(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】2021067071
(43)【公開日】20210430
(54)【発明の名称】陸屋根用換気部材及び陸屋根用換気部材の施工方法
(51)【国際特許分類】
   E04D 13/16 20060101AFI20210402BHJP
   E04B 1/70 20060101ALI20210402BHJP
【FI】
   !E04D13/16 A
   !E04B1/70 E
【審査請求】未請求
【請求項の数】8
【出願形態】OL
【全頁数】11
(21)【出願番号】2019192490
(22)【出願日】20191023
(71)【出願人】
【識別番号】595133736
【氏名又は名称】株式会社トーコー
【住所又は居所】奈良県生駒市北田原町1208番6号
(71)【出願人】
【識別番号】595106969
【氏名又は名称】大東建託株式会社
【住所又は居所】東京都港区港南2丁目16番1号
(74)【代理人】
【識別番号】100098545
【弁理士】
【氏名又は名称】阿部 伸一
(74)【代理人】
【識別番号】100087745
【弁理士】
【氏名又は名称】清水 善廣
(74)【代理人】
【識別番号】100106611
【弁理士】
【氏名又は名称】辻田 幸史
(74)【代理人】
【識別番号】100189717
【弁理士】
【氏名又は名称】太田 貴章
(72)【発明者】
【氏名】森村 匡弘
【住所又は居所】奈良県生駒市北田原町1208番6号 株式会社トーコー内
(72)【発明者】
【氏名】大久保 孝洋
【住所又は居所】東京都港区港南2丁目16番1号 大東建託株式会社内
【テーマコード(参考)】
2E001
【Fターム(参考)】
2E001DA03
2E001EA08
2E001FA16
2E001NB01
2E001ND21
(57)【要約】
【課題】防水材の防水機能を損なうことがなく、通風開口面を大きくできるとともに、落下する雨水は通風開口面から侵入しにくい陸屋根用換気部材を提供すること。
【解決手段】内壁面11と外壁面12との間に、換気開口32に連通する通風路Aが形成され、第1固定具X1によって木下地40の外周面41よりも換気開口32側の上端面43又は内周面44に取付片13を固定することで、換気部材本体10を木下地40に取り付け、換気部材本体10が木下地40に取り付けられた状態で、通風路Aの通風開口面14が木下地40の外周に配置されることを特徴とする。
【選択図】 図1
【特許請求の範囲】
【請求項1】
上面に防水材が施される陸屋根面に、小屋裏に連通する換気開口を形成し、
前記換気開口の外周に、木下地を前記陸屋根面から立ち上げて設置し、
前記木下地の外周面、及び前記木下地の外周下端から所定範囲にある前記陸屋根面に前記防水材を施し、
前記木下地の上端面に載置して用いる陸屋根用換気部材であって、
前記木下地の前記上端面に当接する取付片を有する換気部材本体と、
前記換気部材本体の上面を覆う換気カバーと
からなり、
前記換気部材本体は、
前記取付片の外周から立ち下げた内壁面と、
前記内壁面に対向させた外壁面と
を有し、
前記内壁面と前記外壁面との間に、前記換気開口に連通する通風路が形成され、
第1固定具によって前記木下地の前記外周面よりも前記換気開口側の前記上端面又は内周面に前記取付片を固定することで、前記換気部材本体を前記木下地に取り付け、
前記換気部材本体が前記木下地に取り付けられた状態で、前記通風路の通風開口面が前記木下地の外周に配置される
ことを特徴とする陸屋根用換気部材。
【請求項2】
前記内壁面の下端には、外方向に延出する第1防水壁を有し、
前記第1防水壁は、前記通風開口面の内周側下方の位置に配置され、
前記換気部材本体が前記木下地に取り付けられた状態で、前記第1防水壁は、前記木下地の前記外周面に対して垂直に、前記陸屋根面に対して平行に配置される
ことを特徴とする請求項1に記載の陸屋根用換気部材。
【請求項3】
前記外壁面の上端には、内方向に延出する第2防水壁を有し、
前記第2防水壁は、前記通風開口面の外周側上方の位置に配置される
ことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の陸屋根用換気部材。
【請求項4】
前記第2防水壁によって前記換気カバーが位置決めされる
ことを特徴とする請求項3に記載の陸屋根用換気部材。
【請求項5】
第3防水壁を、前記通風開口面の内周側であって、前記取付片よりも上方の位置に配置する
ことを特徴とする請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の陸屋根用換気部材。
【請求項6】
前記内壁面と前記外壁面との間に配置され、前記通風路を複数に分割する第4防水壁を有する
ことを特徴とする請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の陸屋根用換気部材。
【請求項7】
前記換気カバーは、
前記換気開口の上方を覆う天面材と、
前記天面材の周囲から垂下させた側面材と
からなり、
前記換気カバーを前記換気部材本体に設置した状態では、前記側面材の下端が前記第1防水壁の下面より下方に位置する
ことを特徴とする請求項2に記載の陸屋根用換気部材。
【請求項8】
内壁面と外壁面との間に通風路が形成される換気部材本体と、前記換気部材本体の上面を覆う天面材と前記天面材の周囲から垂下させた側面材とを有する換気カバーとからなる陸屋根用換気部材の施工方法であって、
上面に防水材が施される陸屋根面に、小屋裏に連通する換気開口を形成し、
前記換気開口の外周に、木下地を前記陸屋根面から立ち上げて設置し、
前記木下地の外周面、及び前記木下地の外周下端から所定範囲にある前記陸屋根面に前記防水材を施し、
前記木下地の上端面に前記換気部材本体を載置し
第1固定具によって前記木下地の前記外周面よりも前記換気開口側の前記上端面又は内周面に前記換気部材本体を固定し、
前記換気部材本体を前記木下地に取り付けた後に、前記換気カバーによって前記換気部材本体を覆い、
第2固定具によって前記外壁面に前記側面材を固定する
ことを特徴とする陸屋根用換気部材の施工方法。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、主に中規模木造建築における陸屋根に設ける陸屋根用換気部材及び陸屋根用換気部材の施工方法に関する。
【背景技術】
【0002】
特許文献1では、陸屋根におけるパラペット部からの換気構造を開示しており、パラペット部によって小屋裏から屋外へ換気する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2005−139713号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、陸屋根の中規模木造建築における集合住宅では、居室ごとに換気部材を設ける必要があるため、パラペット部ではなく陸屋根面に換気部材を設ける必要がある。
また、陸屋根面には、防水材が施されており、防水材を損傷させることなく換気部材を取り付ける必要がある。
【0005】
そこで本発明は、防水材の防水機能を損なうことがなく、通風開口面を大きくできるとともに、落下する雨水は通風開口面から侵入しにくい陸屋根用換気部材を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1記載の本発明の陸屋根用換気部材は、上面に防水材31が施される陸屋根面30に、小屋裏に連通する換気開口32を形成し、前記換気開口32の外周に、木下地40を前記陸屋根面30から立ち上げて設置し、前記木下地40の外周面41、及び前記木下地40の外周下端42から所定範囲にある前記陸屋根面30に前記防水材31を施し、前記木下地40の上端面43に載置して用いる陸屋根用換気部材であって、前記木下地40の前記上端面43に当接する取付片13を有する換気部材本体10と、前記換気部材本体10の上面を覆う換気カバー20とからなり、前記換気部材本体10は、前記取付片13の外周から立ち下げた内壁面11と、前記内壁面11に対向させた外壁面12とを有し、前記内壁面11と前記外壁面12との間に、前記換気開口32に連通する通風路Aが形成され、第1固定具X1によって前記木下地40の前記外周面よりも前記換気開口32側の前記上端面43又は内周面44に前記取付片13を固定することで、前記換気部材本体10を前記木下地40に取り付け、前記換気部材本体10が前記木下地40に取り付けられた状態で、前記通風路Aの通風開口面14が前記木下地40の外周に配置されることを特徴とする。
請求項2記載の本発明は、請求項1に記載の陸屋根用換気部材において、前記内壁面11の下端には、外方向に延出する第1防水壁15を有し、前記第1防水壁15は、前記通風開口面14の内周側下方の位置に配置され、前記換気部材本体10が前記木下地40に取り付けられた状態で、前記第1防水壁15は、前記木下地40の前記外周面41に対して垂直に、前記陸屋根面30に対して平行に配置されることを特徴とする。
請求項3記載の本発明は、請求項1又は請求項2に記載の陸屋根用換気部材において、前記外壁面12の上端には、内方向に延出する第2防水壁16を有し、前記第2防水壁16は、前記通風開口面14の外周側上方の位置に配置されることを特徴とする。
請求項4記載の本発明は、請求項3に記載の陸屋根用換気部材において、前記第2防水壁16によって前記換気カバー20が位置決めされることを特徴とする。
請求項5記載の本発明は、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の陸屋根用換気部材において、第3防水壁17を、前記通風開口面14の内周側であって、前記取付片13よりも上方の位置に配置することを特徴とする。
請求項6記載の本発明は、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の陸屋根用換気部材において、前記内壁面11と前記外壁面12との間に配置され、前記通風路Aを複数に分割する第4防水壁18を有することを特徴とする。
請求項7記載の本発明は、請求項2に記載の陸屋根用換気部材において、前記換気カバー20は、前記換気開口32の上方を覆う天面材21と、前記天面材21の周囲から垂下させた側面材22とからなり、前記換気カバー20を前記換気部材本体10に設置した状態では、前記側面材22の下端が前記第1防水壁15の下面より下方に位置することを特徴とする。
請求項8記載の本発明の陸屋根用換気部材の施工方法は、内壁面11と外壁面12との間に通風路Aが形成される換気部材本体10と、前記換気部材本体10の上面を覆う天面材21と前記天面材21の周囲から垂下させた側面材22とを有する換気カバー20とからなる陸屋根用換気部材の施工方法であって、上面に防水材31が施される陸屋根面30に、小屋裏に連通する換気開口32を形成し、前記換気開口32の外周に、木下地40を前記陸屋根面30から立ち上げて設置し、前記木下地40の外周面41、及び前記木下地40の外周下端42から所定範囲にある前記陸屋根面30に前記防水材31を施し、前記木下地40の上端面43に前記換気部材本体10を載置し第1固定具X1によって前記木下地40の前記外周面41よりも前記換気開口32側の前記上端面43又は内周面44に前記換気部材本体10を固定し、前記換気部材本体10を前記木下地40に取り付けた後に、前記換気カバー20によって前記換気部材本体10を覆い、第2固定具X2によって前記外壁面12に前記側面材22を固定することを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明の陸屋根用換気部材によれば、換気部材本体の取り付けを、木下地の外周面よりも換気開口側の上端面又は内周面に行うことで、木下地の外周面に施す防水材の防水機能を損なうことがなく、換気カバーによって換気部材本体は覆われることで、通風開口面を大きくできるとともに、落下する雨水は通風開口面から侵入しにくい。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本発明の一実施例による陸屋根用換気部材を示す側面端面図
【図2】同実施例による換気部材本体を示す写真
【図3】同実施例による陸屋根用換気部材の施工を示す写真
【図4】同実施例による陸屋根用換気部材の施工を示す写真
【図5】本発明の他の実施例による陸屋根用換気部材を示す側面端面図
【図6】本発明の更に他の実施例による陸屋根用換気部材を示す側面端面図
【発明を実施するための形態】
【0009】
本発明の第1の実施の形態による陸屋根用換気部材は、木下地の上端面に当接する取付片を有する換気部材本体と、換気部材本体の上面を覆う換気カバーとからなり、換気部材本体は、取付片の外周から立ち下げた内壁面と、内壁面に対向させた外壁面とを有し、内壁面と外壁面との間に、換気開口に連通する通風路が形成され、第1固定具によって木下地の外周面よりも換気開口側の上端面又は内周面に取付片を固定することで、換気部材本体を木下地に取り付け、換気部材本体が木下地に取り付けられた状態で、通風路の通風開口面が木下地の外周に配置されるものである。本実施の形態によれば、換気部材本体の取り付けを、木下地の上端面又は内周面に行うことで、木下地の外周面に施す防水材の防水機能を損なうことがなく、換気カバーによって換気部材本体は覆われることで、通風開口面を大きくできるとともに、落下する雨水は通風開口面から侵入しにくい。
【0010】
本発明の第2の実施の形態は、第1の実施の形態による陸屋根用換気部材において、内壁面の下端には、外方向に延出する第1防水壁を有し、第1防水壁は、通風開口面の内周側下方の位置に配置され、換気部材本体が木下地に取り付けられた状態で、第1防水壁は、木下地の外周面に対して垂直に、陸屋根面に対して平行に配置されるものである。本実施の形態によれば、第1防水壁によって、木下地の外周面を伝って吹き上げられる雨水が通風開口面から侵入することを防ぐことができる。
【0011】
本発明の第3の実施の形態は、第1又は第2の実施の形態による陸屋根用換気部材において、外壁面の上端には、内方向に延出する第2防水壁を有し、第2防水壁は、通風開口面の外周側上方の位置に配置されるものである。本実施の形態によれば、第2防水壁によって、吹き上げられて通風開口面を通過した雨水が換気開口に侵入することを防ぐことができる。
【0012】
本発明の第4の実施の形態は、第3の実施の形態による陸屋根用換気部材において、第2防水壁によって換気カバーが位置決めされるものである。本実施の形態によれば、外壁面の上端から内方向に延出する第2防水壁に換気カバーの位置決め機能を持たせることで換気部材本体をシンプルな構成にできる。
【0013】
本発明の第5の実施の形態は、第1から第4のいずれかの実施の形態による陸屋根用換気部材において、第3防水壁を、通風開口面の内周側であって、取付片よりも上方の位置に配置するものである。本実施の形態によれば、第3防水壁によって、吹き上げられて通風開口面を通過した雨水が換気開口に侵入することを防ぐことができる。
【0014】
本発明の第6の実施の形態は、第1から第5のいずれかの実施の形態による陸屋根用換気部材において、内壁面と外壁面との間に配置され、通風路を複数に分割する第4防水壁を有するものである。本実施の形態によれば、第4防水壁によって、吹き上げられて通風開口面を通過した雨水が換気開口に侵入することを防ぐことができるとともに、換気部材本体の強度を高めることができる。
【0015】
本発明の第7の実施の形態は、第2の実施の形態による陸屋根用換気部材において、換気カバーは、換気開口の上方を覆う天面材と、天面材の周囲から垂下させた側面材とからなり、換気カバーを換気部材本体に設置した状態では、側面材の下端が第1防水壁の下面より下方に位置するものである。本実施の形態によれば、側面材の下端から陸屋根面までの隙間寸法によっては吹き上げられる雨水に対する防水性能を調整でき、換気部材本体を変更することなく、換気カバーの調整又は交換によって防水性能を調整できる。
【0016】
本発明の第8の実施の形態による陸屋根用換気部材の施工方法は、上面に防水材が施される陸屋根面に、小屋裏に連通する換気開口を形成し、換気開口の外周に、木下地を陸屋根面から立ち上げて設置し、木下地の外周面、及び木下地の外周下端から所定範囲にある陸屋根面に防水材を施し、木下地の上端面に換気部材本体を載置し第1固定具によって木下地の外周面よりも換気開口側の上端面又は内周面に換気部材本体を固定し、換気部材本体を木下地に取り付けた後に、換気カバーによって換気部材本体を覆い、第2固定具によって外壁面に側面材を固定するものである。本実施の形態によれば、換気部材本体の取り付けを、木下地の上端面又は内周面に行うことで、木下地の外周面に施す防水材の防水機能を損なうことがなく、換気カバーによって換気部材本体は覆われるとともに、換気カバーの取り付けを、外壁面と側面材とで行うことで、換気部材本体及び換気カバーの防水機能を損なうことがない。
【実施例】
【0017】
以下本発明の一実施例による陸屋根用換気部材について説明する。
図1は本実施例による陸屋根用換気部材を示す側面端面図であり、図1(a)は同陸屋根用換気部材の施工状態での端面図、図1(b)は同陸屋根用換気部材の換気カバーの端面図、図1(c)は同陸屋根用換気部材の換気部材本体の端面図、図1(d)は木下地を陸屋根面に設置した状態の端面図である。
【0018】
本実施例による陸屋根用換気部材は、換気部材本体10と、換気部材本体10の上面を覆う換気カバー20とからなる。
陸屋根面30の上面には防水材31が施され、陸屋根面30には小屋裏に連通する換気開口32を形成する。
換気開口32の外周に、木下地40を陸屋根面30から立ち上げて設置し、木下地40の外周面41、及び木下地40の外周下端42から所定範囲にある陸屋根面30に防水材31が施される。
陸屋根用換気部材は、木下地40の上端面43に載置して用いる。
【0019】
換気部材本体10は、木下地40の上端面43に当接する取付片13と、取付片13の外周から立ち下げた内壁面11と、内壁面11に対向させた外壁面12とを有し、内壁面11と外壁面12との間に通風路Aが形成される。
換気部材本体10が木下地40に取り付けられ、換気部材本体10の上面を換気カバー20で覆った状態では、通風路Aは換気開口32に連通し、通風路Aの通風開口面14が木下地40の外周に配置される。通風開口面14は、木下地40の外周面41に対して垂直に、陸屋根面30に対して平行に配置される。
【0020】
換気カバー20は、換気開口32の上方を覆う天面材21と、天面材21の周囲から垂下させた側面材22とを有する。
内壁面11の下端には、外方向に延出する第1防水壁15を有している。第1防水壁15は、通風開口面14の内周側下方の位置に配置され、換気部材本体10が木下地40に取り付けられた状態で、第1防水壁15は、木下地40の外周面41に対して垂直に、陸屋根面30に対して平行に配置される。
外壁面12の上端には、内方向に延出する第2防水壁16を有し、第2防水壁16は、通風開口面14の外周側上方の位置に配置される。換気カバー20は第2防水壁16によって位置決めされる。
内壁面11の上端には、外方向に延出する第3防水壁17を有する。なお、内壁面11は、取付片13の外周端に接続され、第3防水壁17は、通風開口面14の内周側であって、取付片13よりも上方の位置に配置される。
【0021】
第1固定具X1によって木下地40の外周面41よりも換気開口32側の上端面43に取付片13を固定することで、換気部材本体10は木下地40に取り付けられ、第2固定具X2によって外壁面12に側面材22を固定することで、換気カバー20は換気部材本体10に取り付けられる。
【0022】
図2は本実施例による換気部材本体を示す写真であり、図2(a)は同換気部材本体の下面側を示す写真、図2(b)は同換気部材本体を木下地に取り付けた状態を示す写真、図2(c)は同換気部材本体の要部を示す写真、図2(d)は同換気部材本体の第2防水壁の要部を示す写真である。
【0023】
図2(a)及び図2(b)に示すように、換気部材本体10は平面視で正方形状である。
すなわち、取付片13は、木下地40の上端面43に対応する4片の帯状板による正方形状であり、第1防水壁15は、取付片13の外周より大きな正方形状となる4片の帯状板で形成されている。また、通風開口面14についても取付片13の外周より大きな正方形状となる4片の帯状板で形成され、通風開口面14を形成する帯状板には多数の開口を形成している。
図2(b)及び図2(c)に示すように、通風開口面14を形成する4片の帯状板は、それぞれの帯状板の間に第4防水壁18を設けている。
第4防水壁18は、内壁面11と外壁面12との間に配置され、通風路Aを複数に分割する。
第2防水壁16及び第3防水壁17についても平面視で正方形状となる4片の帯状板で形成されている。
【0024】
図3及び図4は本実施例による陸屋根用換気部材の施工を示す写真であり、図3(a)は同陸屋根用換気部材を載置する木下地を示す写真、図3(b)は同木下地と換気部材本体とを示す写真、図3(c)は同換気部材本体を同木下地に載置した状態を示す写真、図4(a)は同木下地に載置した同換気部材本体と換気カバーとを示す写真、図4(b)は同換気部材本体に換気カバーを取り付けた状態を示す写真である。
【0025】
図3(a)に示すように、上面に防水材31が施される陸屋根面30に、小屋裏に連通する換気開口32を正方形状に形成し、換気開口32の外周に、木下地40を陸屋根面30から立ち上げて設置する。木下地40の外周面41、及び木下地40の外周下端42から所定範囲にある陸屋根面30には防水材31を施す。
図3(b)は、木下地40と換気部材本体10との側面を示している。
図3(a)に示す木下地40の上端面43に、換気部材本体10を載置する。木下地40に換気部材本体10を載置した状態を図3(c)に示している。
【0026】
図4(a)は、木下地40に載置した換気部材本体10と換気カバー20との側面を示している。側面材22の高さ寸法は外壁面12の高さ寸法より大きくしている。
図4(b)に示すように、換気カバー20によって換気部材本体10を覆い、第2固定具X2によって外壁面12に側面材22を固定する。
換気カバー20を換気部材本体10に設置した状態では、側面材22の下端が第1防水壁15の下面より下方に位置する。
天面材21は、中心部が凸部となるように四角錐形状としている。
【0027】
図5は本発明の他の実施例による陸屋根用換気部材を示す側面端面図であり、図5(a)は同陸屋根用換気部材の施工状態での端面図、図5(b)は同陸屋根用換気部材の換気カバーの端面図、図5(c)は同陸屋根用換気部材の換気部材本体の端面図、図5(d)は木下地を陸屋根面に設置した状態の端面図である。図1から図4に示す実施例と同一機能部材には同一符号を付して説明を省略する。
【0028】
本実施例では、取付片13には木下地40の内周面44に当接する片を有しており、第1固定具X1によって木下地40の外周面41よりも換気開口32側の内周面44に取付片13を固定することで、換気部材本体10は木下地40に取り付けられる。
なお、本実施例では、木下地40の上端面43に代えて内周面44に固定する場合を示しているが、上端面43と内周面44とに固定してもよい。
【0029】
図6は本発明の他の実施例による陸屋根用換気部材を示す断面施工図である。図1から図5に示す実施例と同一機能部材には同一符号を付して説明を省略する。
【0030】
本実施例では、取付片13の内側で取付片13よりも上方に第3防水壁17を配置している。取付片13の内側で取付片13よりも上方に第3防水壁17を配置することで開口面積と防水性能を確保しながら換気本体10のサイズをコンパクトにすることが出来る。
【0031】
以上のように、本実施例によれば、換気部材本体10の取り付けを、木下地40の上端面43又は内周面44に行うことで、木下地40の外周面41に施す防水材31の防水機能を損なうことがなく、換気カバー20によって換気部材本体10は覆われることで、通風開口面14を大きくできるとともに、落下する雨水は通風開口面14から侵入しにくい。
また、本実施例によれば、第1防水壁15によって、木下地40の外周面41を伝って吹き上げられる雨水が通風開口面14から侵入することを防ぐことができる。
また、本実施例によれば、第2防水壁16によって、吹き上げられて通風開口面14を通過した雨水が換気開口32に侵入することを防ぐことができる。
また、本実施例によれば、外壁面12の上端から内方向に延出する第2防水壁16に換気カバー20の位置決め機能を持たせることで換気部材本体10をシンプルな構成にできる。
また、本実施例によれば、第3防水壁17によって、吹き上げられて通風開口面14を通過した雨水が換気開口32に侵入することを防ぐことができる。
また、本実施例によれば、通風路Aを複数に分割する第4防水壁18によって、吹き上げられて通風開口面14を通過した雨水が換気開口32に侵入することを防ぐことができるとともに、換気部材本体10の強度を高めることができる。
また、本実施例によれば、換気カバー20を換気部材本体10に設置した状態では、側面材22の下端が第1防水壁15の下面より下方に位置することで、側面材22の下端から陸屋根面30までの隙間寸法によっては吹き上げられる雨水に対する防水性能を調整でき、換気部材本体10を変更することなく、換気カバー20の調整又は交換によって防水性能を調整できる。
また、本実施例によれば、換気部材本体10の取り付けを、木下地40の上端面43又は内周面44に行うことで、木下地40の外周面41に施す防水材31の防水機能を損なうことがなく、換気カバー20によって換気部材本体10は覆われるとともに、換気カバー20の取り付けを、外壁面12と側面材22とで行うことで、換気部材本体10及び換気カバー20の防水機能を損なうことがない。
【産業上の利用可能性】
【0032】
本発明は、陸屋根の中規模木造建築における集合住宅において適している。
【符号の説明】
【0033】
10 換気部材本体
11 内壁面
12 外壁面
13 取付片
14 通風開口面
15 第1防水壁
16 第2防水壁
17 第3防水壁
18 第4防水壁
20 換気カバー
21 天面材
22 側面材
30 陸屋根面
31 防水材
32 換気開口
40 木下地
41 外周面
42 外周下端
43 上端面
44 内周面
A 通風路
X1 第1固定具
X2 第2固定具
【図1】
【図2】
【図3】
【図4】
【図5】
【図6】