除するための基礎として、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツに関するコンテキスト情報を使用する。
【0012】
そのようなコンテキスト情報の一例は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間である。特に、それは、同じメディアコンテンツが、チャネルごとに異なるそれぞれの時間(たとえば、日付および時刻)における複数の異なるチャネル上のブロードキャストのためにスケジュールされている場合であることができる。このようにして、上記で説明された複数一致のシナリオに直面すると、エンティティは、2つ以上の一致する参照フィンガープリントのうちのどれが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの実際の時間に一致するブロードキャストの時間と対応するかを決定することに少なくとも部分的によって、曖昧性排除を実施することができる。
【0013】
代表的な実装形態では、たとえば、エンティティは、それにより、一致する参照フィンガープリントのうちのただ単一の1つが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの実際の時間に一致するブロードキャストの時間と対応すると決定することができる。このようにして、エンティティは、その単一の参照フィンガープリントと対応するチャネルが、メディア提示デバイスによって表示されているコンテンツがその上に到着しているチャネルであると結論することができる。代替または追加として、エンティティは、各一致する参照フィンガープリントが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの実際の時間に一致しないブロードキャストの時間と対応するという決定に基づく考慮から、そのような参照フィンガープリントのうちの1つまたは複数を少なくとも排除することができる。さらに、エンティティは、さらに曖昧性を排除するために必要な場合、1つまたは複数の追加のファクタをも適用することができる。
【0014】
したがって、1つの点に関しては、時間ベースの曖昧性排除を通して決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることを含む方法が開示される。本方法は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するとコンピューティングシステムが決定することを含む。さらに、本方法は、フィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することに応答して、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているか(たとえば、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信したか)を決定するために、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することを含む。そして、本方法は、その上、決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることを含む。
【0015】
さらに、別の1つの点に関しては、開示される方法は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するとコンピューティングシステムが決定することを含み、複数の参照フィンガープリントの各一致する参照フィンガープリントは、ブロードキャストの対応する時間を有する。そして、本方法は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、一致する参照フィンガープリントのうちのただ1つのブロードキャストの対応する時間に一致すると決定することに少なくとも部分的に基づいて、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているかをコンピューティングシステムが決定することを含み、決定されたチャネルは、1つの一致する参照フィンガープリントと対応するチャネルである。本方法は、次いで、チャネルを決定することに基づいてアクションを取ることを含む。
【0016】
さらに、別の1つの点に関しては、ネットワーク通信インターフェースと、処理ユニットと、非一時的データストレージと、非一時的データストレージ中に(たとえば、その上に)記憶され、様々な動作を行うように処理ユニットによって実行可能なプログラム命令とを含むシステムが開示される。動作は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントと、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものとを、ネットワーク通信インターフェースを介してメディア提示デバイスから受信することを含む。さらに、動作は、受信されたフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することを含む。そして、動作は、受信されたフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することに応答して、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているかを決定するために、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することを含む。動作は、その上、決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることを含む。
【0017】
これらならびに他の態様、利点、および代替形態は、必要に応じて添付の図面を参照しながら、以下の詳細な説明を読むことによって当業者に明らかになろう。さらに、この概要および以下において提供される説明は、本発明を例として示すものにすぎず、限定として示すものではないことを理解されたい。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】様々な開示される原理が適用されることができる例示的なシステムの簡略ブロック図である。
【図2】様々な開示される原理を実装することを可能にするためにメディア提示デバイスがネットワークサーバと通信する、例示的なネットワーク構成の簡略ブロック図である。
【図3】本開示に従って行われることができる動作を示すフローチャートである。
【図4】本開示に従って行われることができる動作を示す別のフローチャートである。
【図5】例示的なネットワークサーバの簡略ブロック図である。
【図6】例示的なメディア提示デバイスの簡略ブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0019】
図面を参照すると、図1は、様々な開示される原理が適用されることができる例示的なシステムの簡略ブロック図である。しかしながら、本明細書で説明されるこのおよび他の構成およびプロセスは様々な他の形態を取ることができることを理解されよう。たとえば、要素および動作は、並べ替え、分散、複製、合成、省略、追加、またはさもなければ修正されることができる。さらに、1つまたは複数のエンティティによって実行されるものとして本明細書で説明される機能は、プログラム命令などを実行する1つまたは複数の処理ユニットによってなど、ハードウェア、ファームウェア、および/またはソフトウェアを通して、それらのエンティティによっておよび/またはそれらのために実装されることができることを理解されよう。
【0020】
図1に示されているように、例示的なシステムは、1つまたは複数のメディアコンテンツソース12(たとえば、ブロードキャスター、ウェブサーバなど)と、1つまたは複数のメディアコンテンツ配信者14(たとえば、ケーブルプロバイダ、衛星プロバイダ、オーバージエアブロードキャストプロバイダ、ウェブアグリゲータなどのマルチチャネル配信者)と、1つまたは複数のメディアコンテンツ受信機16(たとえば、ケーブル受信機、衛星受信機、オーバージエアブロードキャスト受信機、コンピュータまたは他のストリーミングメディア受信機など)と、1つまたは複数のクライアントまたはメディア提示デバイス18(たとえば、テレビジョンまたは他のディスプレイデバイス、ラウドスピーカーまたは他のオーディオ出力デバイスなど)とを含む。
【0021】
実際には、たとえば、メディアコンテンツソース12は、ABC、NBC、CBS、FOX、HBO、およびCNNなどの全国的ブロードキャスターであることができ、メディアコンテンツ配信者14は、特定の指定されたマーケットエリア(DMA)中のローカルアフィリエイトおよび/または他のローカルコンテンツ配信者であることができ、受信機16およびメディア提示デバイス18は、さらに、自宅または事業施設など、顧客構内に位置することができる。この構成または他の構成を用いて、コンテンツソース12は、顧客構内における受信機16への配信のためにコンテンツ配信者14にメディアコンテンツを配信することができ、コンテンツ配信者は、個別チャネル(たとえば、特定の周波数)上で受信機16にメディアコンテンツを配信することができる。各受信機は、次いで、ユーザ入力または1つもしくは複数の他のトリガに応答して、選択されたチャネルに同調し、選択されたチャネル上に到着しているメディアコンテンツをメディア提示デバイス18に出力することができる。そして、メディア提示デバイス18は、メディアコンテンツを受信し表示することができる(たとえば、コンテンツを表示するかまたはさもなければ提示することができる)。
【0022】
この構成では、メディア提示デバイスがこのメディアコンテンツを受信し表示するとき、メディア提示デバイスは、メディアコンテンツがその上に到着しているチャネルについての、すなわち、受信機が同調されるチャネルについて示すものを有しないことがある。そうではなく、メディア提示デバイスは、受信機からメディアストリームとしてメディアコンテンツを受信し、受信されたメディアコンテンツを表示するように構成されるだけであることができる。しかしながら、本開示によれば、メディア提示デバイスは、ネットワークサーバと通信していてよく、チャネルの識別を可能にし、このようにして有用なチャネル固有アクションを取ることを可能にするためにネットワークサーバとともに動作することができる。
【0023】
図2は、メディア提示デバイス18がインターネットなどのネットワーク22を介してネットワークサーバ20と通信している例示的なネットワーク構成を示す。実際には、メディア提示デバイス18は、顧客構内においてローカルエリアネットワーク(LAN)上にノードとして位置することができ、メディア提示デバイスは、LAN上に割り当てられたインターネットプロトコル(IP)アドレスを有し、LANはインターネット上にIPアドレスを有する。さらに、ネットワークサーバ20も、インターネット上のIPアドレスにおいてアクセス可能であることができる。この構成を用いて、メディア提示デバイスは、チャネル識別および関連するアクションを可能にするように、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントを報告するために、インターネットを介してネットワークサーバとのIP通信を開始しそれに関与することができる。
【0024】
上記で説明されたように、本開示に従って動作するネットワークサーバ20または別のエンティティは、少なくともメディア提示デバイス18にとってアクセス可能な様々なチャネルの各々の上で搬送されるかまたは搬送されるようにスケジュールされたメディアコンテンツのための参照データ24を確立するかまたはそれへのアクセスを有することができる。リレーショナルデータベースまたは他の形態で記憶されることができる参照データは、各チャネルのそれぞれの参照フィンガープリントを、場合によっては、チャネルによって最も最近搬送された(たとえば、最も直近の時間期間をカバーしているスライディングウィンドウベース上の)メディアコンテンツの参照フィンガープリントストリームを含むことができる。追加または代替として、参照データは、特定のチャネル上で搬送されるために利用可能および/またはスケジュールされた各メディアコンテンツ番組(たとえば、テレビジョン放送、ラジオ放送、ストリーミングメディアファイルなど)のそれぞれの参照フィンガープリント(たとえば、参照フィンガープリントストリーム)を含むことができる。したがって、参照データは、各参照フィンガープリントを、関連するメディアコンテンツ(すなわち、参照フィンガープリントによって一意に識別されるコンテンツ)がその上で搬送されるかまたは搬送されることができるチャネルと、さらに、そのチャネル上の関連するメディアコンテンツのブロードキャストの対応する時間とにマッピングすることができる。
【0025】
参照フィンガープリントをチャネルにマッピングすることにおいて、参照データは、チャネルを互いに区別するのを助けるためにチャネルを様々な属性によって特徴づけることができる。たとえば、受信機または他のそのようなデバイスが、チャネル番号によって選択可能な複数の異なるチャネルを提供する場合、参照データは、それらのそれぞれのチャネル番号によってチャネルを特徴づけることができる。および別の例として、各チャネルが、たとえば特定のブロードキャスターの1つのコンテンツなど、特定のコンテンツソースのコンテンツを搬送する場合、参照データは、それらのそれぞれのコンテンツソースの識別情報によってチャネルを特徴づけることができる。またさらに、2つ以上のコンテンツ配信者(たとえば、マルチチャネル配信者)がコンテンツソースのコンテンツを配信する場合、参照データは、それらのそれぞれのコンテンツ配信者の識別情報によってチャネルを特徴づけることができる。実際には、参照データは、各参照フィンガープリントをこれらまたは他の属性のうちの1つまたは複数と相関させることができる。
【0026】
参照フィンガープリントをチャネル上のブロードキャストの対応する時間にマッピングするのに、参照データは、その場合、関連するメディアコンテンツが、関連するチャネル上でブロードキャストされているか、または関連するチャネル上でブロードキャストされるようにスケジュールされた時間(たとえば、日付および時刻)を指定することができる。そのような仕様は様々な形態を取ることができる。例として、参照フィンガープリントが、関連するメディアコンテンツのそれぞれの時間セグメントを表すフィンガープリント時間セグメントのシーケンスを定義する場合、参照データは、メディアコンテンツの関連する時間セグメントのブロードキャストの実際のまたはスケジュールされた時間を示すタイムスタンプをフィンガープリント時間セグメントごとに提供することができる。そして、別の例として、参照フィンガープリントがメディアコンテンツ番組を表す場合、参照データは、全体としてそのメディアコンテンツ番組のブロードキャストの実際のまたはスケジュールされた時間(たとえば、半時間ブロックなど、番組編成時間範囲)を示すタイムスタンプを提供することができる。他の例が同様に可能である。
【0027】
本開示に従って動作するネットワークサーバ20または他のエンティティは、様々なチャネルの各々上に到着しているメディアコンテンツ(たとえば、少なくとも、メディア提示デバイスをサーブする受信機にとって利用可能である様々なチャネルの各々上に到着しているメディアコンテンツ)を分析すること、および/または1つもしくは複数の他のエンティティから番組スケジューリングデータを受信することによってこの参照データの一部または全部を確定することができる。
【0028】
様々なチャネル上に到着しているメディアコンテンツを分析することによって参照データを確定することを可能にするために、図2に示されているように、サーバは、受信機が顧客構内においてコンテンツを受信するように構成されることができるのとほとんど同じ方法で、様々なチャネル上でメディアコンテンツ配信者14のうちの1つまたは複数からメディアコンテンツを受信するように構成された1つまたは複数の受信機16を含むかまたはそれと相互接続されることができる。たとえば、サーバは、1つもしくは複数のケーブルTVセットトップボックス、ラジオ、コンピュータ、もしくは他のメディア受信機を含むかもしくはそれと相互接続されることができるか、または1つもしくは複数のそのような受信機をエミュレートするように構成されることができる。サーバは、その場合、各チャネル上に到着しているそれぞれのメディアコンテンツを受信し分析し、現在知られているかまたは後で開発される何らかのメディアフィンガープリンティングプロセス(たとえば、フレームまたは他の単位ごとにハッシュを計算すること、またはさもなければメディアコンテンツに固有の成分特徴を識別し、抽出し、デジタル的に表現すること)を使用して、各チャネルについてチャネルのメディアコンテンツの参照フィンガープリントを生成するように構成されることができる。さらに、サーバがチャネルのための参照フィンガープリントを生成するとき、サーバはまた、チャネル上のメディアコンテンツのブロードキャストの時間を定義する、チャネル上の関連するメディアコンテンツの受信の時間を示す1つまたは複数のタイムスタンプをそのフィンガープリントに関連して記録することができる。
【0029】
実際には、サーバは、複数のそのようなチャネル(場合によってはチャネルのすべて)の上で同時に受信し、チャネルについてそれぞれのフィンガープリントおよびタイムスタンプを並列に分析し生成するように構成されることができるか、あるいはサーバは、各チャネルについてそれぞれのフィンガープリントおよびタイムスタンプを分析し生成するために、場合によってはチャネルを繰り返し巡回して、チャネルからチャネルにホッピングするように構成されることができる。さらに、サーバは、参照のために、各チャネルについてメディアコンテンツの少なくとも最も直近の時間ウィンドウのそれぞれのフィンガープリントを保存して、これをリアルタイムで行い続けることができる。そして、サーバは、上記で説明されたようにタイムスタンプ情報およびチャネル特徴づけ情報に関連して参照データ中に各チャネルの参照フィンガープリントを記録することができる。ここで、サーバは、まさに受信機が同調されたチャネルについての知識を受信機が通常有するはずであるように、各チャネルについての知識(たとえば、チャネル番号)を有するはずである。さらに、サーバは、サーバが各参照フィンガープリントについてそれぞれチャネル属性を決定し記録することができるように、そのようなチャネルの各々の属性を指定するガイド情報または他のそのようなデータ(たとえば、コンテンツソース識別情報、コンテンツ配信者識別情報など)へのアクセスを有することができる。
【0030】
さらに、サーバは、特定の時間において特定のチャネル上で利用可能であるかまたはブロードキャストされるようにスケジュールされたメディアコンテンツ番組のためのそのような参照フィンガープリントを受信するかまたは場合によっては確定することができる。たとえば、様々なメディアコンテンツ番組のプロバイダまたは配信者は、現在知られているかまたは後で開発される何らかのメディアフィンガープリンティングプロセスをこの場合も使用して、メディアコンテンツ番組のための参照フィンガープリントを生成することができ、サーバは、関連するメディアコンテンツ番組がブロードキャストされるようにスケジュールされたチャネルと、それらのチャネル上のブロードキャストのスケジュールされた時間とを示すものとともに、それらの参照フィンガープリントを受信することができる。サーバは、このようにして、関連するメディアコンテンツ番組のスケジュールされた時間およびチャネル情報に関連して各そのような参照フィンガープリントを記録することができる。代替的に、サーバは、スケジュールされた時間およびチャネル情報とともに、メディアコンテンツ番組の事前コピーをプロバイダまたは配信者から受信することができ、サーバは、各メディアコンテンツ番組のための参照フィンガープリントをそれ自体で生成し、スケジュールされた時間およびチャネル情報に関連して各生成された参照フィンガープリントを記録することができる。他の例が同様に可能である。
【0031】
これまたは他のそのような参照データが与えられれば、サーバが、未知のチャネル上で受信されたメディアコンテンツのフィンガープリントを提示されたとき、サーバは、現在知られているかまたは後で開発される何らかのフィンガープリント一致プロセスを使用して、そのフィンガープリントを、記憶された参照フィンガープリントのうちの1つに一致させることができ、それにより、当該のメディアコンテンツは、参照データが、一致する参照フィンガープリントにマッピングしているチャネル上に到着したと結論することができる。このようにして、サーバが、メディア提示デバイス18によって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントに直面した場合、サーバは、そのフィンガープリントを参照データ中の参照フィンガープリントと比較することができる。そして、サーバが、一致する参照フィンガープリントをそれにより発見した場合、サーバは、参照データが、一致する参照フィンガープリントとマッピングしているチャネルを識別することができ、それが、メディア提示デバイスがその上でメディアコンテンツを受信しているチャネルであると(すなわち、それが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを搬送するチャネルであると)結論することができる。今度は、サーバは、識別されたチャネルに基づいてチャネル固有アクションを応答的に取るか、または1つもしくは複数の他のエンティティが、識別されたチャネルに基づいてチャネル固有アクションを取ることを引き起こすかもしくは可能にすることができる。
【0032】
これを可能にするために、メディア提示デバイス18または別のエンティティは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントを生成し、フィンガープリントを分析のためにサーバ20に送信するように構成されることができる。
【0033】
たとえば、図2に示されているように、メディア提示デバイスは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのデジタルフィンガープリントを生成するように構成されることができる、フィンガープリント生成器26を含むことができる。そのようなフィンガープリント生成器は、メディア提示デバイスが受信機16からチャネル上でメディアコンテンツを受信しているとき、および/またはメディア提示デバイスがメディアコンテンツを提示のために処理しているとき、メディアコンテンツのフィンガープリントを生成するように構成されることができる。したがって、フィンガープリント生成器は、受信機からメディア提示デバイスに到着している、および/またはメディア提示デバイスによって提示のために処理されているメディアコンテンツのコピーを入力として受信し、現在知られているかまたは後で開発される何らかのメディアフィンガープリンティングプロセスを適用して、メディアコンテンツのフィンガープリントを生成することができる。
【0034】
実際には、フィンガープリント生成器は、フレームごとの単位(たとえば、キーフレームごとの単位)または他の単位などで、そのようなフィンガープリントをフィンガープリントストリームとして継続的に生成するように構成されることができる。そして、メディア提示デバイスは、フィンガープリントを分析のためにネットワーク22を介してサーバ20に送信するように構成されることができる。例として、メディア提示デバイスは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの最新のフレーム、一連のフレームまたは他のセグメントもしくは部分を表すフィンガープリントをサーバに周期的にまたは時々送信するように構成されることができる。特に、メディア提示デバイスは、最新の生成されたフィンガープリントを搬送するメッセージを生成することができ、そのメッセージをサーバのIPアドレスに送信することができる。そのようなメッセージは、現在の時間を暗黙的または明示的に示すことができ、このようにして、当該のメディアコンテンツがメディア提示デバイスによってブロードキャストおよび/または表示されている時間を確定する。そして、サーバは、それにより、分析のためにフィンガープリントおよび時間情報を受信することができる。
【0035】
代替的に、サーバ自体または別のエンティティが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントを生成することを可能にするために、メディア提示デバイスは、同様に継続的にまたは他の単位で、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツに関する様々なデータをサーバに送信することができ、このようにしてサーバはそれを受信することができる。たとえば、メディア提示デバイスは、関連する時間情報をこの場合も暗黙的または明示的に示す、メディアコンテンツの個々のフレーム(たとえば、スナップショット)または他のセグメントなど、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの部分をサーバに送信することができる。そして、サーバは、現在知られているかまたは後で開発される何らかのメディアフィンガープリンティングプロセスを適用して、メディアコンテンツのフィンガープリントを分析のために生成することができ、そのフィンガープリントを、示された時間情報に関連付けることができる。
【0036】
上記で説明されたプロセスを通して、サーバは、次いで、現在知られているかまたは後で開発される何らかのデジタルフィンガープリント比較プロセスを使用して、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントを参照データ中の参照フィンガープリントと比較することができる。そして、上述されたように、サーバが、一致する参照フィンガープリントをそれにより発見した場合、サーバは、参照データが、一致する参照フィンガープリントとマッピングしているチャネルを決定することができ、決定されたチャネルが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを搬送するチャネルであると結論することができる。
【0037】
それにより当該のチャネルを決定することに応答して、サーバは、次いで、チャネルの決定に基づいて1つまたは複数のチャネル固有アクションを取るか、またはそれが取られることを引き起こすことができる。特に、サーバ自体が、チャネル決定に基づいてアクションを取ることができるか、またはサーバは、別のエンティティに、場合によってはメディア提示デバイスに信号を送って、チャネル決定に基づいてその別のエンティティにアクションを取らせることができる。
【0038】
たとえば、サーバは、特定のチャネルがメディア提示デバイスによって提示されている程度を測定するためのチャネルレーティングまたは分析システムの一部として、メディア提示デバイスがその特定のチャネルのコンテンツを提示しているという事実を記録することができる。たとえば、メディア提示デバイスは、メディア提示デバイスが表示しているメディアコンテンツのフィンガープリントをサーバに定期的に(たとえば、周期的に)報告することができ、サーバは、表示されているチャネルを決定するために本明細書で説明されているプロセスなどのプロセスを行うことができる。サーバがこのようにしてチャネルが表示されていると決定するたびに、サーバは、そのチャネルが提示されている程度を示すデータとして、表示されているチャネルのカウントまたは他の統計値を加算することができる。さらに、これらのカウントまたは他の統計値はメディア提示デバイスが当該のチャネルを提示する程度を示して、(デバイス固有の閲覧分析として)メディア提示デバイスごとにあることができる。
【0039】
別の例として、サーバは、場合によってはメディアコンテンツの1つまたは複数の部分のための差し替えとして、可能性の中でも、上記で説明されたポップアップ広告、コマーシャルブレーク、またはチャネル識別など、補助コンテンツをメディア提示デバイスが提示することを応答的に引き起こすことができる。たとえば、当該のチャネルについての知識が与えられれば、サーバは、決定されたチャネルに特に関連付けられた(および場合によっては、特定のメディア提示デバイスに関連付けられたプロファイルデータ(たとえば、デバイス固有の閲覧分析)にさらに基づく)特定の補助メディアコンテンツを生成するかまたは(たとえば、サーバデータストレージから)選択することができ、メディア提示デバイスが受信機から受信しているメディアコンテンツとともにメディア提示デバイスが提示するために、その補助メディアコンテンツをメディア提示デバイスに送信することができる。メディア提示デバイスは、このようにして、サーバから補助メディアコンテンツを受信し、メディア提示デバイスが受信機から受信しているメディアコンテンツとともにその補助メディアコンテンツを提示することができる。
【0040】
実際には、このプロセスは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントをサーバがメディア提示デバイスからリアルタイムに受信することと、受信されたフィンガープリントが、サーバが既知のチャネル上で同時に受信している(かまたは同じ時間の間にスケジュールされた)メディアコンテンツの参照フィンガープリントに一致するとサーバが決定することとを含むことができる。
【0041】
しかしながら、場合によっては、メディア提示デバイスがメディアコンテンツを表示し、フィンガープリントにタイムスタンプを付けてそのフィンガープリントをサーバに送信するときと、サーバが既知のチャネル上でメディアコンテンツを受信し、場合によっては参照フィンガープリントにタイムスタンプが付けられているときとの間に時間差があることができる。サーバは、参照フィンガープリントのスライディングウィンドウにわたって受信されたフィンガープリントを比較することによってまたはその逆によって、この時間差を考慮することができる。さらに、サーバは、受信されたフィンガープリントと参照フィンガープリントとの間の決定された一致に応答してアクションを取るとき、この時間差を考慮することができる。たとえば、メディア提示デバイスが、コンテンツについてのサーバのタイムスタンプよりも十分早く(たとえば、数秒を超えてより早く)メディアコンテンツを受信した場合、サーバは、フィンガープリントの一致を依然として識別することができ、分析データを記録することができる。しかし、その時間差を検出したことに応答して、サーバは、メディア提示デバイスがユーザの視点からはあまりに遅れて(たとえば、同期から外れて)補助コンテンツを提示するという状況を回避するのを助けるために、関連する補助コンテンツをメディア提示デバイスに提示させるのを控えることができる。一方、サーバが、十分な時間期間の間フィンガープリント一致を検出し、かつ/または一致するコンテンツが続くと決定した場合、サーバは、そのような時間差に直面したときでも、補助コンテンツをメディア提示デバイスに提示させることができる。
【0042】
いずれの場合も、これらまたは他のそのようなプロセスを通して、ネットワークサーバまたは他のエンティティは、メディア提示デバイスがその上で当該のメディアコンテンツを受信しているチャネルを決定することができる。そして、エンティティがチャネルを決定すると、エンティティは、次いで、チャネル決定に基づいてアクションを取ることができる。代替的に、エンティティは、別のエンティティに、場合によっては元のメディア提示デバイスに信号を送って、チャネル決定に基づいてその別のエンティティにアクションを取らせることができる。他の例が同様に可能である。
【0043】
上記の議論に沿って、上述されたように参照データへのアクセスを有するサーバ20または他のエンティティは、場合によっては参照データの間で互いに一致しメディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントに一致する様々な参照フィンガープリントを検出することによって、複数一致のシナリオを識別するように構成されることができる。
【0044】
一実装形態では、たとえば、サーバは、互いに一致する参照フィンガープリントを発見しようとして、何らかの現在知られているかまたは後で開発されるメディアフィンガープリント一致プロセスを使用して参照データ中の参照フィンガープリントのペアを比較して、複数一致のシナリオを探し求めて参照データを定期的に分析することができる。参照フィンガープリントのうちの少なくとも2つのそのような一致の各々を発見すると、サーバは、次いで、参照フィンガープリントに、複数一致グループであるものとしてフラグ付けすることができる。そのようなフラグは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、フラグ付けされた複数一致グループ中の参照フィンガープリントのいずれかに一致する場合、潜在的なあいまいさがあることを示すことができる。サーバは、様々な方法で参照フィンガープリントに複数一致グループであるものとしてフラグ付けすることができる。たとえば、サーバは、参照フィンガープリントが複数一致グループのメンバーであることを示すために、参照データ中の複数一致グループの参照フィンガープリントを相互参照することができる。代替的に、サーバは、参照フィンガープリントの単一コピーを記憶し、そのコピーを、参照フィンガープリントによって表されるメディアコンテンツがその上で搬送される様々なチャネルに関連付け、各チャネルについて、そのチャネル上のブロードキャストの関連する時間、ならびに他の情報を示すことができる。
【0045】
この実装形態では、サーバが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントをメディア提示デバイスから受信し、サーバが、受信されたフィンガープリントが参照フィンガープリントに一致すると決定したとき、サーバは、次いで、複数一致の状況が存在するかどうかを参照データから容易に決定することができる。一致する参照フィンガープリントが、複数一致グループのメンバーであるものとしてフラグ付けされていない場合、サーバは、(複数一致の状況ではなく)単一一致の状況が存在すると結論することができ、その場合、上記で説明されたように、サーバは、次いで、一致する参照フィンガープリントに関連するチャネルを参照データから容易に決定することができ、それが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを搬送するチャネルであると結論することができる。他方では、一致する参照フィンガープリントが、複数一致グループのメンバーであるものとしてフラグ付けされている場合、サーバは、(単一一致の状況ではなく)複数一致の状況が存在すると結論することができ、その場合、サーバは、複数一致グループの参照フィンガープリントに関連するものの中から当該のチャネルを識別するのを助けるために曖昧性排除プロセスを実施する必要があることができる。
【0046】
代替的に、別の実装形態では、サーバは、サーバがメディア提示デバイスからフィンガープリントを受信したときに複数一致グループを識別することができる。たとえば、サーバがメディア提示デバイスからフィンガープリントを受信したとき(たとえば、受信すると)、サーバは、受信されたフィンガープリントを参照データ中の参照フィンガープリントのすべてと比較することができる。サーバが、それにより受信されたフィンガープリントが参照フィンガープリントのうちのただ1つに一致することを検出した場合、サーバは、(複数一致の状況ではなく)単一一致の状況が存在すると結論することができ、その場合、サーバは、次いで、一致する参照フィンガープリントに関連するチャネルを参照データから容易に決定することができ、それが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを搬送するチャネルであると結論することができる。他方では、サーバが、受信されたフィンガープリントが参照フィンガープリントのうちの2つ以上に一致することを検出した場合、サーバは、(単一一致の状況ではなく)複数一致の状況が存在すると結論することができ、その場合、サーバは、複数一致グループの参照フィンガープリントに関連するものの中から当該のチャネルを識別するのを助けるために曖昧性排除プロセスを実施する必要があることができる。
【0047】
上述されたように、この分析を行うサーバまたは他のエンティティは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、複数のチャネルと対応する複数の参照フィンガープリントに一致することを検出したとき、このエンティティは、複数一致グループに関連するチャネルのうちのどれが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを搬送する実際のチャネルであるかを決定するのを助けるために、曖昧性排除プロセスを適用することができる。
【0048】
さらに、本開示によれば、そのようなコンテキスト情報の有用な一例は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間である。特に、それは、同じメディアコンテンツが、チャネルごとに異なる日付においておよび/または異なる番組編成時間セグメント(たとえば、番組編成時間の異なる半時間または1時間ブロック)中になど、各チャネル上で異なる時間において複数のチャネル上にブロードキャストされる場合であることができる。その場合、複数一致グループ中の2つ以上の参照フィンガープリントの各々は、ブロードキャストのそれぞれの時間(参照フィンガープリントによって表されるメディアコンテンツが、関連するチャネル上でブロードキャストされるかまたはブロードキャストされるようにスケジュールされた関連する時間)を有することができ、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間についての知識は、次いで、2つ以上の一致する参照フィンガープリントの間で曖昧性を排除するための基礎として(単独でまたは1つもしくは複数の他のファクタと組み合わせて)使用されることができる。
【0049】
実際にこれを可能にするために、メディア提示デバイスが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントをサーバに送信する(または、サーバがそのようなフィンガープリントを生成することを可能にするためにメディアコンテンツもしくは関連するデータをサーバに送信する)とき、メディア提示デバイスは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものをもサーバに暗黙的または明示的に提供することができる。ここで、ブロードキャストの時間は、メディア提示デバイスがメディアコンテンツを受信し提示のために表示する時間として定義されることができ、したがって、メディア提示デバイスがチャネル識別を可能にするために実質的にリアルタイムにサーバと対話するシナリオでは、現在の時間であることができる。(これは、メディアコンテンツを再生のためにメディア提示デバイスに提供している受信機または他のソースがメディアコンテンツを時間シフトしていないシナリオでは最もうまく動作するはずである。)そして、上述されたように、当該の時間は、日付および時刻、場合によっては時間の範囲であることができる。
【0050】
メディア提示デバイスは、単にそのときにフィンガープリント(または関連するデータ)をサーバに送信することによって、時間のこの示すものをサーバに暗黙的に通信し、サーバは、現在の時間(たとえば、メディア提示デバイスからのフィンガープリントの受信の時間)を、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツの時間ブロードキャストを表すものとして扱うことができる。代替的に、メディア提示デバイスは、タイムスタンプなどを生成し、場合によってはフィンガープリントデータを含むヘッダメタデータとして、サーバへのそれの送信中に含めることによって、時間のこの示すものをサーバに明示的に通信することができる。
【0051】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間についての知識が与えられれば、サーバは、複数一致のシナリオを解決するための基礎としてブロードキャストのその時間を使用することができる。特に、サーバは、ブロードキャストの一致する時間を有する複数一致グループメンバーを発見しようとして、または場合によってはブロードキャストの一致する時間を有しない複数一致グループメンバーを少なくとも考慮から排除しようとして、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を、参照データが複数一致グループのメンバーについてそれぞれ示すブロードキャストの時間と比較することができる。
【0052】
サーバは、様々な方法で、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を、参照フィンガープリントに関連するブロードキャストの時間と比較することができる。たとえば、サーバは、互いに対していくぶん時間シフトされていてもよいが、互いの5、10または15分以内にあるか、またはブロードキャストが一致するという結論を無理なくサポートすることができる別の定義された許容差内にあるかなど、ブロードキャストの時間が、しきい値であるかまたは互いに実質的に近いかどうかを決定することができる。そして、別の例として、ブロードキャストの時間のうちの1つが時間の範囲である場合、サーバは、ブロードキャストの時間が一致することを示すものとして、ブロードキャストの他の時間がその範囲内に入るかどうかを決定することができる。他の例が同様に可能である。
【0053】
この分析を通して、サーバは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、複数一致グループの参照フィンガープリントのうちのただ1つに関連するブロードキャストの時間に一致すると決定し、それにより、その1つの参照フィンガープリントに関連するチャネルが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツがその上に到着しているチャネルであることを確定することができる。代替的に、サーバは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、複数一致グループの参照フィンガープリントのうちの1つまたは複数に関連するブロードキャストの時間に一致しないと少なくとも決定し、それにより、考慮からそのような参照フィンガープリントの各々を少なくとも排除することができる。
【0054】
例として、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツが、それぞれ、3つのチャネルA、B、およびC上で、別個の時間TA、TB、およびTCにおけるブロードキャストのためにスケジュールされ、参照データが、したがって、それらの時間においてそれらのチャネル上でスケジュールされているそれらのブロードキャストに基づいて、3つの一致する参照フィンガープリントFPA、FPB、およびFPCを含むシナリオを検討されたい。特に、参照データは、参照フィンガープリントFPAを、時間TAにおいてスケジュールされたブロードキャストのためにチャネルAに関連付けることができ、参照データは、参照フィンガープリントFPBを、時間TBにおいてスケジュールされたブロードキャストのためにチャネルBに関連付けることができ、参照データは、参照フィンガープリントFPCを、時間TCにおいてスケジュールされたブロードキャストのためにチャネルCに関連付けることができる。
【0055】
この例では、サーバは、時間TA(たとえば、現在の時間)においてメディアコンテンツのフィンガープリントをメディア提示デバイスから受信することができ、サーバは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントFPA、FPB、およびFPCに一致すると決定することによって、複数一致の状況を検出することができる。さらに、サーバは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間、すなわち、時間TAが、参照フィンガープリントFPAだけに関連するブロードキャストの時間に一致すると決定することによって、その複数一致の状況を解決することができる。これを仮定すれば、サーバは、参照フィンガープリントFPAに関連するチャネル、すなわち、チャネルAが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツがその上に到着しているチャネルであると無理なく結論して、それに応じてチャネル固有アクションを取ることを可能にすることができる。
【0056】
別の例として、時間TAにおいてメディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツが、チャネルAおよびB上で現在ブロードキャストされており、また、異なる時間TBにおいてチャネルC上でのブロードキャストのためにスケジュールされたシナリオを検討されたい。このシナリオでは、参照データは、3つの一致する参照フィンガープリントFPA、FPB、およびFPCをこの場合も含むことができ、(i)参照フィンガープリントFPAおよびFPBは、既知のチャネルAおよびB上に現在到着しているメディアコンテンツについてのサーバの評価に基づき、各々は関連するブロードキャスト時間TAを有し、(ii)参照フィンガープリントFPCは、時間TBにおけるチャネルC上のブロードキャストのスケジューリングに基づく。
【0057】
この例では、サーバは、時間TA(たとえば、現在の時間)においてメディアコンテンツのフィンガープリントをメディア提示デバイスから受信することができ、サーバは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが、異なるチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントFPA、FPB、およびFPCに一致すると決定することによって、複数一致の状況を同様に検出することができる。
さらに、サーバは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、参照フィンガープリントFPCのブロードキャストの時間に一致しないと決定することができ、したがって、サーバは、参照フィンガープリントFPCに関連するチャネルが、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツがその上に到着しているチャネルでないと無理なく結論することができる。このプロセスを通して、サーバは、参照フィンガープリントFPCの考慮を排除して、このようにしてそれの分析を有利に参照フィンガープリントFPAおよびFPCに集中させることができる。そして、サーバは、メディア提示デバイスのロケーションおよび/またはチャネル固有コンテンツのフィンガープリント分析など、1つまたは複数の追加のファクタに基づいて、参照フィンガープリントFPAと参照フィンガープリントFPCとの間で曖昧性を排除するように動作することができる。他の例が同様に可能である。
【0058】
本明細書の説明では、サーバ20が複数一致の状況を識別し、次いでコンテキストの考慮に基づいて曖昧性を排除することに主に焦点を当てているが、説明される動作の一部または全部は、サーバの代わりにまたはそれと協働して、1つまたは複数の他のエンティティによって代替的に行われることができることに留意されたい。
【0059】
たとえば、動作のうちの1つまたは複数は、メディア提示デバイス自体によって行われるか、またはメディア提示デバイスとローカル通信している補助システムによって行われることができる。例として、メディア提示デバイス自体は、上記で説明された参照データのような参照データを供給されるかまたはそれへのアクセスを有することができ、メディア提示デバイスは、複数一致の状況を識別し、曖昧性を排除し、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを提供するチャネルを識別するために、参照データをそれ自体で参照することができる。さらに、効率のために、メディア提示デバイスは、クエリフィンガープリントに一致するチャネルのグループに特に関する参照データのセットを(たとえば、それらのチャネルに関与する複数一致の状況をサーバが検出したことに応答して)提供されることができ、メディア提示デバイスは、次いで、そのような参照データとその後に導出されるクエリフィンガープリントとの間の比較を行うことによって曖昧性排除をそれ自体で実施することができる。またさらに、メディア提示デバイスは、次いで、チャネル固有コンテンツを提示すること、チャネル提示を記録することなど、チャネル固有アクションをそれ自体で取ることができるか、またはそのようなアクションを1つもしくは複数の他のエンティティに取らせることができる。
【0060】
図3は、今度は、上記の説明に沿って行われることができる方法を示すフローチャートである。図3によって示されている方法における動作のうちの1つまたは複数は、限定はしないが、ネットワークサーバ、メディア提示デバイス、および/またはこれらもしくは他のエンティティのためにもしくはそれらと協働して動作する1つもしくは複数のエンティティを含む、1つまたは複数のエンティティによって行われることができる。いかなるそのようなエンティティも、方法動作のうちの1つまたは複数を行うように構成された、プログラムされた処理ユニットなどのコンピューティングシステムを具備することができる。さらに、非一時的データストレージ(たとえば、ディスクストレージ、フラッシュストレージ、または他のコンピュータ可読媒体)は、様々な図示された動作を行うように処理ユニットによって実行可能な命令を記憶していることがある。
【0061】
図3に示されているように、ブロック30において、本方法は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツ(たとえば、ビデオコンテンツおよび/またはオーディオコンテンツ)のフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するとコンピューティングシステムが決定することを含む。ブロック32において、本方法は、次いで、フィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することに応答して、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているかを決定するために、メディア提示デバイス表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することを含む。およびブロック34において、本方法は、決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることを含む。
【0062】
上記の説明によれば、コンピューティングシステムはメディア提示デバイス以外のエンティティであることができ、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントは、メディア提示デバイスによって生成されることができる。本方法は、次いで、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントをコンピューティングシステムがメディア提示デバイスから受信することを含むことができる。
【0063】
さらに、上記で説明されたように、複数の参照フィンガープリントは、参照データ中の複数の参照フィンガープリントから選択されることができ、その場合、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することは、(i)メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントを参照データ中の複数の参照フィンガープリントと比較することと、(ii)比較することに基づいて、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することとを含むことができる。
【0064】
またさらに、上記で説明されたように、本方法は、複数の参照フィンガープリントを含む複数一致グループを検出しフラグ付けすることを含むことができ、その場合、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントが複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することは、フィンガープリントが、フラグ付けされた複数一致グループの参照フィンガープリントに一致すると決定することを含むことができる。
【0065】
さらに上記の説明によれば、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施する行為は、(i)メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を決定することと、(ii)一致する参照フィンガープリントのうちのどの1つが、メディア提示デバイスがその上でメディアコンテンツを受信しているチャネルと対応するかを決定するための基礎として、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの決定された時間を使用することとを含むことができる。
【0066】
さらに、上記で説明されたように、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を決定する行為は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものをメディア提示デバイスから暗黙的もしくは明示的に受信すること、および/または現在の時間(たとえば、メディア提示デバイスからのフィンガープリントの受信の時間)を、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間であると見なすことを含むことができる。
【0067】
さらに、上記で説明されたように、一致する参照フィンガープリントの各々は、ブロードキャストの対応する時間を有することができる。そして、一致する参照フィンガープリントのうちのどの1つが、メディア提示デバイスがその上でメディアコンテンツを受信しているチャネルと対応するかを決定するための基礎として、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの決定された時間を使用する行為は、(i)メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの決定された時間を、一致する参照フィンガープリントのブロードキャストの対応する時間の各々と比較することと、(ii)比較することに基づいて、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、1つの一致する参照フィンガープリントと対応するブロードキャストの時間だけに一致すると決定すること、および/または比較することに基づいて、(分析を集中させるのを助けるために)メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、一致する参照フィンガープリントのうちの別の1つに一致しないと決定することとを含むことができる。
【0068】
さらに、上記の説明によれば、決定されたチャネルに基づいてアクションを取る行為は、(i)メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることと、(ii)チャネルレーティングシステムにおける使用のために決定されたチャネルの提示を記録することとからなる群から選択されたアクションを含む。
【0069】
図4は、次に、上述されたエンティティなどの1つまたは複数のエンティティによって同様に、および上記で説明された様々な特徴と組み合わせて、上記の説明に沿って行われることができる動作を示す別のフローチャートである。
【0070】
図4に示されているように、ブロック40において、本方法は、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツ(たとえば、ビデオおよび/またはオーディオコンテンツ)のフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致するとコンピューティングシステムが決定することを含み、複数の参照フィンガープリントの一致する参照フィンガープリントの各々は、ブロードキャストの対応する時間を有する。さらに、ブロック42において(場合によってはブロック40と併せて)、本方法は、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているかをコンピューティングシステムが決定することを含み、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているかを決定することは、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間が、一致する参照フィンガープリントのうちのただ1つのブロードキャストの対応する時間に一致すると決定することに少なくとも基づき、決定されたチャネルは、1つの一致する参照フィンガープリントと対応するチャネルである。そして、ブロック44において、本方法は、チャネルを決定することに基づいて(たとえば、上記で説明された)アクションを取ることを含む。
【0071】
図5は、今度は、本開示に従って動作可能な例示的なシステムの簡略ブロック図である。このシステムは、上記で説明されたネットワークサーバ、および/または(場合によってはメディア提示デバイスを含む)1つまたは複数の他のエンティティを表すことができる。図5に示されているように、例示的なシステムは、ネットワーク通信インターフェース50と、処理ユニット52と、非一時的データストレージ54とを含み、それらのいずれかまたはすべては、一緒に統合されるか、または図示のように、システムバス、ネットワーク、もしくは他の接続機構56によって互いに通信可能にリンクされることができる。
【0072】
ネットワーク通信インターフェース50は、上記で説明されたネットワーク22などのネットワーク上で通信を可能にするために、および/または1つもしくは複数の他のローカルもしくはリモートエンティティとの直接もしくはネットワーク化通信に関与するために、1つまたは複数の物理的ネットワーク接続機構を備えることができる。したがって、ネットワーク通信インターフェースは、IP通信および/または他のタイプのネットワーク通信に関与するために、ワイヤレスもしくはワイヤードイーサネット(登録商標)インターフェースまたは他のタイプのネットワークインターフェースを備えることができる。
【0073】
処理ユニット52は、その上、1つもしくは複数の汎用プロセッサ(たとえば、マイクロプロセッサ)および/または1つもしくは複数の専用プロセッサ(たとえば、特定用途向け集積回路)を備えることができる。そして、非一時的データストレージ54は、光学、磁気、またはフラッシュストレージなど、1つまたは複数の揮発性および/または不揮発性ストレージ構成要素を備えることができる。
【0074】
図示のように、データストレージ54は、その上、本明細書で説明される様々な動作を行うように処理ユニット52によって実行可能であることができるプログラム命令58を記憶する。たとえば、プログラム命令は、(i)メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントと、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものとを、ネットワーク通信インターフェースを介してメディア提示デバイスから受信し、(ii)受信されたフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定し、(iii)受信されたフィンガープリントが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する複数の参照フィンガープリントに一致すると決定することに応答して、メディア提示デバイスがどのチャネル上でメディアコンテンツを受信しているかを決定するために、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施し、(iv)決定されたチャネルに基づいてアクションを取るように実行可能であることができる。上記で説明された様々な特徴は、このコンテキストにおいて同様に適用されることができる。
【0075】
最後に、図6は、本開示に従って動作可能な例示的なメディア提示デバイスの簡略ブロック図である。上記の説明に沿って、このメディア提示デバイスは様々な形態を取ることができる。たとえば、それは、テレビジョン、コンピュータモニタ、もしくはビデオコンテンツを受信し表示するように動作する他のデバイスであることができ、および/またはそれは、ラウドスピーカー、ヘッドフォンのペア、もしくはオーディオコンテンツを受信し表示するように動作する他のデバイスであることができる。多数の他の例が同様に可能である。
【0076】
図6に示されているように、例示的なメディア提示デバイスは、メディア入力インターフェース60と、メディア提示インターフェース62と、ネットワーク通信インターフェース64と、処理ユニット66と、非一時的データストレージ68とを含み、それらのいずれかまたはすべては、一緒に統合されるか、または図示のように、システムバス、ネットワーク、もしくは他の接続機構70によって互いに通信可能にリンクされることができる。
【0077】
メディア入力インターフェース60は、メディア提示デバイスによって提示されるメディアコンテンツを受信するための物理的通信インターフェースを備えることができる。したがって、メディア入力インターフェースは、受信機または他のデバイスもしくはシステムとの通信を確立し、それらからアナログまたはデジタル形式でメディアコンテンツを受信するために、1つまたは複数のワイヤードおよび/またはワイヤレスインターフェースを含むことができる。たとえば、メディア入力インターフェースは、数多くの中でも、DVI、HDMI(登録商標)、VGA、USB、BLUETOOTH(登録商標)、WIFIなどのプロトコルに準拠する1つまたは複数のインターフェースを含むことができる。
【0078】
メディア提示インターフェース62は、さらに、受信されたメディアコンテンツの提示を可能にするための1つまたは複数の構成要素を備えることができる。例として、メディア提示インターフェースは、ディスプレイスクリーンおよび/またはラウドスピーカーなどのユーザインターフェース、ならびに、そのユーザインターフェース上でコンテンツの提示を可能にするために、受信されたメディアコンテンツを処理するための1つまたは複数のドライバまたは他の構成要素を備えることができる。
【0079】
ネットワーク通信インターフェース64は、上記で説明されたネットワーク22などのネットワーク上で通信を可能にするために、および/または1つもしくは複数の他のローカルもしくはリモートエンティティとの直接もしくはネットワーク化通信に関与するために、物理的ネットワーク接続機構を備えることができる。したがって、ネットワーク通信インターフェースは、IP通信および/または他のタイプのネットワーク通信に関与するために、ワイヤレスもしくはワイヤードイーサネット(登録商標)インターフェースまたは他のタイプのネットワークインターフェースを備えることができる。
【0080】
処理ユニット66は、その上、1つもしくは複数の汎用プロセッサ(たとえば、マイクロプロセッサ)および/または1つもしくは複数の専用プロセッサ(たとえば、特定用途向け集積回路)を備えることができる。そして、非一時的データストレージ68は、光学、磁気、またはフラッシュストレージなど、1つまたは複数の揮発性および/または不揮発性ストレージ構成要素を備えることができる。さらに、図示のように、データストレージ68は、ここで説明される様々な動作を行うように処理ユニット66によって実行可能であることができるプログラム命令72を記憶する。たとえば、プログラム命令は、メディア入力インターフェース60において受信されているおよび/またはメディア提示インターフェースにおいて処理されているメディアコンテンツの分析に基づいて、メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツのフィンガープリントを継続的に生成し、本明細書で説明されるようにチャネル識別を可能にするために生成されたフィンガープリントを継続的に提供するように実行可能であることができる。
【0081】
例示的な実施形態について上記で説明された。しかしながら、当業者は、本発明の真の範囲および趣旨から逸脱することなくこれらの実施形態に変更および修正が行われることができることを理解されよう。
【図1】
【図2】
【図3】
【図4】
【図5】
【図6】
【手続補正書】
【提出日】20190422
【手続補正1】
【補正対象書類名】特許請求の範囲
【補正対象項目名】全文
【補正方法】変更
【補正の内容】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを表すフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致することをコンピューティングシステムによって検出することと、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致することを検出することに応答して、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて暖昧性排除を実施することと、
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることと
を含む方法。
【請求項2】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータを前記メディア提示デバイスから前記コンピューティングシステムによって受信することをさらに含む、請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記参照フィンガープリントデータのインスタンスが、参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスから選択され、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータを前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスと比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの前記フィンガープリントデータが前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することと
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスを含む複数一致グループを検出しフラグ付けすることをさらに含み、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが、前記フラグ付けされた複数一致グループの前記参照フィンガープリントデータのインスタンスに一致すると決定することを含む、請求項3に記載の方法。
【請求項5】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することと、
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することと
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項6】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することが、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を示すものを前記メディア提示デバイスから明示的または暗黙的に受信することを含む、請求項5に記載の方法。
【請求項7】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することが、現在の時間を、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間であるものと見なすことを含む、請求項5に記載の方法。
【請求項8】
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々とそれぞれ対応するブロードキャストの前記時間と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記1つの一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスと対応するブロードキャストの前記時間だけに一致すると決定することと
を含む、請求項5に記載の方法。
【請求項9】
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、各一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスとそれぞれ対応するブロードキャストの前記時間の各々と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちの別の1つに一致しないと決定することと
を含む、請求項5に記載の方法。
【請求項10】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項11】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの所定の部分を広告に差し替えることを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項12】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項13】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを表すフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致するとコンピューティングシステムによって決定することであって、一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有する、ことと、
前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを前記コンピューティングシステムによって決定することであって、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定することは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間が、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのただ1つのブロードキャストの前記対応する時間に一致すると決定することに少なくとも基づき、前記決定されたチャネルが、前記1つの一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスと対応する前記チャネルである、ことと、
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることと
を含む方法。
【請求項14】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項15】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの所定の部分を広告に差し替えることを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項16】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項17】
ネットワーク通信インターフェースと、
処理ユニットと、
非一時的データストレージと、
前記非一時的データストレージに記憶されたプログラム命令と
を備えるシステムであって、前記プログラム命令は、
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを表すフィンガープリントデータと、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものとを、前記ネットワーク通信インターフェースを介して前記メディア提示デバイスから受信することと、
前記受信されたフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することと、
前記受信されたフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することに応答して、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて暖昧性排除を実施することと、
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることと
を含む動作を行うように前記処理ユニットによって実行可能である、システム。
【請求項18】
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて暖昧性排除を実施することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々にそれぞれ対応するブロードキャストの前記時間と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちの1つと対応するブロードキャストの前記時間だけに一致すると決定し、前記1つの一致するフィンガープリントデータのインスタンスと対応する前記チャネルを前記決定されたチャネルであると見なすことと
を含む、請求項17に記載のシステム。
【請求項19】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることを含む、請求項17に記載のシステム。
【請求項20】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの所定の部分を広告に差し替えることを含む、請求項17に記載のシステム。
【手続補正書】
【提出日】20190705
【手続補正1】
【補正対象書類名】特許請求の範囲
【補正対象項目名】全文
【補正方法】変更
【補正の内容】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを表すフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致することをコンピューティングシステムによって決定することと、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致することを決定することに応答して、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間に少なくとも部分的に基づいて暖昧性排除を実施することと、
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることと
を含む方法。
【請求項2】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータを前記メディア提示デバイスから前記コンピューティングシステムによって受信することをさらに含む、請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記参照フィンガープリントデータのインスタンスが、参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスから選択され、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータを前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスと比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの前記フィンガープリントデータが前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することと
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスを含む複数一致グループを検出しフラグ付けすることをさらに含み、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツを表す前記フィンガープリントデータが、前記フラグ付けされた複数一致グループの前記参照フィンガープリントデータのインスタンスに一致すると決定することを含む、請求項3に記載の方法。
【請求項5】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて曖昧性排除を実施することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することと、
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することと
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項6】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することが、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を示すものを前記メディア提示デバイスから明示的または暗黙的に受信することを含む、請求項5に記載の方法。
【請求項7】
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間を決定することが、現在の時間を、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間であるものと見なすことを含む、請求項5に記載の方法。
【請求項8】
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々とそれぞれ対応するブロードキャストの前記時間と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記1つの一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスと対応するブロードキャストの前記時間だけに一致すると決定することと
を含む、請求項5に記載の方法。
【請求項9】
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのどの1つが、前記メディア提示デバイスがその上で前記メディアコンテンツを受信している前記チャネルと対応するかを決定するための基礎として、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を使用することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、各一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスとそれぞれ対応するブロードキャストの前記時間の各々と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちの別の1つに一致しないと決定することと
を含む、請求項5に記載の方法。
【請求項10】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項11】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの所定の部分を広告に差し替えることを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項12】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することを含む、請求項1に記載の方法。
【請求項13】
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを表すフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致するとコンピューティングシステムによって決定することであって、一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有する、ことと、
前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを前記コンピューティングシステムによって決定することであって、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定することは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間が、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちのただ1つのブロードキャストの前記対応する時間に一致すると決定することに少なくとも基づき、前記決定されたチャネルが、前記1つの一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスと対応する前記チャネルである、ことと、
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることと
を含む方法。
【請求項14】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項15】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの所定の部分を広告に差し替えることを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項16】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、チャネルレーティングシステムにおける使用のために前記決定されたチャネルの提示を記録することを含む、請求項13に記載の方法。
【請求項17】
ネットワーク通信インターフェースと、
処理ユニットと、
非一時的データストレージと、
前記非一時的データストレージに記憶されたプログラム命令と
を備えるシステムであって、前記プログラム命令は、
メディア提示デバイスによって表示されているメディアコンテンツを表すフィンガープリントデータと、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの時間を示すものとを、前記ネットワーク通信インターフェースを介して前記メディア提示デバイスから受信することと、
前記受信されたフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することと、
前記受信されたフィンガープリントデータが、異なるそれぞれのチャネルとそれぞれ対応する前記参照フィンガープリントデータの複数のインスタンスに一致すると決定することに応答して、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて暖昧性排除を実施することと、
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることと
を含む動作を行うように前記処理ユニットによって実行可能である、システム。
【請求項18】
前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々が、ブロードキャストの対応する時間を有し、前記メディア提示デバイスがどのチャネル上で前記メディアコンテンツを受信しているかを決定するために、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間に少なくとも部分的に基づいて暖昧性排除を実施することは、
前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記決定された時間を、一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスの各々にそれぞれ対応するブロードキャストの前記時間と比較することと、
前記比較することに基づいて、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツのブロードキャストの前記時間が、前記一致する参照フィンガープリントデータのインスタンスのうちの1つと対応するブロードキャストの前記時間だけに一致すると決定し、前記1つの一致するフィンガープリントデータのインスタンスと対応する前記チャネルを前記決定されたチャネルであると見なすことと
を含む、請求項17に記載のシステム。
【請求項19】
前記決定されたチャネルに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツとともに補助チャネル固有コンテンツが提示させられることを含む、請求項17に記載のシステム。
【請求項20】
前記チャネルを前記決定することに基づいてアクションを取ることは、前記メディア提示デバイスによって表示されている前記メディアコンテンツの所定の部分を広告に差し替えることを含む、請求項17に記載のシステム。
【外国語明細書】
2019146168000001.pdf