(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】2019146240
(43)【公開日】20190829
(54)【発明の名称】ページング最適化方法、装置およびシステム
(51)【国際特許分類】
   H04W 68/00 20090101AFI20190802BHJP
   H04W 4/70 20180101ALI20190802BHJP
   H04W 72/04 20090101ALI20190802BHJP
【FI】
   !H04W68/00
   !H04W4/70
   !H04W72/04 136
【審査請求】有
【請求項の数】36
【出願形態】OL
【外国語出願】
【全頁数】64
(21)【出願番号】2019079584
(22)【出願日】20190418
(62)【分割の表示】2017080719の分割
【原出願日】20130227
【公序良俗違反の表示】
(特許庁注:以下のものは登録商標)
1.WCDMA
(71)【出願人】
【識別番号】503433420
【氏名又は名称】華為技術有限公司
【氏名又は名称原語表記】HUAWEI TECHNOLOGIES CO.,LTD.
【住所又は居所】中華人民共和国 518129 広東省深▲チェン▼市龍崗区坂田 華為総部▲ベン▼公楼
【住所又は居所原語表記】Huawei Administration Building, Bantian, Longgang District, Shenzhen, Guangdong 518129, P.R. China
(74)【代理人】
【識別番号】100107766
【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 忠重
(74)【代理人】
【識別番号】100070150
【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 忠彦
(74)【代理人】
【識別番号】100091214
【弁理士】
【氏名又は名称】大貫 進介
(72)【発明者】
【氏名】余 政
【住所又は居所】中国518129▲広▼▲東▼省深▲チェン▼市▲龍▼▲崗▼区坂田▲華▼▲為▼▲総▼部▲辧▼公楼
(72)【発明者】
【氏名】南 方
【住所又は居所】中国518129▲広▼▲東▼省深▲チェン▼市▲龍▼▲崗▼区坂田▲華▼▲為▼▲総▼部▲辧▼公楼
【テーマコード(参考)】
5K067
【Fターム(参考)】
5K067AA21
5K067BB27
5K067DD13
5K067DD17
5K067DD43
5K067DD44
5K067EE02
5K067EE10
5K067FF07
5K067FF13
(57)【要約】
【課題】本発明の実施形態は、通信分野に関し、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることを保証するために、ページング最適化方法、装置およびシステムを開示する。
【解決手段】具体的な構成は、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信し、第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられ、また、第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する。本発明はページング最適化プロセスに用いられる。
【選択図】図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するステップであって、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられる、ステップと、
前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップと、
を有する、ページング最適化方法。
【請求項2】
前記第1のページングメッセージは、前記端末のチャネル損失情報を含み、または、
前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するステップ、
を有する、請求項1に記載のページング最適化方法。
【請求項3】
コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信する前記ステップの前に、
前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するステップと、
前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するステップと、
を更に有する、請求項2に記載のページング最適化方法。
【請求項4】
前記端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するか、または、前記端末によって送信されるチャネル損失情報および前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のS−TMSIを受信するステップと、
前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報と関連付けて保存するステップと、
を更に有する、請求項1に記載のページング最適化方法。
【請求項5】
前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するステップ、
を有する、請求項4に記載のページング最適化方法。
【請求項6】
前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前記ステップは、
前記端末の前記チャネル損失情報に従って、伝送パラメータを決定するステップと、
前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップと、
を有する、請求項2乃至5のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項7】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項1乃至6のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項8】
前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む、
請求項1乃至7のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項9】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項1乃至8のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項10】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項1乃至9のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項11】
端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するステップ、および、
前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するステップであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、ステップ、または、
第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信するステップであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、ステップ、
を有する、ページング最適化方法。
【請求項12】
前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記アクセスネットワークノードに送信し、前記端末の前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信するステップであって、それにより、前記アクセスネットワークデバイスが、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする、ステップ、
を更に有する、請求項11に記載のページング最適化方法。
【請求項13】
端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記端末の前記チャネル損失情報を受信するステップと、
前記端末の前記チャネル損失情報を、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIに関連付けて保存するステップと、
を有する、請求項11または12に記載のページング最適化方法。
【請求項14】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項11乃至13のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項15】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項11乃至14のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項16】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項11乃至15のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項17】
端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するステップと、
前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するステップと、
前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するステップと、
を有する、ページング最適化方法。
【請求項18】
前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するステップであって、前記設定された条件は、前記チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む、ステップ、
を有する、請求項17に記載のページング最適化方法。
【請求項19】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項17または18に記載のページング最適化方法。
【請求項20】
前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号と、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む、
請求項17乃至19のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項21】
前記チャネル損失情報は、前記チャネル損失の前記値または前記チャネル損失の前記値の範囲または前記チャネル損失の前記値の範囲インデックスを含む、
請求項17乃至20のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項22】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項17乃至21のいずれか一項に記載のページング最適化方法。
【請求項23】
コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成される第1の受信ユニットであって、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられる、第1の受信ユニットと、
前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される第1の送信ユニットと、
を備えるアクセスネットワークノード。
【請求項24】
前記第1のページングメッセージは、前記端末のチャネル損失情報を含み、または、
前記アクセスネットワークノードは更に、
前記第1の送信ユニットが前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前に、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するように構成される第2の受信ユニット、
を備える、請求項23に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項25】
前記第1の受信ユニットが前記コアネットワークノードによって送信される前記第1のページングメッセージを受信する前に、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するように構成される第3の受信ユニットと、
前記第3の受信ユニットによって受信された前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するように構成される第2の送信ユニットと、
を更に備える、請求項24に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項26】
前記端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するか、または、前記端末によって送信されるチャネル損失情報および前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のS−TMSIを受信するように構成される第4の受信ユニットと、
前記第4の受信ユニットによって受信された前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報と関連付けて保存するように構成される記憶部と、
を更に備える、請求項23に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項27】
前記第1の送信ユニットが前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前に、前記端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、前記端末の前記チャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される決定ユニット、
を更に備える、請求項26に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項28】
前記第1の送信ユニットは、
前記端末の前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される決定モジュールと、
前記決定モジュールによって決定された前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される送信モジュールと、
を有する、請求項23乃至27のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項29】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項23乃至28のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項30】
前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む、
請求項23乃至29のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項31】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項23乃至30のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項32】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項23乃至31のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項33】
端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される決定ユニット、および、
前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するように構成される第1の送信ユニットであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、第1の送信ユニット、または、
第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信するように構成される第2の送信ユニットであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、第2の送信ユニット、
を備えるコアネットワークノード。
【請求項34】
前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記アクセスネットワークノードに送信し、前記端末の前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信するように構成される第3の送信ユニットであって、それにより、前記アクセスネットワークデバイスが、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする、第3の送信ユニット、
を更に備える、請求項33に記載のコアネットワークノード。
【請求項35】
前記決定ユニットが端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する前に、前記端末の前記チャネル損失情報を受信するように構成される受信ユニットと、
前記受信ユニットによって受信された前記端末の前記チャネル損失情報を、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIに関連付けて保存するように構成される記憶部と、
を更に備える、請求項33または34に記載のコアネットワークノード。
【請求項36】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージが、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項33乃至35のいずれか一項に記載のコアネットワークノード。
【請求項37】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項33乃至36のいずれか一項に記載のコアネットワークノード。
【請求項38】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項33乃至37のいずれか一項に記載のコアネットワークノード。
【請求項39】
端末であって、
前記端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するように構成される第1の決定ユニットと、
前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される送信・決定ユニットと、
前記送信・決定ユニットによって決定された前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される受信ユニットと、
を備える端末。
【請求項40】
前記送信・決定ユニットが前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または前記一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って前記伝送パラメータを決定する前に、前記チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するように構成される第2の決定ユニットであって、前記設定された条件は、前記チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む、第2の決定ユニット、
を更に備える、請求項39に記載の端末。
【請求項41】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の情報、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項39または40に記載の端末。
【請求項42】
前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む、
請求項39乃至41のいずれか一項に記載の端末。
【請求項43】
前記チャネル損失情報は、前記チャネル損失の前記値または前記チャネル損失の前記値の範囲または前記チャネル損失の前記値の範囲インデックスを含む、
請求項39乃至42のいずれか一項に記載の端末。
【請求項44】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項39乃至43のいずれか一項に記載の端末。
【請求項45】
少なくとも1つのプロセッサ、受信部および送信部を備えるアクセスネットワークノードであって、
前記受信部は、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成され、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられ、
前記プロセッサは、前記受信部によって受信された前記第1のページングメッセージを処理し、前記送信部をトリガして前記第1のページングメッセージに応答させるように構成され、
前記送信部は、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される、
アクセスネットワークノード。
【請求項46】
前記第1のページングメッセージは、前記端末のチャネル損失情報を含み、または、
前記受信部は更に、前記送信部が前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前に、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するように構成される、
請求項45に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項47】
前記受信部は更に、前記コアネットワークノードによって送信された前記第1のページングメッセージを受信する前に、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するように構成され、
前記送信部は更に、前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するように構成される、
請求項46に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項48】
前記アクセスネットワークノードは更にメモリを備え、
前記受信部は更に、前記端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するか、または、前記端末によって送信されるチャネル損失情報および前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のS−TMSIを受信するように構成され、
前記メモリは、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存するように構成される、
請求項45に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項49】
前記プロセッサは更に、前記受信部によって受信された前記第1のページングメッセージを処理し前記送信部をトリガして前記第1のページングメッセージに応答させる前に、前記端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、前記端末の前記チャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される、
請求項48に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項50】
前記プロセッサは更に、前記端末の前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成され、
前記送信部は更に、前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される、
請求項45乃至49のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項51】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項45乃至50のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項52】
前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む、
請求項45乃至51のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項53】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項45乃至52のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項54】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項45乃至53のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノード。
【請求項55】
少なくとも1つのプロセッサと送信部とを備えるコアネットワークノードであって、
前記プロセッサは、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成され、
前記送信部は、前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにし、
前記送信部は更に、第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、
コアネットワークノード。
【請求項56】
前記送信部は更に、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記アクセスネットワークノードに送信し、前記端末の前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする、
請求項55に記載のコアネットワークノード。
【請求項57】
受信部およびメモリを更に備え、
前記受信部は、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定される前に、前記端末の前記チャネル損失情報を受信するように構成され、
前記メモリは、前記端末の前記チャネル損失情報を、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIに関連付けて保存するように構成される、
請求項55または56に記載のコアネットワークノード。
【請求項58】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項55乃至57のいずれか一項に記載のコアネットワークノード。
【請求項59】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項55乃至58のいずれか一項に記載のコアネットワークノード。
【請求項60】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項55乃至59のいずれか一項に記載のコアネットワークノード。
【請求項61】
少なくとも1つプロセッサ、受信部および送信部を備える端末であって、
前記プロセッサは、前記端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するように構成され、
前記プロセッサは更に、前記送信部をトリガして、前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信させ、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信させるように構成され、更に、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成され、
前記受信部は、前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される、
端末。
【請求項62】
前記プロセッサは更に、前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信する前に、前記チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するように構成され、前記設定された条件は、前記チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む、
請求項61に記載の端末。
【請求項63】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項61または62に記載の端末。
【請求項64】
前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む、
請求項61乃至63のいずれか一項に記載の端末。
【請求項65】
前記チャネル損失情報は、前記チャネル損失の前記値または前記チャネル損失の前記値の範囲または前記チャネル損失の前記値の範囲インデックスを含む、
請求項61乃至64のいずれか一項に記載の端末。
【請求項66】
前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む、
請求項61乃至65のいずれか一項に記載の端末。
【請求項67】
請求項23乃至32および請求項45乃至54のいずれか一項に記載のアクセスネットワークノードと、
請求項33乃至38および請求項55乃至60のいずれか一項に記載のコアネットワークノードと、
請求項39乃至44および請求項61乃至66のいずれか一項に記載の端末と、
を備えるページング最適化システム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は通信分野に関し、特に、ページング最適化方法、装置およびシステムに関する。
【背景技術】
【0002】
通信技術の発達に伴い、スマートグリッド、知的輸送、政府業務、スマートハウス等の複数の分野で、モノのインターネットが幅広く利用されている。現在、ロング・ターム・エボリューション(Long Term Evolution,LTE)ネットワークに低コストのマシン型通信ユーザーイクイップメント(Machine Type Communications User Equipment,MTC UE)が導入されており、MTC UEのためにLTEネットワークおよび無線インターフェースを拡張または最適化することが期待されている。MTC UEの重要な応用はスマートメーターであり、例えば、水、電気、ガス等の計量情報を自動的に読み取り、計量情報をデータセンターに報告することができる。しかしながら、このようなスマートメーターは一般に家の地下室に設置されたり、重金属ケースによって隔離されたりする。したがって、この場合、MTC UEと拡張NodeB(Evolved Node B,eNodeB)との間のパスロスは、一般のUEとeNodeBとの間のパスロスよりも深刻である。MTC UEとeNodeBとの間のパスロスが深刻である場合にも、MTC UEがeNodeBと正常に通信できるようにするために、オペレータは、LTEネットワークがMTC UEにサービスを提供しているときに、既存のLTEネットワークよりもカバレッジを20dB拡張することを提案する。
【0003】
既存のLTEネットワークでは、アイドル状態のUEについて、該UEが着信サービスを有する場合、または、アイドル状態または接続状態のUEについて、システムメッセージが変更される必要がある場合、または地震や津波の早期警戒や商用モバイルアラートが必要となる場合、ネットワークは対応するUEをページングする必要がある。ページングプロセスは一般に以下のようなものである。すなわち、UEとして機能するモビリティ管理エンティティ(Mobile Management Entity,MME)が、トラッキング領域内の全eNodeBにページングメッセージを送信する。MMEによって送信されたページングメッセージを受信すると、eNodeBは、該eNodeBの管理範囲内のUEにページングメッセージを配信する。
【0004】
上述のページングプロセスを実施している間に、既存のLTEシステムを用いて、eNodeBとのパスロスが比較的深刻なUE(例えばMTC UE)にサービスを提供する場合、既存のLTEシステムのカバレッジを拡張する必要がある。この場合、拡張カバレッジ型のページングメッセージをUEに送信する必要がある。UEがまだ既存のページング方式でページングされていると、該UEは、システムのページングメッセージを正常に受信することができず、ページング障害が発生してしまう。
【発明の概要】
【0005】
本発明の実施形態は、ページング最適化方法、装置およびシステムを提供し、それにより、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できるようにする。
【0006】
上述の目的を達成するために、本発明の実施形態では以下の技術的構成を採用する。
【0007】
本発明の第1の態様は、ページング最適化方法を提供する。該方法は、
コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するステップであって、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられる、ステップと、
前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップと、
を有する。
【0008】
第1の態様に関して、可能な実施方式では、
前記第1のページングメッセージは、端末のチャネル損失情報を含み、または、
前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するステップ、
を有する。
【0009】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するステップと、
前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するステップと、
を有する。
【0010】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記方法は更に、
前記端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するか、または、前記端末によって送信されるチャネル損失情報および前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のS−TMSIを受信するステップと、
前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報と関連付けて保存するステップと、
を有する。
【0011】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、前記端末の前記チャネル損失情報が保存されていると決定するステップ、
を有する。
【0012】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前記ステップは、
前記端末の前記チャネル損失情報に従って、伝送パラメータを決定するステップと、
前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップと、
を有する。
【0013】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0014】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0015】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0016】
第1の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを有する。
【0017】
本発明の第2の態様は、ページング最適化方法を提供する。該方法は、
端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するステップ、および、
前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するステップであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、ステップ、または、
第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信するステップであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにするステップ、
を有する。
【0018】
第2の態様に関して、可能な実施方式では、前記方法は更に、
前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記アクセスネットワークノードに送信し、前記端末の前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信するステップであって、それにより、前記アクセスネットワークデバイスが、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする、ステップ、
を有する。
【0019】
第2の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記端末の前記チャネル損失情報を受信するステップと、
前記端末の前記チャネル損失情報を、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIに関連付けて保存するステップと、
を有する。
【0020】
第2の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを見たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0021】
第2の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0022】
第2の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0023】
本発明の第3の態様は、ページング最適化方法を提供する。該方法は、
端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するステップと、
前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するステップと、
前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するステップと、
を有する。
【0024】
第3の態様に関して、可能な実施方式では、前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する前記ステップの前に、前記方法は更に、
前記チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するステップであって、前記設定された条件は、前記チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む、ステップ、
を有する。
【0025】
第3の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0026】
第3の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0027】
第3の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、前記チャネル損失の前記値または前記チャネル損失の前記値の範囲または前記チャネル損失の前記値の範囲インデックスを含む。
【0028】
第3の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0029】
本発明の第4の態様は、アクセスネットワークノードを提供する。該アクセスネットワークノードは、
コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成される第1の受信ユニットであって、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられる、第1の受信ユニットと、
前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される第1の送信ユニットと、
を備える。
【0030】
第4の態様に関して、可能な実施方式では,
前記第1のページングメッセージは、前記端末のチャネル損失情報を含み、または、
前記アクセスネットワークノードは更に、
前記第1の送信ユニットが前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前に、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するように構成される第2の受信ユニット、
を備える。
【0031】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記アクセスネットワークノードは更に、
前記第1の受信ユニットが前記コアネットワークノードによって送信される前記第1のページングメッセージを受信する前に、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するように構成される第3の受信ユニットと、
前記第3の受信ユニットによって受信された前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するように構成される第2の送信ユニットと、
を備える。
【0032】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記アクセスネットワークノードは更に、
前記端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するか、または、前記端末によって送信されるチャネル損失情報および前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のS−TMSIを受信するように構成される第4の受信ユニットと、
前記第4の受信ユニットによって受信された前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報と関連付けて保存するように構成される記憶部と、
を備える。
【0033】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記アクセスネットワークノードは更に、
前記第1の送信ユニットが前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前に、前記端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、前記端末の前記チャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される決定ユニット、
を備える。
【0034】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記第1の送信ユニットは、
前記端末の前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される決定モジュールと、
前記決定モジュールによって決定された前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される送信モジュールと、
を有する。
【0035】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0036】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0037】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0038】
第4の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0039】
本発明の第5の態様は、コアネットワークノードを提供する。該コアネットワークノードは、
端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される決定ユニットと、
前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するように構成される第1の送信ユニットであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、第1の送信ユニットと、
第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信するように構成される第2の送信ユニットであって、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする、第2の送信ユニットと、
を備える。
【0040】
第5の態様に関して、可能な実施方式では、前記コアネットワークノードは更に、
前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記アクセスネットワークノードに送信し、前記端末の前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信するように構成される第3の送信ユニットであって、それにより、前記アクセスネットワークデバイスが、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする、第3の送信ユニット、
を備える。
【0041】
第5の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記コアネットワークノードは更に、
前記決定ユニットが端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する前に、前記端末の前記チャネル損失情報を受信するように構成される受信ユニットと、
前記受信ユニットによって受信された前記端末の前記チャネル損失情報を、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIに関連付けて保存するように構成される記憶部と、
を備える。
【0042】
第5の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0043】
第5の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0044】
第5の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0045】
本発明の第6の態様は、端末を提供する。該端末は、
前記端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するように構成される第1の決定ユニットと、
前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される送信・決定ユニットと、
前記送信・決定ユニットによって決定された前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される受信ユニットと、
を備える。
【0046】
第6の態様に関して、可能な実施方式では、前記端末は更に、
前記送信・決定ユニットが前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または前記一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って前記伝送パラメータを決定する前に、前記チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するように構成される第2の決定ユニットであって、前記設定された条件は、前記チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む、第2の決定ユニット、
を更に備える。
【0047】
第6の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0048】
第6の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0049】
第6の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、前記チャネル損失の前記値または前記チャネル損失の前記値の範囲または前記チャネル損失の前記値の範囲インデックスを含む。
【0050】
第6の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0051】
本発明の第7の態様は、少なくとも1つのプロセッサ、受信部および送信部を備えるアクセスネットワークノードを提供し、
前記受信部は、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成され、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられ、
前記プロセッサは、前記受信部によって受信された前記第1のページングメッセージを処理し、前記送信部をトリガして、前記第1のページングメッセージに応答するように構成され、
前記送信部は、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される。
【0052】
第7の態様に関して、第1の可能な実施方式では、
前記第1のページングメッセージは、前記端末のチャネル損失情報を含み、または、
前記受信部は更に、前記送信部が前記第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信する前に、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0053】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、
前記受信部は更に、前記コアネットワークノードによって送信された前記第1のページングメッセージを受信する前に、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するように構成され、
前記送信部は更に、前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するように構成される。
【0054】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記アクセスネットワークノードは更にメモリを備え、
前記受信部は更に、前記端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、前記端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のチャネル損失情報を受信するか、または、前記端末によって送信されるチャネル損失情報および前記コアネットワークノードによって送信される前記端末のS−TMSIを受信するように構成され、
前記メモリは、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを、前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存するように構成される。
【0055】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では,
前記プロセッサは更に、前記受信部によって受信された前記第1のページングメッセージを処理し前記送信部をトリガして前記第1のページングメッセージに応答する前に、前記端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、前記端末の前記チャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される。
【0056】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では,
前記プロセッサは更に、前記端末の前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成され、
前記送信部は更に、前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成される。
【0057】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0058】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0059】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0060】
第7の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0061】
本発明の第8の態様は、少なくとも1つのプロセッサと送信部とを備えるコアネットワークノードを提供し、
前記プロセッサは、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成され、
前記送信部は、前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにし、
前記送信部は更に、第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする。
【0062】
第8の態様に関して、可能な実施方式では、
前記送信部は更に、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記アクセスネットワークノードに送信し、前記端末の前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIを前記端末の前記チャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする。
【0063】
第8の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記コアネットワークノードは更に受信部およびメモリを備え、
前記受信部は、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定される前に、前記端末の前記チャネル損失情報を受信するように構成され、
前記メモリは、前記端末の前記チャネル損失情報を、前記端末の前記IMSIまたは前記S−TMSIに関連付けて保存するように構成される。
【0064】
第8の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0065】
第8の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0066】
第8の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0067】
本発明の第9の態様は、少なくとも1つプロセッサ、受信部および送信部を備える端末を提供し、
前記プロセッサは、前記端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するように構成され、
前記プロセッサは更に、前記送信部をトリガして、前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信させ、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信させるように構成され、更に、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成され、
前記受信部は、前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される。
【0068】
第9の態様に関して、可能な実施方式では,
前記プロセッサは更に、前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信する前に、前記チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するように構成され、前記設定された条件は、前記チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む。
【0069】
第9の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0070】
第9の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0071】
第9の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失情報は、前記チャネル損失の前記値または前記チャネル損失の前記値の範囲または前記チャネル損失の前記値の範囲インデックスを含む。
【0072】
第9の態様および上述の可能な実施方式に関して、別の可能な実施方式では、前記チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0073】
本発明の第10の態様は、アクセスネットワークノード、コアネットワークノードおよび端末を含むページング最適化システムを提供し、
前記アクセスネットワークノードは、前記コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成され、前記第1のページングメッセージは前記端末をページングするのに用いられ、また、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するように構成され、
前記コアネットワークノードは、前記端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報が保存されていると決定ように構成され、また、前記チャネル損失情報を伝達する前記第1のページングメッセージを前記アクセスネットワークノードに送信し、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにするか、または、前記第1のページングメッセージと前記端末の前記チャネル損失情報とを前記アクセスネットワークノードに送信する、それにより、前記アクセスネットワークノードが、前記第1のページングメッセージおよび前記端末の前記チャネル損失情報に従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにするように構成され、
前記端末は、前記チャネル損失情報を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または前記一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を前記アクセスネットワークノードに送信し、前記チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定し、前記伝送パラメータに従って、前記アクセスネットワークノードによって送信された前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される。
【0074】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法、装置およびシステムによれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノード が第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信する。アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【図面の簡単な説明】
【0075】
本発明の実施形態または従来技術の技術的構成をより明確に説明するために、以下、実施形態または従来技術の説明に必要な添付の図面を簡単に紹介する。当然ながら、以下の説明において、添付の図面は本発明の一部の実施形態を示すに過ぎない。当該技術分野の当業者であれば、更に、これらの添付の図面から創意工夫なく他の図面を導き出せるであろう。
【図1】本発明の実施形態に係るページング最適化方法のフローチャートである。
【図2】本発明の別の実施形態に係るページング最適化方法のフローチャートである。
【図3】本発明の別の実施形態に係る別のページング最適化方法のフローチャートである。
【図4】本発明の別の実施形態に係る別のページング最適化方法のフローチャートである。
【図5】本発明の別の実施形態に係る別のページング最適化方法のフローチャートである。
【図6】本発明の別の実施形態に係るアクセスネットワークノードの概略組成図である。
【図7】本発明の別の実施形態に係るコアネットワークノードの概略組成図である。
【図8】本発明の別の実施形態に係る別のコアネットワークノードの概略組成図である。
【図9】本発明の別の実施形態に係る端末の概略組成図である。
【図10】本発明の別の実施形態に係る別のアクセスネットワークノードの概略組成図である。
【図11】本発明の別の実施形態に係る別のコアネットワークノードの概略組成図である。
【図12】本発明の別の実施形態に係る別の端末の概略組成図である。
【図13】本発明の別の実施形態に係るページング最適化システムの概略組成図である。
【発明を実施するための形態】
【0076】
以下、本発明の実施形態における添付の図面を参照して、本発明の実施形態における技術的構成を明瞭かつ完全に説明する。当然ながら、説明される実施形態は本発明の実施形態の一部に過ぎず、全部ではない。当該技術分野の当業者が本発明の実施形態に基づいて創意工夫なく得た他の実施形態は全て、本発明の保護範囲に包含されるものとする。
【0077】
留意すべきこととして、本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法は様々な通信システムに適用されてよく、例えば、現在の2Gおよび3Gの通信システムや、次世代通信システム、例えば、グローバル・システム・フォー・モバイル・コミュニケーションズ(Global System for Mobile Communications,GSM)、符号分割多元接続(Code Division Multiple Access,CDMA)システム、時分割多元接続(Time Division Multiple Access,TDMA)システム、広帯域符号分割多元接続(Wideband Code Division Multiple Access Wireless,WCDMA)システム、周波数分割多元接続(周波数 Division Multiple Addressing,FDMA)システム、直交周波数分割多元接続(Orthogonal Frequency-Division Multiple Access,OFDMA)システム、シングルキャリアFDMA(SC−FDMA)システム、汎用パケット無線サービス(General Packet Radio Service,GPRS)システム、ユニバーサル・モバイル・テレコミュニケーション・システム(Universal Mobile Telecommunications System,UMTS)、LTEシステムその他の通信システムに適用されてよい。例えば、ページング最適化方法がUMTSシステムに適用される場合、本発明の実施形態におけるコアネットワークノードはサービングGPRSサポートノード(Serving GPRS SUPPORT NODE,SGSN)であってよく、アクセスネットワークノードは無線ネットワークコントローラ(Radio Network Controller,RNC)であってよく、或いは、アクセスネットワークノードは別の無線アクセスネットワークデバイスであってよい。ページング最適化方法がLTEシステムに適用される場合、本発明の実施形態におけるコアネットワークノードはMMEであってよく、アクセスネットワークノードはeNodeBであってよい。当該技術分野の当業者が理解しやすいように、LTEシステムを例に挙げて本発明の実施形態を説明する。
【0078】
留意すべきこととして、本発明の実施形態では、端末は一般的なUEであってよく、或いはMTC UEであってよく、本発明の実施形態では限定されない。
【0079】
本発明の実施形態は、ページング最適化方法を提供する。図1に示されるように、該方法は以下のステップを有してよい。
【0080】
101.アクセスネットワークノードが、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信する。
【0081】
ネットワークが端末をページングする必要がある場合、端末として機能するコアネットワークノードは、トラッキング領域内の全てのアクセスネットワークノードに対してページングプロセスを開始してよく、それにより、アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信することができる。第1のページングメッセージは、端末をページングするのに用いられる。
【0082】
102.アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する。
【0083】
コアネットワークノードによりアクセスネットワークノードに送信される第1のページングメッセージは、ページングする必要のある端末の端末識別インデックス値と端末の国際移動電話加入者識別番号(International Mobile Subscriber Identity,IMSI)、または、ページングする必要のある端末の端末識別インデックス値と一時的移動電話加入者識別番号(S-Temporary Mobile Subscriber Identity,S−TMSI)を伝達してよい。この場合、端末が、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合において、システムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できるようにするために、コアネットワークコードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、アクセスネットワークノードは、第1のページングメッセージに伝達される端末識別インデックス値に従ってページングフレーム(paging frame,PF)および/またはページングオケージョン(paging occasion,PO)を取得してよく、また、ページングフレームにより、ページングオケージョンにおいて、ページングする必要のある端末に拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを送信してよい。
【0084】
留意すべきこととして、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻であるときに、アクセスネットワークノードにより端末に送信される制御情報および/またはページングメッセージであり、端末とアクセスネットワークノードとの間の深刻なチャネル損失を補償し、端末がシステムによって送信されたページングメッセージを正常に受信できるようにするために、既存のシステムにおいて制御情報および/またはページングメッセージのカバレッジを拡張することができる。全端末とアクセスネットワークノードとの間の最悪のチャネル損失状態に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージによって提供され得る拡張カバレッジの特定値が計算されてよい。または、異なるチャネル損失状態に従って、拡張カバレッジの異なる値が計算されてよい。本発明の実施形態では拡張カバレッジの値は限定されず、上述の拡張カバレッジの値の単位はdBであってよい。
【0085】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法によれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードが第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信する。アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0086】
本発明の別の実施形態は、ページング最適化方法を提供する。図2に示されるように、本方法は以下のステップを有してよい。
【0087】
201.端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する。
【0088】
コアネットワークノードは、端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末の前記チャネル損失情報が保存されているか否かを決定してよく、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定した場合、以下のステップ202を実行してよい。チャネル損失情報は、コアネットワークノードにより事前に受信および保存されてよい。
【0089】
202.チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信し、それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信できるようにする。または、第1のページングメッセージと端末のチャネル損失情報とをアクセスネットワークノードに送信し、それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージおよび端末のチャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信できるようにする。
【0090】
端末の前記チャネル損失情報が保存されていると決定した後、コアネットワークノードは、端末のチャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信することができる。それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信できるようにする。或いは、コアネットワークノードは、アクセスネットワークノードおよびコアネットワークノードのプロトコルレイヤの専用メッセージを用いて、アクセスネットワークノードにチャネル損失情報を通知し、ページングメッセージを送信する形で、第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信することができる。それにより、端末のチャネル損失情報および第1のページングメッセージを受信した後に、アクセスネットワークノードが伝送パラメータを決定し、伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型のおよび/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信できるようにする。
【0091】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法によれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードが第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信する。アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0092】
本発明の別の実施形態は、ページング最適化方法を提供する。図3に示されるように、本方法は以下のステップを有してよい。
【0093】
301.端末が、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定する。
【0094】
チャネル損失情報は、参照信号受信電力(Reference Signal Received Power,RSRP)、参照信号受信品質(Reference Signal Received Quality,RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(Channel Quality Indicator,CQI)のうち少なくとも1つを含んでよい。パスロスは、端末とeNodeBとの間のパスロスである。端末によって決定される端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報は、チャネル損失の値であってよく、或いはチャネル損失の値の範囲であってよく、或いはチャネル損失の値の範囲インデックスであってよい。具体的には、チャネル損失の値は以下の方法を用いて取得されてよい。端末は、RSRP、RSRQおよびCQIの値を取得するために測定を実行してよく、パスロスの値は、端末により、eNodeBによって送信されるダウンリンクセル固有参照信号(Cell-specific Reference Signal,CRS)の電力とRSRPの値との差を算出することによって、取得されてよい。端末は、システム情報ブロックタイプ2(System Information Block Type2,SIB2)を用いて、eNodeBによって使用される電力をダウンリンクCRSに送信することができる。eNodeB、システムその他のネットワーク側エンティティは、端末とeNodeBとの間のチャネル損失の値N個の範囲に分割してよい(Nは正の整数)。そして、eNodeBは端末に対して、チャネル損失の値がN個の範囲に分割されたという分割情報を送信する。eNodeBによって送信され端末によって受信される以下のメッセージ、すなわち、無線リソース制御(Radio Resource Control,RRC)公共メッセージ、専用のRRCメッセージ、メディアアクセス制御(Media Access Control,MAC)制御要素(Control Element,CE)メッセージおよび物理レイヤメッセージのうち1以上の種類を用いて、端末は、チャネル損失の値がN個の範囲に分割されたという分割情報を取得することができる。具体的には、分割情報は、Nの値を示すのに用いられるパラメータおよび/またはN個の範囲の決定に用いられる閾値パラメータを含む。Nの値を示すのに用いられるパラメータまたはN個の範囲の決定に用いられる閾値パラメータは、予め決定され予め設定される固定値であってもよい。端末、eNodeBその他のネットワーク側エンティティは、予め決められた方式でN個の範囲に対してインデックス付番を実行してもよい。例えば、番号は、チャネル損失の値の範囲インデックス1〜チャネル損失の値の範囲インデックスNの範囲である。例えば、チャネル損失の値が3個の範囲に分割される場合、すなわちN=3である場合、該3個の範囲はそれぞれ、チャネル損失の値の範囲インデックス1:チャネル損失<=x1dBと、チャネル損失の値の範囲インデックス2:x1dB<チャネル損失<=x2dBと、チャネル損失の値の範囲インデックス3:チャネル損失>x2dBと、であってよい。この場合、Nの値を示しeNodeBによって端末に送信され得る分割情報に含まれるパラメータは3であってよく、かつ/または、3個の範囲の決定に用いられる閾値パラメータはx1およびx2である。以上のパラメータ3、x1、x2は、eNodeBがこれら2つのパラメータを分割情報に含める必要がないように、予め設定されてもよい。或いは、端末は、eNodeBその他のネットワーク側エンティティと予め決められた規則に従って、チャネル損失の値のN個の範囲を決定してよい。予め決められた規則はチャネル損失の値の範囲インデックス、すなわち、x=fun(チャネル損失)(fun()は関数を表す)であってよい。或いは、端末は、システム、eNodeBその他のネットワーク側エンティティとの取り決めに従って、チャネル損失の値のN個の範囲を決定してよい。このように、端末は、N個の範囲と、測定によって得られる端末のチャネル損失の値とに従って、端末のチャネル損失の値の範囲を決定してよく、或いはチャネル損失の値の範囲インデックスを決定してよい。
【0095】
302.端末が、チャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、IMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信し、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する。
【0096】
端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合に、端末は、決定された端末のチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、端末のIMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信してよく、それにより、端末がページングされる必要があるときに、アクセスネットワークノードは拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信することができる。更に、端末がアクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信できることを保証するために、端末は、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを気手値する必要がある。具体的には、アクセスネットワークノードと同様に、端末はチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定してよい。詳細については、ステップ406の記載を参照することができる。或いは、端末がチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する前に、アクセスネットワークノードは、異なるチャネル損失情報に従って、対応する伝送パラメータ群を決定し、決定された伝送パラメータ群と、伝送パラメータ群とチャネル損失情報との対応関係とを、RRC公共メッセージを用いて端末に送信してよく、それにより、端末が、端末のチャネル損失情報に従って、伝送パラメータ群から対応する伝送パラメータを選択することができるようにする。
【0097】
303.伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信する。
【0098】
チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定した後、端末は、伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信してよい。
【0099】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法によれば、端末がチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、また、IMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信し、それにより、端末がページングされているときに、アクセスネットワークノードが拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信でき、端末がチャネル損失情報に従って決定された伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信できるようにする。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がネットワーク側デバイスによって送信されたページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0100】
本発明の別の実施形態は、ページング最適化方法を提供する。図4に示されるように、該方法は以下のステップを有してよい。
【0101】
401.アクセスネットワークノードが、端末によって送信されたチャネル損失情報を受信する。
【0102】
アイドル状態の端末について、該端末がサービスを有する場合、或いは、アイドル状態の端末および接続状態の端末について、システムメッセージが変更される必要がある場合、または地震や津波の早期警戒や商用モバイルアラートが必要となる場合、ネットワークは対応するUEをページングする必要がある。端末とeNodeBとの間のチャネル損失が深刻であるときでも、システムによって送信されるページングメッセージの制御情報および/またはページングメッセージを端末が正常に受信できるようにするために、システムは、ページングメッセージの制御情報および/またはページングメッセージのカバレッジを拡張する必要がある。MMEとeNodeBはどちらも端末とeNodeBとの間のチャネル損失の状況を知らない。よって、MMEとeNodeBはどちらも、どの端末に対してページングメッセージの制御情報および/またはページングメッセージのカバレッジを拡張するべきなのかを決定することができず、また、端末がページングメッセージの制御情報および/またはページングメッセージを正常に受信できるようにするために必要な拡張カバレッジの特定値を知ることができない。したがって、本発明の実施形態はある構成を提供する。すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージが全端末に送信され、最悪のチャネル損失状態に従って、提供され得る拡張カバレッジの特定値が決定される。別の態様において、本発明の実施形態は更に別の構成を提供する。すなわち、異なるチャネル損失状態に従って、拡張カバレッジの異なる特定値が計算される。このように、端末は、該端末とeNodeBとの間のチャネル損失情報をネットワークデバイスに報告する必要がある。
【0103】
eNodeBは、端末によって送信されたチャネル損失情報を受信する。具体的には、チャネル損失は、RSRP、RSRQ、パスロスおよびCQIのうちの少なくとも1つを含んでよい。パスロスは、端末とeNodeBとの間のパスロスである。更に、端末によって送信されeNodeBによって受信されるチャネル損失情報は、チャネル損失の値であってよく、或いはチャネル損失の値の範囲であってよく、或いはチャネル損失の値の範囲インデックスであってよい。端末によるチャネル損失の値の取得の詳細な説明については、本発明の実施形態のステップ301における対応する説明を参照することができ、本発明の本実施形態では詳細の説明を省略する。更に、端末とeNodeBとの間のチャネル損失の値、チャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを取得した後、端末は、取得したチャネル損失の値、チャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを、非アクセス層(Non Access Stratum,NAS)メッセージを用いてeNodeBに送信することができる。NASメッセージは、eNodeBに対して透過的である。この場合、eNodeBは、端末によって送信されたチャネル損失情報をNASメッセージを用いて受信することができるが、NASメッセージを解析しない。NASメッセージは専用のものであってよく、或いは、アタッチプロセスでのメッセージ、トラッキング領域更新(Tracking Area Update,TAU)プロセスでのメッセージ、または別のプロセスでのメッセージであってよい。端末は、以下のメッセージ、すなわちRRCメッセージ、MAC CEメッセージおよび物理レイヤメッセージのうち1以上の種類を用いて、取得されたチャネル損失の値、チャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスをeNodeBに送信してもよく、こうして、eNodeBは端末によって送信されるチャネル損失情報を受信することができる。RRCメッセージはRRC接続要求メッセージ(RRC Connection Request)であってよく、物理レイヤメッセージはランダム・アクセス・プリアンブルであってよい。
【0104】
任意に、端末のチャネル損失情報をeNodeBに送信する前に、端末はまず、端末とeNodeBとの間のチャネル損失の値が設定された閾値以上であるか否かを決定してよく、チャネル損失の値が設定された閾値以上である場合は、端末のチャネル損失情報をeNodeBに報告し、チャネル損失の値が設定された閾値未満である場合は、端末のチャネル損失情報をeNodeBに報告しない。
【0105】
402.アクセスネットワークノードが、端末のチャネル損失情報をコアネットワークノードに送信する。
【0106】
端末によって送信された端末のチャネル損失情報をNASメッセージを用いて受信した後、eNodeBは、NASメッセージのコンテンツを処理することなく、RRCレイヤからNASメッセージのみを抽出し、プロトコル変換を実行してよい。それからeNodeBは、eNodeBおよびMMEのプロトコルレイヤのメッセージを用いて、受信された端末のチャネル損失情報をMMEに送信する。或いは、端末によって送信された端末のチャネル損失情報を、以下のメッセージすなわちRRCメッセージ、MAC CEメッセージおよび物理レイヤメッセージのうち1以上の種類を用いて受信した後、eNodeBは、eNodeBおよびMMEのプロトコルレイヤでのメッセージを用いて、チャネル損失情報をMMEに送信してよい。eNodeBおよびMMEのプロトコルレイヤでのメッセージは、能力情報指示(Capability Info Indication)であってよい。
【0107】
403.コアネットワークノードが、端末のIMSIまたはS−TMSIを、端末のチャネル損失情報に関連付けて保存する。
【0108】
上述のコアネットワークノードは、MMEであってよい。
【0109】
eNodeBによって送信された端末のIMSIと端末のチャネル損失情報とを受信した後、MMEは、端末のIMSIを端末のチャネル損失情報と関連付けて保存してよい。従来技術において、コアネットワークノードはS−TMSIを端末に割り当ててよく、それにより、本発明の実施形態において、eNodeBによって送信された端末のチャネル損失情報を受信した後に、MMEは、端末のS−TMSIを端末のチャネル損失情報に関連付けて保存することができる。例えば、MMEは、表1に示すような方法で、端末のIMSIまたはS−TMSIを端末のチャネル損失情報に関連付けて保存してよい。例えば、チャネル損失情報はチャネル損失の値の範囲インデックスである。
【表1】
【0110】
留意すべきこととして、本発明の実施形態において、端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報とは、具体的には表1に示されるように関連付けられて保存されてよい。或いは、関連保存は別の方式と形式で実施されてよく、本発明の実施形態では限定されない。
【0111】
404.コアネットワークノードが、端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する。
【0112】
MMEは、端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のIMSIまたはS−TMSIに対応する端末のチャネル損失情報が保存されているか否かを決定してよく、端末のチャネル損失情報が利用可能であると決定した場合、以下のステップ405〜ステップ407を実行してよい。具体的には、MMEは、端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報との関連保存に従って、決定を実行してよい。
【0113】
任意に、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定した後、コアネットワークノードは更に、端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報とを、アクセスネットワークノードおよびコアネットワークノードのプロトコルレイヤでの1以上のメッセージを用いて、アクセスネットワークノードに送信してよく、それにより、アクセスネットワークノードが、端末のIMSIまたはS−TMSIを端末のチャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする。このように、端末がページングされているときに、ページングメッセージを送信する形で、コアネットワークノードが第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信する。アクセスネットワークノードは、第1のページングメッセージを解析して、第1のページングメッセージに伝達されるページングされる端末のIMSIまたはS−TMSIを取得し、IMSIまたはS−TMSIに従って、アクセスネットワークノードに保存される端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報との関連関係から、チャネル損失情報を取得し、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定し、伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、コアネットワークノードによってページングされる必要のある端末に送信する。
【0114】
405.コアネットワークノードは、チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワーク側に送信するか、または、第1のページングメッセージと端末のチャネル損失情報とをアクセスネットワークノードに送信する。
【0115】
端末のチャネル損失情報が利用可能であるとMMEが決定した場合、MMEは、MMEのトラッキング領域内の全てのeNodeBに、第1のページングメッセージを送信してよい。第1のページングメッセージは、ページングする必要のある端末のIMSIまたはS−TMSIに対応するチャネル損失情報と、端末の識別インデックス値と、端末のIMSIまたはS−TMSIとのうち少なくとも1つの情報を伝達してよい。例えば、チャネル損失情報、端末の識別インデックス値および端末のIMSIまたはS−TMSIを伝達する第1のページングメッセージに含まれる情報要素(Information Element,IE)を表2に示すことができる。最後のIEはチャネル損失情報である。MMEは、ページングする必要のある端末のチャネル損失情報と第1のページングメッセージとを、別々にeNodeBに送信してもよい。端末のチャネル損失情報は、eNodeBおよびMMEのプロトコルレイヤでの専用メッセージを用いて、eNodeBに通知することができる。MMEが端末のチャネル損失情報が利用不可であると決定した場合、端末がページングされているときに、MMEは従来技術に従って、第1のページングメッセージのみをeNodeBに送信すればよい。
【表2】
【0116】
留意すべきこととして、コアネットワークノードによりアクセスネットワークノードにページングする必要のある端末のチャネル損失情報を通知する形式は、本発明の実施形態では限定されない。
【0117】
406.アクセスネットワークノードが、端末のチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する。
【0118】
端末のチャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージを受信した後、または、端末のチャネル損失情報を受信した後、eNodeBは、受信された端末のチャネル損失情報に従って、伝送パラメータを決定してよい。伝送パラメータは、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号および開始シンボル番号と、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送で占用される1つ目のリソースブロック(Resource Block,RB)の番号および1つ目のサブキャリアの番号と、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送で占用されるフレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数およびサブキャリア数と、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズおよびアグリゲーションレベルと、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)と、のうち1以上であってよい。
【0119】
任意に、アクセスネットワークノードは、伝送パラメータ=fun(チャネル損失情報)に従って伝送パラメータを決定してよい。fun()は固定の関数を示す。
【0120】
任意に、アクセスネットワークノードは、伝送パラメータとチャネル損失情報との対応関係を保存してよい。端末のチャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージを受信した後、または、端末のチャネル損失情報を受信した後、アクセスネットワークノードは保存された対応関係を検索して、伝送パラメータを決定してよい。例えば、チャネル損失情報がチャネル損失の値の範囲インデックスであり、伝送パラメータが拡張カバレッジ型の制御情報によって採用される繰り返し回数または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージによって採用される繰り返し回数である場合、チャネル損失情報とアクセスネットワークノードに予め保存される伝送パラメータとの対応関係は、表3に示すようなものであってよい。端末のチャネル損失の値の範囲インデックスを伝達する第1のページングメッセージを受信した後、または、端末のチャネル損失の値の範囲インデックスを受信した後、アクセスネットワークノードは、受信された端末のチャネル損失の値の範囲インデックスに従って表3を検索し、それによって繰り返し回数を決定してよい。
【表3】
【0121】
407.アクセスネットワークノードが、伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する。
【0122】
第1のページングメッセージは、端末識別インデックス値を伝達する。伝送パラメータを決定した後、eNodeBは、伝送パラメータおよび端末識別インデックス値に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信してよい。第2のページングメッセージは、端末のIMSIまたはS−TMSIを伝達する。
【0123】
非拡張カバレッジ型の制御情報と比較して、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージと比較して、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。したがって、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が比較的深刻である場合、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する方法を用いて、端末が首尾よくシステムからページングメッセージを受信できることを保証してよい。
【0124】
任意に、可能な実施方式では、eNodeBは、端末識別インデックス値および伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの制御情報を送信する。例えば、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの制御情報は、物理ダウンリンク制御チャネル(Physical Downlink Control Channel,PDCCH)および/または拡張物理ダウンリンク制御チャネル(Enhanced Physical Downlink Control Channel,ePDCCH)によって伝達されてよい。制御情報の巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check,CRC)は、ページング無線ネットワーク一時識別子(Paging-Radio Network Temporary Identifier,P−RNTI)を用いてスクランブルされ、対応する拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは制御メッセージを用いてスケジュールされ、伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを物理ダウンリンク共有チャネル(Physical Downlink Shared Channel,PDSCH)によって送信する。このように、端末は、端末のIMSIと、端末のチャネル損失情報に従って決定された伝送パラメータとに従って、PDCCHおよび/またはePDCCHチャネルを傍受し、P−RNTIを用いてPDCCHおよび/またはePDCCHのCRCのスクランブルを解き、CRCを用いて拡張カバレッジ型の制御情報を検査し、端末の拡張カバレッジ型の制御情報が利用可能であるか否かを決定してよい。端末の拡張カバレッジ型の制御情報が利用可能である場合、端末は、制御情報のスケジューリングおよび伝送パラメータに従って、対応する拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを読み取り、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージに伝達される端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、第2のページングメッセージが該端末自身に対するページングメッセージであるか否かを決定する。eNodeBによって受信された第1のページングメッセージが端末のチャネル損失情報を伝達しない場合、または、MMEによって送信された第1のページングメッセージのみが受信され端末のチャネル損失情報が受信されなかった場合、eNodeBは、従来技術に従って、第2のページングメッセージの制御情報と第2のページングメッセージとを端末に送信する。この場合、端末は、端末のIMSIに従って対応するPFおよびPOを計算し、PFおよびPOにおいて、第2のページングメッセージの制御情報と第2のページングメッセージとを受信するだけでよい。
【0125】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法によれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードが第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信する。アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0126】
端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0127】
本発明の別の実施形態は、ページング最適化方法を提供する。図5に示されるように、該方法は以下のステップを有してよい。
【0128】
501.アクセスネットワークノードは、端末によって送信されたIMSIまたはS−TMSIを受信し、端末によって送信されたチャネル損失情報を受信するか、または、コアネットワークノードによって送信された端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、コアネットワークノードによって送信された端末のチャネル損失情報を受信するか、または、端末によって送信されたチャネル損失情報とコアネットワークノードによって送信された端末のS−TMSIとを受信する。
【0129】
上述のアクセスネットワークノードは基地局であってよく、更にeNodeBであってよい。
【0130】
端末とeNodeBとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されたページングメッセージを正常に受信できるようにし、また、eNodeBが、端末とeNodeBとの間の異なるチャネル損失に従って、異なる拡張カバレッジ型の制御情報および/または異なる拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを送信できるようにするために、端末は、端末とeNodeBとの間のチャネル損失情報をeNodeBに報告してよい。それにより、eNodeBは、端末とeNodeBとの間のチャネル損失状態を取得することができる。具体的には、端末は、以下のメッセージすなわちRRCメッセージ、MAC CEメッセージおよび物理レイヤメッセージのうち1以上の種類を用いて、チャネル損失情報をeNodeBに送信してよい。RRCメッセージはRRC接続要求メッセージ(RRC Connection Request)であってよく、物理レイヤメッセージはランダム・アクセス・プリアンブルであってよい。端末は、アクセス層(Access Stratum,AS)メッセージを用いてeNodeBに、端末のIMSIまたはコアネットワークノードにより端末に割り当てられたS−TMSIを送信してよい。アクセス層メッセージはRRC Connection Requestであってよい。この場合、eNodeBは、端末によって送信されたIMSIまたはS−TMSIと、端末によって送信されたチャネル損失情報とを受信することができる。
【0131】
任意に、端末のIMSIまたはS−TMSIをeNodeBに送信する前に、端末はまず、端末とeNodeBとの間のチャネル損失の値が設定された閾値以上であるか否かを決定してよく、チャネル損失の値が設定された閾値以上である場合は、端末のチャネル損失情報と端末のIMSIまたはS−TMSIとをeNodeBに報告し、チャネル損失の値が設定された閾値未満である場合は、端末のチャネル損失情報をeNodeBに報告しない。チャネル損失の値が設定された閾値に等しい場合、チャネル損失情報を報告するか否かは実際のネットワーク条件に従って決定されてよく、本発明の実施形態では限定されない。
【0132】
任意に、端末は、上述の方式でチャネル損失情報をeNodeBに送信してよい。コアネットワークノードは、S−TMSIを端末に割り当て、MMEおよびeNodeBのプロトコルレイヤでのメッセージを用いて、割り当てられたS−TMSIをeNodeBに送信してよい。この場合、eNodeBは、端末によって送信されたチャネル損失情報と、MMEによって送信された端末のS−TMSIとを受信することができる。
【0133】
任意に、本発明の実施形態は更に、ステップ401〜ステップ404を有してよい。更に、MMEが端末のチャネル損失情報が保存されていると決定した場合、MMEは、MMEおよびeNodeBのプロトコルレイヤのメッセージを用いて、端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報とをeNodeBに送信してよい。この場合、eNodeBは、MMEによって送信された端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報とを受信することができる。
【0134】
502.アクセスネットワークノードが、端末のIMSIまたはS−TMSIを、端末のチャネル損失情報に関連付けて保存する。
【0135】
eNodeBが端末によって送信されたIMSIまたはS−TMSIと端末によって送信されたチャネル損失情報とを受信した後、または、eNodeBがMMEによって送信された端末のIMSIまたはS−TMSIとMMEによって送信された端末のチャネル損失情報とを受信した後、または、eNodeBが端末によって送信されたチャネル損失情報とMMEによって送信された端末のS−TMSIとを受信した後、eNodeBは、受信された端末のIMSIまたはS−TMSIを、端末のチャネル損失情報に関連付けて保存してよい。具体的な保存形式については、ステップ403においてMMEが端末のIMSIまたはS−TMSIと端末のチャネル損失情報とを保存する方式を参照することができる。本発明の本実施形態では詳細の説明を省略する。
【0136】
503.アクセスネットワークノードが、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信する。
【0137】
システムが端末をページングする必要がある場合、は、該端末をサーブするMMEは、トラッキング領域内の全てのeNodeBに第1のページングメッセージを送信してよい。
【0138】
504.アクセスネットワークノードが、端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する。
【0139】
eNodeBがMMEによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、アクセスネットワークノードは、第1のページングメッセージに伝達される端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のIMSIまたはS−TMSIに対応するチャネル損失情報が保存されているか否かを決定してよく、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定した後に、以下のステップ505〜ステップ506を実行してよい。
【0140】
505.アクセスネットワークノードが、端末のチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する。
【0141】
eNodeBが第1のページングメッセージに伝達される端末のIMSIまたはS−TMSIに対応するチャネル損失情報があると決定した場合、eNodeBは、端末のチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定してよい。
【0142】
506.アクセスネットワークノードが、伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する。
【0143】
第1のページングメッセージは、ページングする必要のある端末の端末識別インデックス値を伝達する。この場合、eNodeBがMMEによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、また、eNodeBが端末のチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定した後、eNodeBは、端末識別インデックス値、伝送パラメータ、ページングフレームおよびページングオケージョンに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信してよい。このように、端末は、端末のチャネル損失情報に従って決定された伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信することができる。eNodeBが、MMEによって送信された第1のページングメッセージを受信した後に、第1のページングメッセージに伝達される端末のIMSIまたはS−TMSIに対応するチャネル損失情報が利用不可であると決定した場合、eNodeBは、従来技術に従って、第2のページングメッセージの制御情報および/または第2のページングメッセージのみを送信してよい。
【0144】
留意すべきこととして、ステップ501〜ステップ506におけるパラメータの具体的な説明については、ステップ401〜ステップ407における対応するパラメータの具体的な説明を参照することができる。本発明の本実施形態では詳細の説明を省略する。
【0145】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化方法によれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードが第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信する。アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0146】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0147】
本発明の別の実施形態は、アクセスネットワークノードを提供する。図6に示すように、アクセスネットワークノードは、第1の受信ユニット61および第1の送信ユニット62を備える。
【0148】
第1の受信ユニット61は、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成される。第1のページングメッセージは、端末をページングするのに用いられる。
【0149】
第1の送信ユニット62は、第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信するように構成される。
【0150】
更に、第1のページングメッセージは、端末のチャネル損失情報を含む。
【0151】
アクセスネットワークノードは更に、第2の受信ユニット63を備えてよい。
【0152】
第2の受信ユニット63は、第1の送信ユニット62が第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する前に、コアネットワークノードによって送信される端末のチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0153】
更に、アクセスネットワークノードは更に、第3の受信ユニット64および第2の送信ユニット65を備えてよい。
【0154】
第3の受信ユニット64は、第1の受信ユニット61がコアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信する前に、端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0155】
第2の送信ユニット65は、第3の受信ユニット64によって受信された端末のチャネル損失情報をコアネットワークノードに送信するように構成される。
【0156】
更に、アクセスネットワークノードは更に、第4の受信ユニット66および記憶部67を備えてよい。
【0157】
第4の受信ユニット66は、端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、コアネットワークノードによって送信される端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、コアネットワークノードによって送信される端末のチャネル損失情報を受信するか、または、端末によって送信されるチャネル損失情報およびコアネットワークノードによって送信される端末のS−TMSIを受信するように構成される。
【0158】
記憶部67は、第4の受信ユニット66によって受信された端末のIMSIまたはS−TMSIを、端末のチャネル損失情報と関連付けて保存するように構成される。
【0159】
更に、アクセスネットワークノードは更に、決定ユニット68を備えてよい。
【0160】
決定ユニット68は、第1の送信ユニット62が第1のページングメッセージに応答して拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する前に、端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される。
【0161】
更に、第1の送信ユニット62は、決定モジュール621および送信モジュール622を有してよい。
【0162】
決定モジュール621は、端末のチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される。
【0163】
送信モジュール622は、決定モジュールに621よって決定された伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信するように構成される。
【0164】
更に、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0165】
更に、伝送パラメータは、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0166】
更に、チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0167】
更に、チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0168】
アクセスネットワークノードの別の機能および構造については、上述の方法実施形態を参照することができる。
【0169】
本発明の実施形態において提供されるアクセスネットワークノードによれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードは第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信し、アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0170】
端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0171】
本発明の別の実施形態は、コアネットワークノードを提供する。図7に示されるように、コアネットワークノードは、決定ユニット71、第1の送信ユニット72または第2の送信ユニット73を備える。
【0172】
決定ユニット71は、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される。
【0173】
第1の送信ユニット72は、チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信ように構成され、それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信できるようにする。
または、第2の送信ユニット73は、第1のページングメッセージと端末のチャネル損失情報とをアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージおよび端末のチャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信できるようにする。
【0174】
更に、図8に示されるように、コアネットワークノードは更に第3の送信ユニット74を備えてよい。
【0175】
第3の送信ユニット74は、端末のIMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信し、端末のチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、アクセスネットワークデバイスが、端末のIMSIまたはS−TMSIを、端末のチャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする。
【0176】
更に、コアネットワークノードは更に、受信ユニット75および記憶部76を備えてよい。
【0177】
受信ユニット75は、決定ユニット71が端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って端末のチャネル損失情報が保存されていると決定する前に、端末のチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0178】
記憶部76は、受信ユニット75によって受信された端末のチャネル損失情報を、端末のIMSIまたはS−TMSIに関連付けて保存するように構成される。
【0179】
更に、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0180】
更に、チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0181】
更に、チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0182】
本発明の実施形態において提供されるコアネットワークノードによれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードは第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信し、アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0183】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0184】
本発明の別の実施形態は、端末を提供する。図9に示されるように、端末は、第1の決定ユニット81、送信・決定ユニット82および受信ユニット83を備える。
【0185】
第1の決定ユニット81は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するように構成される。
【0186】
送信・決定ユニット82は、チャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)をアクセスネットワークノードに送信し、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される。
【0187】
受信ユニット83は、送信・決定ユニット82によって決定された伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される。
【0188】
更に、端末は更に第2の決定ユニット84を備えてよい。
【0189】
第2の決定ユニット84は、送信・決定ユニット82がチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)をアクセスネットワークノードに送信し、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定する前に、チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するように構成される。設定された条件は、チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む。
【0190】
更に、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0191】
更に、伝送パラメータは、カバレッジ拡張型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0192】
更に、チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0193】
更に、チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0194】
本発明の実施形態において提供される端末によれば、端末はチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、IMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信する。それにより、端末がページングされているときに、アクセスネットワークノードは拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信することができ、端末は、チャネル損失情報に従って決定された伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信することができる。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0195】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0196】
本発明の別の実施形態は、アクセスネットワークノードを提供する。図10に示されるように、アクセスネットワークノードは、少なくとも1つのプロセッサ91、受信部92および送信部93を備える。
【0197】
受信部92は、コアネットワークノードによって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成される。第1のページングメッセージは、端末をページングするのに用いられる。
【0198】
プロセッサ91は、受信部92によって受信された第1のページングメッセージを処理し、送信部93をトリガして第1のページングメッセージに応答させるように構成される。
【0199】
送信部93は、第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信するように構成される。
【0200】
更に、第1のページングメッセージは、端末のチャネル損失情報を含む。または、
受信部92は更に、送信部が第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信する前に、コアネットワークノードによって送信される端末のチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0201】
更に、受信部92は更に、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信する前に、端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0202】
送信部93は更に、端末のチャネル損失情報をコアネットワークノードに送信するように構成される。
【0203】
更に、アクセスネットワークノードは更にメモリ94を備えてよい。
【0204】
受信部92は更に、端末によって送信される国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)を受信し、端末によって送信されるチャネル損失情報を受信するか、または、コアネットワークノードによって送信される端末のIMSIまたはS−TMSIを受信し、コアネットワークノードによって送信される端末のチャネル損失情報を受信するか、または、端末によって送信されるチャネル損失情報およびコアネットワークノードによって送信される端末のS−TMSIを受信するように構成される。
【0205】
メモリ94は、端末のIMSIまたはS−TMSIを、端末のチャネル損失情報に関連付けて保存するように構成される。
【0206】
更に、プロセッサ91は更に、受信部92によって受信された第1のページングメッセージを処理し送信部93をトリガして第1のページングメッセージに応答させる前に、端末のIMSIまたはS−TMSIに従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される。
【0207】
更に、プロセッサ91は更に、端末のチャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される。
【0208】
送信部93は更に、伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信するように構成される。
【0209】
更に、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0210】
更に、伝送パラメータは、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0211】
更に、チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0212】
更に、チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0213】
本発明の実施形態において提供されるアクセスネットワークノードによれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードは第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信し、アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0214】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0215】
本発明の別の実施形態は、コアネットワークノードを提供する。図11に示されるように、コアネットワークノードは、少なくとも1つのプロセッサ1001と送信部1002とを備える。
【0216】
プロセッサ1001は、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、端末のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される。
【0217】
送信部1002は、チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信できるようにする。
または、送信部1002は更に、第1のページングメッセージと端末のチャネル損失情報とをアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、アクセスネットワークノードが、第1のページングメッセージおよび端末のチャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信できるようにする。
【0218】
更に、送信部1002は更に、端末のIMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信し、端末のチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信するように構成され、それにより、アクセスネットワークノードが、端末のIMSIまたはS−TMSIを端末のチャネル損失情報に関連付けて保存できるようにする。
【0219】
更に、コアネットワークノードは更に、受信部1003およびメモリ1004を備えてよい。
【0220】
受信部1003は、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って端末のチャネル損失情報が保存されていると決定される前に、端末のチャネル損失情報を受信するように構成される。
【0221】
メモリ1004は、端末のチャネル損失情報を、端末のIMSIまたはS−TMSIに関連付けて保存するように構成される。
【0222】
更に、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0223】
更に、チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0224】
更に、チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0225】
本発明の実施形態において提供されるコアネットワークノードによれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードは第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信し、アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0226】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0227】
本発明の別の実施形態は、端末を提供する。図12に示されるように、端末は、少なくとも1つのプロセッサ1101、受信部1102および送信部1103を備える。
【0228】
プロセッサ1101は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を決定するように構成される。
【0229】
プロセッサ1101は更に、送信部1103をトリガして、チャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信させ、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)をアクセスネットワークノードに送信させるように構成され、更に、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成される。
【0230】
受信部1102は、伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される。
【0231】
更に、プロセッサ1101は更に、、チャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)をアクセスネットワークノードに送信する前に、チャネル損失情報が設定された条件を満たすと決定するように構成される。設定された条件は、チャネル損失の値が設定された閾値以上であることを含む。
【0232】
更に、拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの周波数リソースが占有されることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力が非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送での伝送電力よりも高いことと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる変調方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる符号化方式よりもロバストであることと、拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす。
【0233】
更に、伝送パラメータは、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる開始フレーム番号、開始サブフレーム番号、開始タイムスロット番号、開始シンボル番号、1つ目のリソースブロック(RB)の番号、1つ目のサブキャリアの番号、フレーム数、サブフレーム数、タイムスロット数、シンボル数、RB数、サブキャリア数、繰り返し回数、拡散率、スペクトル拡散シーケンスインデックス、送信時間間隔バンドリング(TTI bundling)のサイズ、アグリゲーションレベル、電力構成、変調符号化方式、周期、ページングフレーム(PF)およびページングオケージョン(PO)、のうち少なくとも1つを含む。
【0234】
更に、チャネル損失情報は、チャネル損失の値またはチャネル損失の値の範囲またはチャネル損失の値の範囲インデックスを含む。
【0235】
更に、チャネル損失は、参照信号受信電力(RSRP)、参照信号受信品質(RSRQ)、パスロスおよびチャネル品質指示(CQI)のうち少なくとも1つを含む。
【0236】
本発明の実施形態において提供される端末によれば、端末はチャネル損失情報をアクセスネットワークノードに送信し、IMSIまたはS−TMSIをアクセスネットワークノードに送信する。それにより、端末がページングされているときに、アクセスネットワークノードは拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末に送信することができ、端末は、チャネル損失情報に従って決定された伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノードによって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信することができる。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0237】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0238】
本発明の別の実施形態は、ページング最適化システムを提供する。図13に示されるように、ページング最適化システムは、アクセスネットワークノード1201、コアネットワークノード1202および端末1203を備える。
【0239】
アクセスネットワークノード1201は、コアネットワークノード1202によって送信される第1のページングメッセージを受信するように構成される。第1のページングメッセージは、端末1203をページングするのに用いられる。また、第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末1203に送信するように構成される。
【0240】
コアネットワークノード1202は、端末1203の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、端末1203のチャネル損失情報が保存されていると決定するように構成される。また、チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノード1201に送信し、それにより、アクセスネットワークノード1201が、第1のページングメッセージに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末1203に送信できるようにするか、または、第1のページングメッセージと端末1203のチャネル損失情報とをアクセスネットワークノード1201に送信し、それにより、アクセスネットワークノード1201が、第1のページングメッセージおよび端末1203のチャネル損失情報に従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを端末1203に送信できるようにする。
【0241】
端末1203は、チャネル損失情報をアクセスネットワークノード1201に送信し、国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)をアクセスネットワークノード1201に送信するように構成され、チャネル損失情報に従って伝送パラメータを決定するように構成され、伝送パラメータに従って、アクセスネットワークノード1201によって送信された拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを受信するように構成される。
【0242】
本発明の実施形態において提供されるページング最適化システムによれば、端末をページングする必要がある場合、コアネットワークノードは第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信し、アクセスネットワークノードは、コアネットワークノードによって送信された第1のページングメッセージを受信した後、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを、ページングする必要のある端末に送信する。これにより、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失が深刻である場合でも、端末がシステムによって送信されるページングメッセージを正常に受信できることが、効果的に保証される。
【0243】
更に、端末は、端末とアクセスネットワークノードとの間のチャネル損失情報を予めシステムに報告してよい。それにより、システムは、端末のチャネル損失情報に従って端末の伝送パラメータを取得することができ、そして、端末の伝送パラメータに従って、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型のページングメッセージを送信することができ、ネットワークリソースが節約される。
【0244】
上述した実施方式の説明に基づいて、当該技術分野の当業者であれば、本発明が必要な汎用ハードウェアに加えてソフトウェアによって、またはハードウェアのみによって実施可能であることが明確に理解できるであろう。ほとんどの場合において、前者が好ましい実施方式である。そのような理解に基づき、本発明の技術的構成は本質的に、或いは、従来技術に寄与する部分は、ソフトウェア製品の形で実施されてよい。ソフトウェア製品は、コンピューターのフロッピーディスク、ハードディスク、光ディスク等の可読記憶媒体に保存され、また、コンピューター装置(パーソナルコンピューター、サーバーまたはネットワークデバイスであってよい)に本発明の実施形態に記載の方法を実行するように指示するいくつかの命令を含む。
【0245】
上述の説明は本発明の具体的な実施形態に過ぎず、本発明の保護範囲を限定する意図はない。当該技術分野の当業者が本発明に開示された技術的範囲内で容易に想到し得る変形または置換は全て、本発明の保護範囲に包含されるものとする。したがって、本発明の保護範囲は、特許請求の範囲の保護範囲に従うものとする。
【図1】
【図2】
【図3】
【図4】
【図5】
【図6】
【図7】
【図8】
【図9】
【図10】
【図11】
【図12】
【図13】
【手続補正書】
【提出日】20190514
【手続補正1】
【補正対象書類名】特許請求の範囲
【補正対象項目名】全文
【補正方法】変更
【補正の内容】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
装置によって、端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報決定するステップと、
前記装置によって、前記チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するステップであって、前記第1のページングメッセージは前記端末をページングするのに用いられる、ステップと、
を有する、ページング方法。
【請求項2】
更に、
前記装置によって、前記端末の前記チャネル損失情報を受信するステップと、
前記装置によって、前記端末の前記チャネル損失情報を保存するステップと、
を有する、請求項に記載のページング方法。
【請求項3】
前記チャネル損失情報は伝送パラメータに関連付けられる、
請求項1または2に記載のページング方法。
【請求項4】
前記伝送パラメータは、前記端末への拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる、
請求項3に記載のページング方法。
【請求項5】
前記伝送パラメータは、前記端末への拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる繰り返し回数を含む、
請求項3または4に記載のページング方法。
【請求項6】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値の範囲インデックスであり、前記伝送パラメータは、拡張カバレッジ型の制御情報によって用いられる繰り返し回数である、
請求項3乃至5のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項7】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項乃至のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項8】
前記チャネル損失は、チャネル品質指示を含む、
請求項乃至のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項9】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項4または5に記載のページング方法。
【請求項10】
請求項1乃至9のいずれか一項に記載の方法を実行するように適合された手段を有することを特徴とする装置。
【請求項11】
前記装置は、コアネットワークノードである、請求項10に記載の装置。
【請求項12】
装置によって、コアネットワークノードから第1のページングメッセージを受信するステップであって、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられ、前記第1のページングメッセージは前記端末のチャネル損失情報を含む、ステップと、
前記装置によって、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップと、
を有する、ページング方法。
【請求項13】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージをスケジュールするのに用いられる、
請求項12に記載のページング方法。
【請求項14】
前記チャネル損失情報は伝送パラメータに関連付けられる、
請求項12または13に記載のページング方法。
【請求項15】
前記装置によって、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップは、
前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップ
を有する、請求項14に記載のページング方法。
【請求項16】
前記伝送パラメータは、前記端末への拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる繰り返し回数を含む、
請求項14または15に記載のページング方法。
【請求項17】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値の範囲インデックスであり、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報によって用いられる繰り返し回数である、
請求項14乃至16のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項18】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項12乃至17のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項19】
前記チャネル損失は、チャネル品質指示を含む、
請求項12乃至18のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項20】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項12乃至19のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項21】
更に、
前記装置によって、前記端末からチャネル損失情報を受信するステップと、
前記装置によって、前記端末の前記チャネル損失情報を前記コアネットワークノードに送信するステップと、
を有する、請求項12乃至20のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項22】
請求項12乃至21のいずれか一項に記載の方法を実行するように適合された手段を有することを特徴とする装置。
【請求項23】
前記装置は、アクセスネットワークノードである、請求項22に記載の装置。
【請求項24】
命令を含むコンピューター可読記憶媒体であって、
前記命令が実行されると、請求項1乃至9のいずれか一項に記載の方法のステップが実行される、コンピューター可読記憶媒体。
【請求項25】
命令を含むコンピューター可読記憶媒体であって、
前記命令が実行されると、請求項12乃至21のいずれか一項に記載の方法のステップが実行される、コンピューター可読記憶媒体。
【請求項26】
請求項10または11に記載の装置と、請求項22または23に記載の装置とを有する通信システム。
【請求項27】
コアネットワークノードによって、チャネル損失情報を伝達する第1のページングメッセージをアクセスネットワークノードに送信するステップであって、前記第1のページングメッセージは端末をページングするのに用いられる、ステップと、
前記アクセスネットワークノードによって、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップと、
を有する、ページング方法。
【請求項28】
更に、
前記コアネットワークノードによって、前記端末の国際移動電話加入者識別番号(IMSI)または一時的移動電話加入者識別番号(S−TMSI)に従って、前記端末のチャネル損失情報を決定するステップを有する、請求項27に記載のページング方法。
【請求項29】
更に、
前記コアネットワークノードによって、前記端末の前記チャネル損失情報を受信するステップと、
前記コアネットワークノードによって、前記端末の前記チャネル損失情報を保存するステップと、
を有する、請求項27または28に記載のページング方法。
【請求項30】
前記チャネル損失情報は伝送パラメータに関連付けられる、
請求項27乃至29のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項31】
前記アクセスネットワークノードによって、前記第1のページングメッセージに応答して、拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップは、
前記伝送パラメータに従って、前記拡張カバレッジ型の制御情報および/または前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージを前記端末に送信するステップ
を有する、請求項30に記載のページング方法。
【請求項32】
前記伝送パラメータは、前記端末への拡張カバレッジ型の制御情報および/または拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送に用いられる繰り返し回数を含む、
請求項30または31に記載のページング方法。
【請求項33】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値の範囲インデックスであり、前記伝送パラメータは、前記拡張カバレッジ型の制御情報によって用いられる繰り返し回数である、
請求項30乃至32のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項34】
前記チャネル損失情報は、チャネル損失の値の範囲インデックスを含む、
請求項27乃至33のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項35】
前記チャネル損失は、チャネル品質指示を含む、
請求項27乃至34のいずれか一項に記載のページング方法。
【請求項36】
前記拡張カバレッジ型の制御情報は、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送では、非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の制御情報の伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たし、
前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージは、以下の条件、すなわち、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送では、非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送よりも多くの時間領域リソースが占有されることと、前記拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数が、前記非拡張カバレッジ型の第2のページングメッセージの伝送におけるビット数よりも少ないことと、のうち少なくとも1つを満たす、
請求項27乃至35のいずれか一項に記載のページング方法。
【外国語明細書】
2019146240000001.pdf