(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】2019525574
(43)【公表日】20190905
(54)【発明の名称】拡張コンポーネントキャリアのための効率的な電力利用
(51)【国際特許分類】
   H04W 72/04 20090101AFI20190809BHJP
   H04W 16/14 20090101ALI20190809BHJP
   H04W 72/12 20090101ALI20190809BHJP
【FI】
   !H04W72/04 111
   !H04W72/04 132
   !H04W72/04 131
   !H04W72/04 136
   !H04W16/14
   !H04W72/12 130
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】47
(21)【出願番号】2019500663
(86)(22)【出願日】20170717
(85)【翻訳文提出日】20190109
(86)【国際出願番号】US2017042421
(87)【国際公開番号】WO2018017491
(87)【国際公開日】20180125
(31)【優先権主張番号】62/363,694
(32)【優先日】20160718
(33)【優先権主張国】US
(31)【優先権主張番号】15/596,869
(32)【優先日】20170516
(33)【優先権主張国】US
(81)【指定国】 AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,ST,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,KM,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BN,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DJ,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IR,IS,JO,JP,KE,KG,KH,KN,KP,KR,KW,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PA,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SA,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT
(71)【出願人】
【識別番号】507364838
【氏名又は名称】クアルコム,インコーポレイテッド
【住所又は居所】アメリカ合衆国 カリフォルニア 92121 サン ディエゴ モアハウス ドライブ 5775
(74)【代理人】
【識別番号】100108453
【弁理士】
【氏名又は名称】村山 靖彦
(74)【代理人】
【識別番号】100163522
【弁理士】
【氏名又は名称】黒田 晋平
(72)【発明者】
【氏名】シャオシア・ジャン
【住所又は居所】アメリカ合衆国・カリフォルニア・92121−1714・サン・ディエゴ・モアハウス・ドライヴ・5775
(72)【発明者】
【氏名】ウェイ・ジャン
【住所又は居所】アメリカ合衆国・カリフォルニア・92130・サン・ディエゴ・ローレルクレスト・ドライヴ・11249
(72)【発明者】
【氏名】アレクサンダー・ダムンジャノヴィッチ
【住所又は居所】アメリカ合衆国・カリフォルニア・92121−1714・サン・ディエゴ・モアハウス・ドライヴ・5775
(72)【発明者】
【氏名】フアン・モントジョ
【住所又は居所】アメリカ合衆国・カリフォルニア・92121−1714・サン・ディエゴ・モアハウス・ドライヴ・5775
【テーマコード(参考)】
5K067
【Fターム(参考)】
5K067AA13
5K067AA43
5K067CC02
5K067CC04
5K067DD34
5K067EE02
5K067EE10
5K067EE63
5K067JJ22
(57)【要約】
ワイヤレス通信のための方法、システム、およびデバイスについて記載する。ユーザ機器(UE)は、ダウンリンクデータ送信の許可を含む制御メッセージの狭帯域(たとえば、シングルキャリア、アンカーキャリアなど)を監視し得る。制御メッセージを含む狭帯域は、システム帯域幅の一部であってもよい。次いで、UEは、制御メッセージに従ってデータについて広帯域(たとえば、システム帯域幅のすべてまたは複数のキャリア)を監視し得る。広帯域の監視は、増加した周波数スペクトルの範囲での受信を可能にするために、(たとえば、受信機回路切替えなど)追加または代替の回路に電力供給することを含み得る。いくつかの例では、UEにおける許可処理および受信機回路切替えを可能にするように、制御メッセージと許可との間に、ギャップまたは狭帯域データ送信がスケジュールされ得る。いくつかの場合には、制御メッセージおよびデータ送信は、同じまたは異なる送信時間間隔(TTI)で受信されてもよい。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ワイヤレス通信のための方法であって、
ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視するステップと、
前記第1の帯域幅において、前記ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信するステップと、
前記許可によって指定されているように前記ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定するステップと、
送信時間間隔(TTI)中に前記データ送信のために前記受信機により前記第2の帯域幅を監視するステップであり、前記受信された制御メッセージと前記データ送信との間に時間ギャップが存在する、ステップと
を含む方法。
【請求項2】
前記時間ギャップは、前記ワイヤレスデバイスが前記許可を処理する、または狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるように受信機回路を準備することを可能にする、請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記時間ギャップ中に前記制御メッセージを復号するステップと、
前記受信機による前記第1の帯域幅の監視から、前記受信機による前記第2の帯域幅の監視に切り替えるように準備するステップと
をさらに含む請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記第2の帯域幅が広帯域を含み、
前記第1の帯域幅が前記広帯域の狭帯域部分を含み、
前記第1の帯域幅が前記第2の帯域幅の一部である
請求項1に記載の方法。
【請求項5】
前記第1の帯域幅を監視するステップが、前記受信機の狭帯域受信機回路により前記第1の帯域幅を監視するステップを含み、
前記第2の帯域幅を監視するステップが、前記受信機の広帯域受信機回路により前記第2の帯域幅を監視するステップを含む
請求項1に記載の方法。
【請求項6】
前記第1の帯域幅がアンカーキャリアを含み、
前記第2の帯域幅が1つまたは複数のキャリアを含む
請求項1に記載の方法。
【請求項7】
前記1つまたは複数のキャリアが、前記アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む、請求項6に記載の方法。
【請求項8】
前記TTIの第2の部分の間に前記第2の帯域幅において前記データ送信を受信するステップであり、前記TTIの前記第2の部分の前の前記TTIの第1の部分において前記許可が受信される、ステップ
をさらに含む請求項1に記載の方法。
【請求項9】
前記TTIの前記第1の部分の間、および前記データ送信を受信するより前に、前記許可を処理するステップ
をさらに含む請求項8に記載の方法。
【請求項10】
前記TTIの前記第2の部分における前記第2の帯域幅の監視に切り替えるより前に、前記TTIの前記第1の部分の間に前記第1の帯域幅における前記データ送信の第1の部分を、前記許可に少なくとも部分的に基づいて、受信するステップ
をさらに含む請求項8に記載の方法。
【請求項11】
前記TTIの前記第1の部分の間に前記制御メッセージを復号するステップと、
前記TTIの前記第1の部分の間に、前記受信機による前記第1の帯域幅の監視から、前記受信機による前記第2の帯域幅の監視に切り替えるように準備するステップと
をさらに含む請求項10に記載の方法。
【請求項12】
前記許可、または無線リソース制御メッセージ、または複数のワイヤレスデバイスにブロードキャストされるメッセージのうちの1つまたは両方において、前記データ送信の前記第1の部分を受信するための持続時間の指示を受信するステップ
をさらに含む請求項10に記載の方法。
【請求項13】
前記データ送信が、物理ダウンリンク共有チャネル(PDSCH)において受信される、請求項8に記載の方法。
【請求項14】
前記TTI中に前記第2の帯域幅で前記データ送信を受信するステップであり、前記許可が、以前のTTIで受信される、ステップ
をさらに含む請求項1に記載の方法。
【請求項15】
前記TTI中に前記第1の帯域幅において、第2のTTIのダウンリンクデータ送信リソースの前記許可を含む前記制御メッセージを受信するステップであり、前記第2のTTIが前記TTIに続く、ステップ
をさらに含む請求項14に記載の方法。
【請求項16】
前記TTIが第1の送信機会にあり、
前記以前のTTIが以前の送信機会にある
請求項14に記載の方法。
【請求項17】
前記許可を受信することに少なくとも部分的に基づいて中間TTI中に第1のクリアチャネルアセスメントを実行するステップであり、前記中間TTIが前記以前のTTIの後であり、前記TTIの前である、ステップと、
前記第1のクリアチャネルアセスメントに少なくとも部分的に基づいて前記中間TTI中に前記第2の帯域幅が占有されていると決定するステップと、
前記TTI中に前記第2の帯域幅がクリアであることを決定するステップであり、前記TTI中に前記第2の帯域幅を監視すると決定するステップが、前記TTI中に前記第2の帯域幅がクリアであると決定することに少なくとも部分的に基づく、ステップと、
前記TTIの第1の部分の間に、前記受信機による前記第1の帯域幅の監視から、広帯域受信機による前記第2の帯域幅の監視に切り替えるように準備するステップと
をさらに含む請求項14に記載の方法。
【請求項18】
第2のTTI中に、前記ワイヤレスデバイスがリソースについての第2の許可を受信していないと決定するステップと、
前記ワイヤレスデバイスがリソースについての前記第2の許可を受信していないと決定することに少なくとも部分的に基づいて、不連続受信モード(DRX)に入るステップと
をさらに含む請求項1に記載の方法。
【請求項19】
ワイヤレス通信のための方法であって、
第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを送信するステップであり、前記許可が、前記ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定する、ステップと、
前記制御メッセージと前記データ送信との間の時間ギャップをスケジュールするステップと、
前記第2の帯域幅において、前記スケジュールされた時間ギャップに少なくとも部分的に基づいて、送信時間間隔(TTI)中に前記データ送信を送信するステップと
を含む方法。
【請求項20】
前記スケジュールされた時間ギャップが、前記ワイヤレスデバイスが前記許可を処理する、または狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるように受信機回路を準備する、またはそれらの何らかの組合せのための時間を与える、請求項19に記載の方法。
【請求項21】
前記第2の帯域幅が広帯域を含み、
前記第1の帯域幅が前記広帯域の狭帯域部分を含み、
前記第1の帯域幅が前記第2の帯域幅の一部である
請求項19に記載の方法。
【請求項22】
前記第1の帯域幅がアンカーキャリアを含み、
前記第2の帯域幅が1つまたは複数のキャリアを含む
請求項19に記載の方法。
【請求項23】
前記1つまたは複数のキャリアが、前記アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む、請求項22に記載の方法。
【請求項24】
前記TTIの第2の部分の間に前記第2の帯域幅において前記データ送信を送信するステップであり、前記TTIの前記第2の部分の前の前記TTIの第1の部分において前記許可が送信される、ステップ
をさらに含む請求項19に記載の方法。
【請求項25】
前記TTIの前記第2の部分における前記第2の帯域幅における前記データ送信の第2の部分を送信するより前の前記TTIの前記第1の部分の間に前記第1の帯域幅における前記データ送信の第1の部分を、前記許可に少なくとも部分的に基づいて、送信するステップ
をさらに含む請求項24に記載の方法。
【請求項26】
前記許可、無線リソース制御メッセージ、または複数のワイヤレスデバイスにブロードキャストされるメッセージにおいて、前記データ送信の前記第1の部分の持続時間の指示を送信するステップ
をさらに含む請求項25に記載の方法。
【請求項27】
前記TTI中に前記第2の帯域幅で前記データ送信を送信するステップであり、前記許可が、以前のTTIで送信される、ステップ
をさらに含む請求項19に記載の方法。
【請求項28】
前記TTIが第1の送信機会にあり、
前記以前のTTIが以前の送信機会にある
請求項27に記載の方法。
【請求項29】
システムにおける、ワイヤレス通信のための装置であって、
ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視するための手段と、
前記第1の帯域幅において、前記ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信するための手段と、
前記許可によって指定されているように前記ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定するための手段と、
送信時間間隔(TTI)中に前記データ送信のために前記受信機により前記第2の帯域幅を監視するための手段であり、前記受信された制御メッセージと前記データ送信との間に時間ギャップが存在する、手段と
を含む装置。
【請求項30】
システムにおける、ワイヤレス通信のための装置であって、
第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを送信するための手段であり、前記許可が、前記ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定する、手段と、
前記制御メッセージと前記データ送信との間の時間ギャップをスケジュールするための手段と、
前記第2の帯域幅において、前記スケジュールされた時間ギャップに少なくとも部分的に基づいて、送信時間間隔(TTI)中に前記データ送信を送信するための手段と
を含む装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
相互参照
本特許出願は、各々が本出願の譲受人に譲渡された、2017年5月16日に出願された「Efficient Power Utilization for Enhanced Component Carriers」と題するZhangらによる米国特許出願第15/596,869号、および2016年7月18日に出願された「Efficient Power Utilization for Enhanced Component Carriers」と題するZhangらによる米国仮特許出願第62/363,694号の優先権を主張する。
【0002】
以下は、一般にワイヤレス通信に関し、より詳細には、拡張コンポーネントキャリア(eCC)、マルチキャリアシステム、広帯域システムなどのための効率的な電力利用に関する。
【背景技術】
【0003】
ワイヤレス通信システムは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、放送などの、様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および電力)を共有することによって、複数のユーザとの通信をサポートすることが可能である場合がある。そのような多元接続システムの例としては、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続(TDMA)システム、周波数分割多元接続(FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システム、(たとえば、ロングタームエボリューション(LTE)システム)がある。ワイヤレス多元接続通信システムは、ユーザ機器(UE)としても知られていることがある、複数の通信デバイスのための通信を各々が同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。
【0004】
キャリアアグリゲーション(たとえば、2つ以上の周波数キャリアを介した通信など)をサポートするワイヤレス通信システムにおいて動作するUEは、たとえば、UEが、特定の時間間隔中にUEに関連する情報を含み得る、または含んでいない可能性のある1組のキャリアを監視する場合など、消費電力の増加を被り得る。たとえば、UEは、ダウンリンクデータ送信リソースおよびデータ送信の許可について、複数のキャリアを含むシステム帯域幅を監視し得る。しかしながら、システム帯域幅の一部またはすべてのキャリアは、特定の時間間隔中にUEに向けられた許可またはデータを含まないことがある。(たとえば、広帯域監視など)システム帯域幅のすべてのキャリアを監視することは、不必要な消費電力をもたらす可能性がある。
【発明の概要】
【課題を解決するための手段】
【0005】
説明する技法は、拡張コンポーネントキャリア(eCC)を使用するワイヤレス通信システムのための効率的な電力利用をサポートする改善された方法、システム、デバイス、または装置に関する。本明細書で説明する技法は、ユーザ機器(UE)がシステム帯域幅全体の一部を監視することができる(たとえば、システム帯域幅全体に基づいて無線周波数を監視するために受信機を開始する必要がない)任意のマルチキャリアまたは広帯域システムに適用可能であり得る。UEは、ダウンリンクデータ送信の許可を含む制御メッセージについて狭帯域(たとえば、複数のeCCのシングルキャリア、アンカーキャリア、制御サブバンドなど)を監視し得る。制御メッセージを搬送する狭帯域は、システム帯域幅の一部、または広帯域の一部であってもよい。次いで、UEは、制御メッセージに従ってデータについて広帯域(たとえば、システム帯域幅のすべてまたは複数のキャリア)を監視し得る。広帯域の監視は、増加した周波数スペクトルの範囲での受信を可能にするために、たとえば、受信機またはトランシーバの回路の切替えを介して、追加または代替の回路に電力供給することを含み得る。いくつかの例では、制御メッセージと許可との間に、狭帯域データ送信または送信のギャップがスケジュールされ得る。このギャップは、1つまたは複数の許可を処理し、広帯域にわたってダウンリンク送信を受信するように切り替えるようにUEの受信機回路を準備するための時間をUEに与え得る。いくつかの場合には、制御メッセージ(たとえば、許可を含む)およびデータ送信は、同じ送信時間間隔(TTI)で受信され得る。他の例では、データ送信は、直前のTTIまたは以前のTTIにおいて受信された許可(たとえば、クロス送信機会ダウンリンク許可)に従って、TTIにおいて受信され得、たとえば、クリアチャネルアセスメント(CCA)が失敗し、許可に関連するデータ送信が、以前のTTIの後の1つまたは複数のTTIにおいて行われる。他の例では、UEは、ダウンリンクデータ送信リソースについての許可を示す制御メッセージを受信しない、または正常に受信しない場合があり、その場合、UEは、不連続受信(DRX)モードに入り得る。
【0006】
ワイヤレス通信の方法について説明する。この方法は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視するステップと、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信するステップと、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定するステップと、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視するステップであり、受信された制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップが存在する、ステップとを含み得る。
【0007】
ワイヤレス通信のための装置について説明する。この装置は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視するための手段と、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信するための手段と、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定するための手段と、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視するための手段であり、受信された制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップが存在する、手段とを含み得る。
【0008】
ワイヤレス通信の方法について説明する。この方法は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを送信するステップであり、許可が、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定する、ステップと、制御メッセージとデータ送信との間の時間ギャップをスケジュールするステップと、第2の帯域幅において、スケジュールされた時間ギャップに少なくとも部分的に基づいて、TTI中にデータ送信を送信するステップとを含み得る。
【0009】
ワイヤレス通信のための装置について説明する。この装置は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを送信するための手段であり、許可が、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定する、手段と、制御メッセージとデータ送信との間の時間ギャップをスケジュールするための手段と、第2の帯域幅において、スケジュールされた時間ギャップに少なくとも部分的に基づいて、TTI中にデータ送信を送信するための手段とを含み得る。
【0010】
ワイヤレス通信のための別の装置について説明する。装置は、プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリと、メモリに記憶された命令とを含み得る。命令は、プロセッサに、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視することと、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信することと、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定することと、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視することであり、受信された制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップが存在する、監視することとを行わせるように動作可能であり得る。
【0011】
ワイヤレス通信のための非一時的コンピュータ可読媒体について説明する。非一時的コンピュータ可読媒体は、プロセッサに、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視することと、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信することと、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定することと、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視することであり、受信された制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップが存在する、監視することとを行わせるように動作可能な命令を含み得る。
【0012】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、時間ギャップによって、ワイヤレスデバイスは、許可を処理し、または狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるように受信機回路を準備することができる。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、第2の帯域幅は、広帯域を含む。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、第1の帯域幅は、広帯域の狭帯域部分を含む。
【0013】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、受信機の狭帯域受信機回路により第1の帯域幅を監視することを含む、第1の帯域幅を監視するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、受信機の広域受信機回路により第2の帯域幅を監視することを含む、第2の帯域幅を監視するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【0014】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、第1の帯域幅は、アンカーキャリアを含む。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、第2の帯域幅は、1つまたは複数のキャリアを含む。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、1つまたは複数のキャリアは、アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む。
【0015】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTIの第2の部分の間に第2の帯域幅においてデータ送信を受信するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得、ここにおいて、許可は、TTIの第2の部分の前のTTIの第1の部分において受信され得る。
【0016】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTIの第1の部分の間、およびデータ送信を受信するより前に、許可を処理するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップが挿入され得る。
【0017】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、時間ギャップ中に制御メッセージを復号するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、受信機により第1の帯域幅を監視することから受信機により第2の帯域幅を監視することに切り替えるように準備するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【0018】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTIの第2の部分における第2の帯域幅の監視に切り替えるより前に、TTIの第1の部分の間に第1の帯域幅におけるデータ送信の第1の部分を、許可に少なくとも部分的に基づいて、受信するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【0019】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTIの第1の部分の間に制御メッセージを復号するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTIの第1の部分の間に、受信機により第1の帯域幅を監視することから受信機により第2の帯域幅を監視することに切り替えるように準備するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【0020】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、許可、または無線リソース制御メッセージ、または複数のワイヤレスデバイスにブロードキャストされるメッセージのうちの1つまたは両方において、データ送信の第1の部分を受信するための持続時間の指示を受信するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【0021】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、データ送信は、物理ダウンリンク共有チャネル(PDSCH)で受信され得る。
【0022】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTI中に第2の帯域幅においてデータ送信を受信するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得、ここにおいて、許可は、以前のTTIにおいて受信され得る。
【0023】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTI中の第1の帯域幅において、第2のTTIのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得、ここにおいて、第2のTTIはこのTTIに続く。
【0024】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、TTIは第1の送信機会にあり得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例では、以前のTTIは以前の送信機会にあり得る。
【0025】
上述した方法、装置、または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、許可を受信することに少なくとも部分的に基づいて、中間TTI中に第1のCCAを実行するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得、ここにおいて、中間TTIは、以前のTTIの後であり、このTTIの前であり得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、第1のCCAに少なくとも部分的に基づいて中間TTI中に第2の帯域幅が占有され得ることを決定するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。上述した方法、装置、および非一時的なコンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTI中、第2の帯域幅がクリアであり得ることを決定するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得、ここにおいて、TTI中に第2の帯域幅を監視することを決定することが、TTI中、第2の帯域幅がクリアであり得ることを決定することに少なくとも部分的に基づき得る。上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、TTIの第1の部分の間に、受信機により第1の帯域幅を監視することから広帯域受信機により第2の帯域幅を監視することに切り替えるように準備するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【0026】
上述した方法、装置、および非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、第2のTTI中に、ワイヤレスデバイスがリソースの第2の許可を受信していない可能性があると決定するためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。上述した方法、装置、または非一時的コンピュータ可読媒体のいくつかの例は、ワイヤレスデバイスがリソースの第2の許可を受信していない可能性があると決定することに少なくとも部分的に基づいてDRXモードに入るためのプロセス、特徴、手段、または命令をさらに含み得る。
【図面の簡単な説明】
【0027】
【図1】本開示の態様による、拡張コンポーネントキャリア(eCC)のための効率的な電力利用をサポートするワイヤレス通信のためのシステムの一例を示す図である。
【図2】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするワイヤレス通信システムの一例を示す図である。
【図3】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするダウンリンク送信構成の一例を示す図である。
【図4】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするダウンリンク送信構成の一例を示す図である。
【図5】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするダウンリンク送信構成の一例を示す図である。
【図6】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイスの図である。
【図7】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイスの図である。
【図8】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイスの図である。
【図9】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするユーザ機器(UE)を含むシステムの図である。
【図10】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイスの図である。
【図11】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイスの図である。
【図12】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイスの図である。
【図13】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートする基地局を含むシステムの図である。
【図14】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法を示す図である。
【図15】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法を示す図である。
【図16】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法を示す図である。
【図17】本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0028】
キャリアアグリゲーション(たとえば、拡張コンポーネントキャリア(eCC)またはマルチキャリアシステムなどの広帯域システム)をサポートするシステムにおけるシステム帯域幅の大部分またはすべてのキャリアを監視することは、過剰な消費電力をもたらすことがある。ユーザ装置(UE)に向けられる送信は、システム帯域幅全体にまたがらない、または所与の時間期間内に存在しない場合がある。一例では、UEは、シングルキャリア上でUEに対して許可がスケジュールされ得る場合でも、許可についてシステム帯域幅におけるいくつかのキャリアを監視し得る。より効率的な電力利用のために、UEは、システム帯域幅(たとえば、いくつかのキャリアを含む広帯域)のうちのシステム帯域幅の一部(たとえば、狭帯域幅(狭帯域)またはアンカーキャリア)を監視し得る。たとえば、UEは、基地局からのデータ送信が(たとえば、監視された狭帯域またはアンカーキャリアなど)システム帯域幅の監視されたサブセットよりも多くにまたがる旨の指示を最初に受信した後、(たとえば、広帯域受信機を使用して)システム帯域幅の全体を監視するように切り替え得る。いくつかの場合には、UEは、狭帯域受信機を使用して許可を監視し、その後、許可によって示される情報に従って、UEの受信機の広帯域受信機回路を開く、または起動し得る。たとえば、許可は、システム帯域幅内の1つまたは複数のキャリアが、示された送信時間間隔(TTI)の一部または全部の間、UEのためのデータを含むことを示し得る。許可は、現在のTTIまたは後続のTTIにおけるUEのためのダウンリンクデータ送信リソースを示し得る。いくつかの場合には、基地局は、UEが許可を復号し、狭帯域における受信から広帯域における受信にUE受信機回路を切り替えるための処理時間を与えるために、許可とダウンリンクデータ送信リソースに関連するデータ送信との間のギャップをスケジュールし得る。他の場合には、基地局は、許可の後、しかし、システム帯域幅にまたがるデータ送信より前の時間期間の間に、許可と同じキャリア上で(たとえば、UEによって監視されるキャリア上で)データ送信をスケジュールし得る。代替的に、基地局は、データ送信が後のTTIおよび/または後のTxOPにおいて行われるように、前のTTIにおいてクロスTTIおよび/またはクロス送信機会(TxOP)ダウンリンク許可を送信してもよい。
【0029】
本開示の態様について、最初にワイヤレス通信システムの文脈で説明する。次いで、eCCのための効率的な電力利用をサポートするワイヤレスシステムおよびダウンリンク送信構成の例について説明する。本開示の態様はさらに、eCCのための効率的な電力利用に関連する装置の図、システムの図、およびフローチャートによって示され、それらを参照して説明される。
【0030】
図1は、本開示の様々な態様によるワイヤレス通信システム100の一例を示す。ワイヤレス通信システム100は、基地局105と、UE115と、コアネットワーク130とを含む。いくつかの例では、ワイヤレス通信システム100は、ロングタームエボリューション(LTE)/LTEアドバンスト(LTE-A)ネットワーク、またはNew Radio(NR)ネットワークであり得る。たとえば、ワイヤレス通信システム100は、重複するカバレージエリアとともに動作する、LTE/LTE-Aネットワーク、MuLTEFireネットワーク、ニュートラルホストスモールセルネットワークなどを含み得る。MuLTEFireネットワークは、たとえば認可周波数アンカーキャリアなしで、無認可無線周波数スペクトル帯域において通信するアクセスポイント(AP)および/または基地局105を含み得る。たとえば、MuLTEFireネットワークは、認可スペクトルにおいてアンカーキャリアなしで動作し得る。場合によっては、ワイヤレス通信システム100は、拡張ブロードバンド通信、超高信頼(すなわち、ミッションクリティカル)通信、低レイテンシ通信、および低コストで低複雑度のデバイスを伴う通信をサポートし得る。いくつかの例では、MuLTEfire通信システムは、カバレージ拡張モードを有するUEをサポートし得る。加えて、MuLTEfire通信システムは、異なるUEタイプを含み、サポートし得る。あるUEタイプは、カバレージ拡張モードに関する能力が欠けている場合があるレガシーUEであり得る。追加または代替として、別のUEタイプは、カバレージ拡張モードに関する能力を持つ場合があるMuLTEfire UEであり得る。
【0031】
基地局105は、1つまたは複数の基地局アンテナを介してUE115とワイヤレスに通信し得る。各基地局105は、それぞれの地理的カバレージエリア110に通信カバレージを提供してもよい。ワイヤレス通信システム100中に示されている通信リンク125は、UE115から基地局105へのUL送信、または基地局105からUE115へのDL送信を含み得る。UE115は、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散されてもよく、各UE115は固定またはモバイルであり得る。UE115は、移動局、加入者局、リモートユニット、ワイヤレスデバイス、アクセス端末(AT)、ハンドセット、ユーザエージェント、クライアント、または同様の用語で呼ばれることもある。UE115はまた、携帯電話、ワイヤレスモデム、ハンドヘルドデバイス、パーソナルコンピュータ、タブレット、パーソナル電子デバイス、MTCデバイスなどであってもよい。
【0032】
基地局105は、コアネットワーク130と通信するとともに互いに通信してもよい。たとえば、基地局105は、バックホールリンク132(たとえば、S1など)を介してコアネットワーク130とインターフェースしてもよい。基地局105は、バックホールリンク134(たとえば、X2など)を介して直接または間接的に(たとえば、コアネットワーク130を通して)互いに通信してもよい。基地局105は、UE115との通信のための無線構成およびスケジューリングを実施してもよく、または基地局コントローラ(図示せず)の制御下で動作してもよい。いくつかの例では、基地局105は、マクロセル、スモールセル、ホットスポットなどであってもよい。基地局105は、eNodeB(eNB)105とも呼ばれ得る。
【0033】
ワイヤレス通信システムは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、放送などの、様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および電力)を共有することによって、複数のユーザとの通信をサポートすることが可能である場合がある。そのような多元接続システムの例としては、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続(TDMA)システム、周波数分割多元接続(FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムが含まれる。ワイヤレス多元接続通信システムは、UEとしても知られていることがある、1つまたは複数の通信デバイスのための通信を各々が同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。
【0034】
いくつかの場合には、ワイヤレス通信システム100(たとえば、広帯域システムまたはマルチキャリアシステム)は、eCCを使用するシステム帯域幅にわたって基地局105とUE115との間の通信をサポートし得る。システム帯域幅は、各々システム帯域幅のサブセットにまたがる複数のキャリアまたはサブバンド(たとえば、制御サブバンド)を含み得る。基地局105は、たとえば、基地局105におけるスケジューリング決定に応じて、システム帯域幅に含まれるキャリアのサブセットを介してUE115にデータを送信し得る。いくつかの場合には、基地局105からの広帯域データ送信は、複数のUE115のためのデータを含み得る。さらに、基地局105からUE115へのデータ送信は、ダウンリンクデータ送信のためのリソースの割当てを示すダウンリンク許可または制御メッセージと対にされ得る。
【0035】
基地局105は、システム帯域幅内のキャリアのサブセットを使用して通信リンク125を介してデータを送信し得る。したがって、UE115は、たとえば、広帯域受信機回路を使用して、1つまたは複数のキャリアにわたって基地局105からのデータについてシステム帯域幅を監視し得る。いくつかの場合には、基地局105は、UE115にダウンリンク許可およびデータを同時に送信し得る。いくつかの例では、基地局105は、狭帯域、またはデータ送信帯域幅よりも狭い帯域幅上のシングルキャリアを使用してダウンリンク許可を送信し得る。そのような例では、広帯域受信機回路を使用するデータ送信についてのシステム帯域幅(たとえば、より大きい帯域幅)の一貫性のある監視は、消費電力の増加または高さに関連し得る。ダウンリンク許可についての狭帯域監視をサポートしながら、許可によって指定されたダウンリンク送信リソースに基づいて広帯域でのデータ送信の受信のために広帯域に切り替えるように依然として構成されているUE115は、かなりの電力を節約し得る。
【0036】
いくつかの場合には、UE115または基地局105は、共有または無認可周波数スペクトルで動作し得る。これらのデバイスは、チャネルが利用可能であるかどうかを判断するために、通信するのに先立って、クリアチャネルアセスメント(CCA)などのリッスンビフォアトーク(LBT)手順を実施することができる。CCAは、共有無線周波数スペクトル帯域の特定のチャネルを使用する任意の他のアクティブな送信があるかどうかを決定するためのエネルギー検出手順を含み得る。たとえば、デバイスは、電力メータの受信信号強度指示(RSSI)の変化が、チャネルが占有されていることを示すと推測し得る。具体的には、一定の帯域幅に集中し、所定の雑音フロアを超える信号電力は、別のワイヤレス送信機を示し得る。CCAはまた、チャネルの使用を示す特定のシーケンスの検出を含み得る。たとえば、別のデバイスは、チャネルが占有されていることを示し、他のデバイスの送信に関連する時間期間も示し得るデータシーケンスを送信するより前に、特定のプリアンブルを送信し得る。
【0037】
いくつかの場合には、ワイヤレス通信システム100は、たとえば、狭帯域では単一または少数のeCC、広帯域ではより多くのまたは多数のeCCなど、1つまたは複数のeCCを利用し得る。eCCは、フレキシブル帯域幅、異なるTTI、および修正された制御チャネル構成を含む、1つまたは複数の特徴によって特徴づけられ得る。いくつかの場合には、eCCは、キャリアアグリゲーション(CA)構成またはデュアル接続性構成(たとえば、複数のサービングセルが準最適なバックホールリンクを有するとき)に関連付けられ得る。eCCはまた、(たとえば、2つ以上の事業者が同じスペクトルを使用することを認可された場合)無認可スペクトルまたは共有スペクトルにおいて使用するために構成され得る。
【0038】
フレキシブル帯域幅によって特徴づけられるeCCは、全帯域幅を監視することを行うことが可能でないか、または(たとえば、電力を節約するために)限られた帯域幅を使用することを選好するUE115によって利用され得る1つまたは複数のセグメントを含み得る。場合によっては、eCCは、他のコンポーネントキャリア(CC)のTTIと比較して縮小されたまたは可変のシンボル持続時間の使用を含み得る、他のCCとは異なるTTI長を利用し得る。シンボル持続時間は、いくつかの場合には同じままであり得るが、各シンボルは別個のTTIを表し得る。
【0039】
いくつかの例では、eCCは、異なるTTI長を使用する送信をサポートし得る。たとえば、いくつかのCCは一様な1ms TTIを使用し得るが、あるeCCは単一のシンボル、シンボルのペア、またはスロットなどのTTI長を使用し得る。いくつかの場合には、より短いシンボル持続時間は、増加したサブキャリア間隔にも関連付けられ得る。低減されたTTI長と併せて、eCCは、動的な時分割複信(TDD)動作を利用し得る(たとえば、eCCは、動的条件に従って短いバーストのためにDL動作からUL動作に切り替わり得る)。フレキシブル帯域幅および可変TTIは、変更された制御チャネル構成に関連付けられ得る(たとえば、eCCは、DL制御情報のために拡張物理ダウンリンク制御チャネル(ePDCCH)を利用し得る)。たとえば、eCCの1つまたは複数の制御チャネルは、フレキシブル帯域幅の使用に適応するために周波数分割多重(FDM)スケジューリングを利用し得る。
【0040】
いくつかの例では、基地局105は、TxOPに関連付けられた持続時間の間、基地局105によって実行されるLBT手順を介して共有無線周波数スペクトル帯域内のチャネルを確保し得る。TxOPは、たとえば、無線フレームの持続時間に対応し得、無線フレームは、基地局105からUE115へのダウンリンク送信と、UE115から基地局105へのアップリンク送信の両方を含み得る。
【0041】
場合によっては、UE115は、UE115がデータを受信し得ることの指示について、連続的に通信リンク125を監視し得る。他の場合には(たとえば、電力を節約し、バッテリー寿命を延ばすために)、UE115は不連続受信(DRX)サイクルで構成され得る。DRXサイクルは、UE115が(たとえば、PDCCH上で)制御情報について監視し得る「オン持続時間」、およびUE115が無線構成要素をパワーダウンし得る「DRX期間」を含み得る。場合によっては、UE115は、短期DRXサイクルおよび長期DRXサイクルで構成され得る。場合によっては、UE115は、1つまたは複数の短期DRXサイクルの間非アクティブである場合に、長期DRXサイクルに入り得る。短期DRXサイクル、長期DRXサイクル、および連続受信の間の移行は、内部タイマーによって、または基地局105からのメッセージングによって制御され得る。UE115は、オン持続時間中にPDCCH上でスケジューリングメッセージを受信し得る。スケジューリングメッセージについてPDCCHを監視する一方で、UE115は「DRX不活動タイマー」を開始し得る。スケジューリングメッセージが正常に受信された場合、UE115は、データを受信する準備をすることができ、DRX不活動タイマーがリセットされ得る。スケジューリングメッセージを受信することなくDRX不活動タイマーが終了したとき、UE115は、短期DRXサイクルに移ることができ、「DRX短期サイクルタイマー」を開始することができる。DRX短期サイクルタイマーが終了したとき、UE115は、長期DRXサイクルを再開し得る。
【0042】
ワイヤレス通信システム100は、E-UTRANがUEの挙動を制御するレイヤ3制御プレーンシグナリングを処理する無線リソース制御(RRC)プロトコルをサポートし得る。RRCプロトコルは、共通および専用の非アクセス層情報の転送をサポートする。RRCプロトコルは、システム情報(SI)ブロードキャスティング、LTE内でのハンドオーバを含む接続制御、ネットワーク制御の無線アクセス技術間(RAT)モビリティ、ならびに測定構成および報告を含むいくつかの機能エリアをカバーする。3GPP TS36.300 Section 7およびTS36.331を参照されたい。
【0043】
図2は、eCCのための効率的な電力利用のためのワイヤレス通信システム200の一例を示す。UE115-aは、より効率的な電力利用のために、システム帯域幅の低減されたサブセット(たとえば、狭帯域で送信されるアンカーキャリアまたはキャリア205-a)を監視し得る。次いで、UE115-aは、基地局105-aからのデータ送信が(たとえば、キャリア205-aなど)システム帯域幅の監視されたサブセットよりも多くにまたがる旨の指示を最初に受信した後、(たとえば、広帯域受信機回路を使用してキャリア205-aおよびキャリア205-bなど)システム帯域幅の全体を監視するように切り替え得る。すなわち、UE115-aは、基地局105-aからのデータ送信に関連するTTIおよび無線周波数範囲を示し得るダウンリンク許可210について、システム帯域幅のサブセット(たとえば、キャリア205-a)を監視し得る。アンカーキャリア(たとえば、キャリア205-a)は、あるフレームまたはTTI内の所定の狭帯域または所定のシングルキャリアであり得る。いくつかの場合には、アンカーキャリアは、制御サブバンドを指し得る。いくつかの例では、UE115-aは、ダウンリンク許可210を監視するために、広帯域受信機回路の電源を切断し、狭帯域受信機回路に電源を投入し得る。いくつかの場合には、狭帯域受信機回路の一部は、広帯域受信機回路と共有されてもよく、狭帯域受信機の残りの部分とともにパワーダウンされなくてもよい。しかしながら、回路の大部分であり得る広帯域監視に関連する回路は、狭帯域受信機回路により狭帯域周波数を監視するように切り替えると、パワーダウンされ、したがって、消費電力が大幅に低減される。
【0044】
ダウンリンク許可210を処理し、復号した後、UE115-aは、(たとえば、キャリア205-aと、キャリア205-bを含む他のキャリアの両方を介するなど)無線周波数の広帯域を介してデータを受信するために広帯域受信機回路の電源を投入し得る。それに応じて、基地局105-aは、UE115-aがダウンリンク許可210を処理し、復号し、狭帯域受信機回路から広帯域受信機回路に切り替えるように受信機回路を準備し、受信機回路を切り替えるための時間をスケジュールし得る。ワイヤレス通信システム200において、ブロック215は、UE115-aに対して基地局105-aによってスケジュールされた時間を表し得る。いくつかの場合には、ブロック215は、UE115-aがダウンリンク許可210を処理し、復号するとともに、広帯域受信機回路を使用し、オンに切り替えるように準備するための時間を与えるための、ダウンリンク許可210とデータ送信220との間の時間ギャップ(たとえば、ダウンリンク送信がない)であり得る。追加または代替として、ブロック215は、(たとえば、ダウンリンク許可210を監視し、受信するためにすでに電力供給されている狭帯域受信機回路を使用して)ブロック215におけるデータの第1のセットを受信しながら、UE115-aがダウンリンク許可210を処理し、受信機回路を切り替えるための時間を与えるためのダウンリンク許可210に続く狭帯域またはアンカーキャリア上の1つまたは複数のデータ送信を表し得る。いくつかの例では、ブロック215は、物理ダウンリンク共有チャネル(PDSCH)の第1の部分を表し得る。いくつかの例では、ブロック215において、UE115-aがデータの第1のセットを受信している間に、UE115-aは、ダウンリンク許可210を処理し、復号し、および/または広帯域受信機回路をオンに切り替えるように準備し得る。さらに他の例では、ダウンリンク許可210が復号され、および/またはUE115-aがその広帯域受信機回路をオンに切り替えるように準備する間に、ブロック215中に他のデータまたは制御信号が受信され得る。さらに、基地局105-aは、後続のTTIにおけるデータ送信に関連する情報を示すダウンリンク許可210を前のTTIにおいて送信し得る。そのような場合には、ブロック215は、前のTTIと後続のTTIとの間の時間を表し得る。
【0045】
いくつかの例では、基地局105-aは、リソースの割当てを示すダウンリンク許可210のためのフレームまたはTTI内のシングルキャリア205-a(たとえば、アンカーキャリアまたは制御サブバンド)を監視するようにUE115-aを構成し得る。他の例では、基地局105-aは、任意のキャリアを監視するようにUE115-aを構成しない場合もある。そのような場合、UE115-aは、あるフレームまたはTTI内にDRXモードに入り、後続のフレームまたはTTIを定期的に監視し得る。基地局105-aはまた、異なるUE115がダウンリンクデータ送信リソースの許可を監視する異なるアンカーキャリアを有し得るように、ダウンリンク許可210について異なるキャリアまたは制御サブバンドを監視するように、異なるUE115を構成し得る。たとえば、シングルキャリアは、広帯域システム内のすべてのUE115についてのダウンリンク許可送信をサポートすることができない場合がある。いくつかの場合には、UE115-aは、許可210および/または許可210の将来の監視のためのアンカーキャリアの指示を含み得る制御メッセージについて所定のキャリアまたは全システム帯域幅を最初に監視し得る。
【0046】
基地局105-aは、UE115-aにおける処理時間を与えるために、ダウンリンク許可210とデータ送信220との間のギャップ215をスケジュールし得る。いくつかの場合には、ダウンリンク許可210送信とデータ送信220との間のギャップ215は、基地局105-aとUE115-aとの間の通信を含まない場合がある。ギャップ215の持続時間は、UE115-aがダウンリンク許可210を処理し、広帯域監視に切り替える(たとえば、追加の受信機回路に電力供給する)ための時間を与え得る。いくつかの場合には、ギャップ215は、時分割多重(TDM)を使用するシステムにおいて、ダウンリンク許可210とデータ送信220との間にあってもよい。したがって、UE115-aは、ダウンリンク許可210を処理し、ダウンリンク許可に基づいてデータ送信220について広帯域(たとえば、キャリア205-aおよびキャリア205-b)を監視することを決定し得る。
【0047】
他の例では、基地局105-aは、ダウンリンク許可210とPDSCHデータ送信220の第2の部分との間で、UE115-aによって監視される狭帯域(たとえば、キャリア205-a)上でPDSCHデータ215の第1の部分を送信し得る。PDSCHデータ215の第1の部分の送信の持続時間は、UE115-aがダウンリンク許可210を処理し、広帯域監視に切り替える、またはその準備をするための時間を与え得る。いくつかの場合には、PDSCHデータ送信215の第1の部分の持続時間は、ダウンリンク許可210においてシグナリング、無線リソース制御(RRC)構成でシグナリング、または、広帯域システム内のUEにブロードキャストされ得る。基地局105-aは、ダウンリンク許可210におけるPDSCHデータ送信215の第1の部分を示し、UE115-aによって監視される狭帯域(たとえば、キャリア205-a)を介してこの第1のデータ送信215を送信し得る。ダウンリンク許可210を処理した後、UE115-aは、ダウンリンク許可210に示された後続のデータ送信220が、同様の狭帯域(たとえば、キャリア205-a)をカバーし得る、または広帯域(たとえば、キャリア205-aおよびキャリア205-b)(たとえば、システム帯域幅)のすべてまたは一部をカバーし得ることを決定し得る。次いで、PDSCHデータ送信220の第2の部分は、システム帯域幅を介して(たとえば、広帯域受信機回路を介してキャリア205-aおよびキャリア205-bを介して)受信され得る。
【0048】
追加または代替として、UE115-aは、後続のTTIに含まれるデータ送信220についてのクロスTTIダウンリンク許可210またはクロスTxOPダウンリンク許可210を受信し得る。したがって、前のTTIと後のTTIとの間の時間は、UE115-aがダウンリンク許可210を処理し、広帯域監視に切り替えるための時間を与え得る。たとえば、基地局105-aは、後のTTI(たとえば、TTI2)に含まれるデータ送信220に関連する情報を示すダウンリンク許可210を、第1のTTI(たとえば、TTI1)において送信し得る。したがって、UE115-aは、以前のTTIで受信されたダウンリンク許可210に基づいて、TxOPにおけるデータを監視し、受信し得る。たとえば、受信された許可は、データ送信を搬送するシステム帯域幅内のキャリアのセットを示し得る。
【0049】
図3は、eCCのための効率的な電力利用のためのダウンリンク送信構成300の一例を示す。図3の例では、基地局105は、UE115における処理時間を与えるために、ダウンリンク許可とデータ送信との間のギャップをスケジュールし得る。
【0050】
いくつかの場合には、基地局105は、持続時間305にわたってUE115と通信し得る。持続時間305は、TTIまたは何らかの他の持続時間(たとえば、TxOPなど)を表し得る。たとえば、TTIを表し得る持続時間305は、プリアンブル315より前に開始してもよく、またはPDSCHデータ330に続いて終了してもよい。
【0051】
本例では、基地局105は、少なくとも持続時間305の間に、シングルキャリア(たとえば、狭帯域または第1の帯域幅310-a)または複数のキャリア(たとえば、システム帯域幅またはシステム帯域幅のサブセット)を使用してシステム帯域幅(たとえば、第1の帯域幅310-aおよび第2の帯域幅310-b)を介してUE115と通信し得る。
【0052】
すなわち、基地局105は、第1の帯域幅310-aを介してUE115にデータを送信し、UE115は、たとえば狭帯域受信機回路を使用して第1の帯域幅310-aを監視し得る。さらに、基地局105は、第1の帯域幅310-aと第2の帯域幅310-bの両方を介してデータを送信し得る。そのような例では、UE115は、たとえば、UE115の受信機またはトランシーバの広帯域受信機回路を使用して、システム帯域幅(たとえば、第1の帯域幅310-aおよび第2の帯域幅310-b)を監視し得る。
【0053】
基地局105は、プリアンブル315をUE115に送信して、送信タイミングをUE115と同期させ得る。いくつかの場合には、基地局105は、狭帯域またはシングルキャリア(たとえば、アンカーキャリア)を使用してプリアンブル315を送信し得る。UE115は、たとえば、狭帯域受信機回路を使用してシングルキャリアを監視し、UE115は、プリアンブル315を受信し、復号し、プリアンブル315に含まれる同期情報を解釈し得る。いくつかの場合には、UE115は、電源オフ状態であってもよい広帯域受信機回路を備え得る。いくつかの場合には、UE115は、プリアンブルが受信されるキャリア(たとえば、アンカーキャリア)を監視するように(たとえば、RRCシグナリングまたは他の構成シグナリングを使用して基地局105によって)事前構成されてもよい。
【0054】
次いで、基地局105は、UE115との通信のためのリソースの割当て(たとえば、ダウンリンクリソース)を示すために、ダウンリンク許可320をUE115に送信し得る。いくつかの場合には、基地局105は、狭帯域またはシングルキャリアを使用してダウンリンク許可320を送信し得る。UE115は、たとえば、狭帯域受信機回路を使用してシングルキャリアを監視してもよく、UE115は、ダウンリンク許可320を受信し、復号し、UE115についてのダウンリンク送信に関連するリソース割当てを識別し得る。ダウンリンク許可320は、他のUE115のためのリソース割当てをも含み得る。いくつかの場合には、リソース割当ては、UE115についての後続のダウンリンクデータ送信に関連するTTIまたはTTIの一部、および周波数リソースの範囲などの時間および周波数リソースを示し得る。いくつかの例では、UE115は、ダウンリンク許可320に示されたリソース割当てに基づいて、狭帯域受信機の電源を切断し、広帯域受信機の電源を投入し得る。
【0055】
したがって、基地局105は、UE115がダウンリンク許可320を処理し、復号するための時間を与え得る。さらに、ダウンリンク許可320は、基地局105が無線周波数の複数のキャリアまたは広帯域を介してデータを送信し得ることを示し得る。そのような場合、基地局105は、狭帯域受信機回路を使用することから広帯域受信機回路に切り替えるように、UE115がその受信機を準備するための時間をスケジュールし得る。たとえば、基地局105は、UE115がダウンリンク許可を処理し、復号し、切り替えるために受信機回路を準備し、狭帯域受信機回路を使用して狭帯域を監視することから、広帯域受信機回路を使用して広帯域を監視するように準備および/または切り替えるための時間を与えるように、ダウンリンク許可320と広帯域データ送信との間にギャップ325をスケジュールし得る。ダウンリンク許可320とデータ送信との間のギャップ325は、基地局105とUE115との間の通信がないことであり得る。いくつかの場合には、ギャップ325の持続時間は、無線リンク設定の開始時にRRC構成で基地局105によってUE115にシグナリングされ得る。
【0056】
次いで、基地局105は、無線周波数の複数のキャリアまたは広帯域(たとえば、第1の帯域幅310-aおよび第2の帯域幅310-b)を介して、ダウンリンクデータ(たとえば、PDSCHデータ330)を送信し得る。ギャップ325は、UE115がダウンリンク許可を処理し、復号し、狭帯域監視から広帯域監視に切り替えるように受信機回路を準備し、受信機回路を切り替えるための十分な時間を与え得る。その後、UE115は、広帯域受信機回路を使用して、複数のキャリアまたは広帯域を介してPDSCHデータ330を受信し得る。いくつかの例では、複数のキャリアは、互いに隣接し得る。他の例では、複数のキャリアのうちの1つまたは複数は、許可によってカバーされていない(たとえば、それに含まれていない)キャリアによって分離され得る。いずれの例でも、UE115は、広帯域受信機を介して許可によって示される複数のキャリアを監視し得る。
【0057】
図4は、eCCのための効率的な電力利用のためのダウンリンク送信構成400の一例を示す。図4の例では、基地局105は、ダウンリンク許可とPDSCHデータの第2部分との間で、UE115によって監視される狭帯域上のPDSCHデータの第1の部分を送信し得る。
【0058】
いくつかの場合には、基地局105は、持続時間405にわたってUE115と通信し得る。持続時間405は、TTIまたは何らかの他の持続時間(たとえば、TxOPなど)を表し得る。
【0059】
基地局105は、少なくとも持続時間期間405の間に、シングルキャリア(たとえば、狭帯域または第1の帯域幅410-a)または複数のキャリア(たとえば、システム帯域幅またはシステム帯域幅のサブセット)を使用してシステム帯域幅410(たとえば、第1の帯域幅310-aおよび第2の帯域幅310-b)を介してUE115と通信し得る。すなわち、基地局105は、第1の帯域幅410-aを介してUE115にデータを送信し、UE115は、たとえば狭帯域受信機回路を使用して第1の帯域幅410-aを監視し得る。他の例では、基地局105は、第1の帯域幅410-aおよび第2の帯域幅410-bを介してデータを送信し得る。そのような例では、UE115は、たとえば、広帯域受信機回路を使用して、システム帯域幅(たとえば、第1の帯域幅410-aおよび第2の帯域幅410-bを含む1つまたは複数の他の帯域幅)を監視し得る。
【0060】
基地局105は、プリアンブル415をUE115に送信して、送信タイミングをUE115と同期させ得る。いくつかの場合には、基地局105は、狭帯域またはシングルキャリア(たとえば、アンカーキャリア)を使用してプリアンブル415を送信し得る。UE115は、たとえば、狭帯域受信機回路を使用してシングルキャリアを監視し、UE115は、プリアンブル415を受信し、復号し、プリアンブル415に含まれる同期情報を解釈し得る。いくつかの場合には、UE115は、電源オフ状態であってもよい広帯域受信機回路を備え得る。いくつかの場合には、UE115は、プリアンブルが受信されるキャリア(たとえば、アンカーキャリア)を監視するように事前構成されてもよい。
【0061】
次いで、基地局105は、UE115との通信のためのリソースの割当て(たとえば、ダウンリンクリソース)を示すために、ダウンリンク許可420をUE115に送信し得る。いくつかの場合には、基地局105は、狭帯域またはシングルキャリアを使用してダウンリンク許可420を送信し得る。UE115は、たとえば、狭帯域受信機回路を使用してシングルキャリアを監視してもよく、UE115は、ダウンリンク許可420を受信し、復号し、ダウンリンク送信に関連するリソース割当てを識別し得る。いくつかの場合には、リソース割当ては、後続のダウンリンクデータ送信に関連するTTIまたはTTIの一部、および周波数リソースの範囲を示し得る。いくつかの例では、UE115は、ダウンリンク許可420に示されたリソース割当てに基づいて、狭帯域受信機の電源を切断し、広帯域受信機の電源を投入し得る。他の例では、狭帯域受信機回路の一部は、広帯域受信機回路と同じであり得、パワーダウンされない可能性があるが、追加の回路は、ダウンリンク許可420に示される周波数の広帯域での受信を可能にするために、電力供給され得る。
【0062】
したがって、基地局105は、UE115がダウンリンク許可420を処理し、復号するための時間をスケジュールし得る。さらに、ダウンリンク許可420は、基地局105が無線周波数の複数のキャリアまたは広帯域を介してデータを送信し得ることを示し得る。そのような場合、基地局105は、受信機回路を狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるように受信機回路を準備し、UE115が狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるための時間をスケジュールする、または場合によっては時間を与え得る。たとえば、基地局105は、UE115がダウンリンク許可を処理し、復号し、切替えのために受信機回路を準備し、狭帯域受信機回路から広帯域受信機回路に切り替えるための時間を与えるために、ダウンリンク許可420と広帯域データ送信との間のシングルキャリアまたは狭帯域を介して(たとえば、制御メッセージまたは許可がUE115によって受信されたアンカーキャリアを介して)、第1のPDSCHデータ部分425を送信し得る。いくつかの場合には、第1のPDSCHデータ部分425は、基地局105が複数のキャリアまたは広帯域を介して送信し得る第2のPDSCHデータ部分(たとえば、PDSCHデータ430)に関連付けられ得る。
【0063】
次いで、基地局105は、無線周波数の複数のキャリアまたは広帯域(たとえば、第1の帯域幅410-aおよび第2の帯域幅410-b)を介して、PDSCHデータ430(たとえば、第2のPDSCHデータ部分)を送信し得る。(たとえば、狭帯域またはアンカーキャリア上での)第1のPDSCHデータ部分425の送信は、(たとえば、アクティブな狭帯域受信機回路を介して第1のPDSCHデータ部分425を受信している間)UE115がダウンリンク許可を処理し、復号し、狭帯域監視から広帯域監視に切り替えるように受信機回路を準備し、受信機回路を切り替えるための十分な時間を与え得る。その後、UE115は、広帯域受信機回路を使用して、複数のキャリアまたは広帯域を介してPDSCHデータ430を受信し得る。いくつかの場合には、複数のキャリアが互いに隣接していてもよく、他の場合には、複数のキャリアは、その許可によって示されていないキャリアによって分離されてもよい。いずれの場合も、UE115は、広帯域受信機を介して許可によって示される複数のキャリアを監視し得る。いくつかの場合には、第1の帯域幅410-aは、第2の帯域幅410-bと重複してもよい。さらに、第1の帯域幅410-aは、(たとえば、図示のように)第2の帯域幅410-bの一部であってもよい。代替的に、第1の帯域幅410-aおよび第2の帯域幅410-bは、他のシナリオでは重複していなくてもよい。
【0064】
図5は、eCCのための効率的な電力利用のためのダウンリンク送信構成501の一例および受信機回路消費電力グラフ502を示す。図5の例では、UEは、後続のTTIに含まれるデータ送信についてのクロスTTIダウンリンク許可またはクロスTxOPダウンリンク許可を受信し得る。
【0065】
いくつかの場合には、ダウンリンク送信構成501は、基地局105の観点を表し得る。基地局105は、持続時間(たとえば、持続時間505-a〜505-d)にわたって、無線周波数の狭帯域(たとえば、シングルキャリアまたは第1の帯域幅510-a)または無線周波数の広帯域(たとえば、複数のキャリアまたは第1の帯域幅510-aと第2の帯域幅510-bの両方)を介して、ダウンリング許可およびデータを複数のUE115に送信し得る。いくつかの例では、持続時間505-b〜505-dは各々、個々のTTI、TTIの一部、または他の何らかの持続時間を表し得る。持続時間505-aは、許可515-aが受信され、CCA520が実行された以前の持続時間を表し得るが、必ずしも持続時間515-b〜515-dと同じ持続時間に対応しない可能性がある。
【0066】
いくつかの例では、基地局105は、第1の帯域幅510-aを介してUE115に許可515および/またはデータを送信し、UE115は、たとえば狭帯域受信機回路を使用して第1の帯域幅510-aを監視し得る。他の例では、基地局105は、第1の帯域幅510-aと第2の帯域幅510-b(たとえば、広帯域)の両方を介してUE115にデータおよび/または許可を送信し得る。そのような例では、UE115は、たとえば、広帯域受信機回路を使用して、システム帯域幅(たとえば、第1の帯域幅510-aおよび第2の帯域幅510-bを含む1つまたは複数の他の帯域幅)を監視し得る。
【0067】
基地局105は、各UEとの通信のためのリソースの割当てを示すために、ワイヤレス通信システム内の複数のUE115にダウンリンク許可515を送信し得る。いくつかの場合には、基地局105は、狭帯域またはシングルキャリア(たとえば、第1の帯域幅510-a)を使用してダウンリンク許可515を送信し得る。UE115は、たとえば、狭帯域受信機回路を使用して第1の帯域幅510-aを監視してもよく、UE115は、ダウンリンク許可515を受信し、復号し、後続のダウンリンク送信に関連するリソース割当てを識別し得る。ダウンリンク許可515-b〜515-dは、後続の持続時間におけるデータ送信に関連するリソース割当てを示し得る。たとえば、ダウンリンク許可515-bは、持続時間505-cにおけるデータ送信に関連するリソース割当てを示し得る。いくつかの例では、基地局105は、関連するデータ送信(たとえば、UE4リソース530または他のUEリソース525を介したデータ送信)の直前に来ても来なくてもよい以前の持続時間505-aにおいてダウンリンク許可515-aを送信し得る。
【0068】
そのような場合、基地局105は、UE115と通信するために使用されるチャネル上でCCA520を実行し得る。CCAの失敗の場合、基地局は、UE115へのデータ送信を延期し得る。CCA(たとえば、CCA520)がパスしたと基地局105が決定すると、基地局105は、チャネルを介してUE115にデータを送信し得る。次いで、UE115は、基地局105からデータ送信を受信するためにダウンリンク許可515に示されたリソースを使用し得る。すなわち、ダウンリンク許可515は、データ送信がUE115によって受信される時間に関係なく、後続のダウンリンク送信に適用され得る。すなわち、許可515-aは、CCA520手順が成功するまで、意図されたUE115によって受信されない送信のためのダウンリンクリソースの割当てを示し得る。CCA520が失敗した場合、成功した後続のCCA520に続く持続時間515において、許可515-aに関連するダウンリンク送信が受信され得る。
【0069】
いくつかの場合には、ダウンリンク許可515は、広帯域システムにおける複数のUE(たとえば、任意のUE1、UE2、UE3、およびUE5のリソースを示す他のUEリソース525)についてのリソース割当てを示し得る。いくつかの場合には、ダウンリンク許可515は、複数のUEのサブセットのためのリソースを割り当て得る。たとえば、ダウンリンク許可515-bは、UE1、UE2、UE3、UE4、およびUE5のためのリソースを割り当て、一方、ダウンリンク許可515-cは、UE1、UE2、UE3、およびUE5のためのリソースを割り当て得る。UE115は、基地局105が後続のTTIにおいてそのUE115にデータを送信するかどうかを決定するために、ダウンリンク許可515を受信し、復号し得る。さらに、UE115は、ダウンリンク許可515が狭帯域または広帯域を介したデータ送信を示すかどうかを決定し得る。この決定に基づいて、UE115は、広帯域の無線周波数を介してデータを受信するために、狭帯域受信機回路の電源を切断し、広帯域受信機回路の電源を投入し得る。いくつかの場合には、狭帯域受信機回路の一部は、広帯域受信機回路と同じであり得、パワーダウンされない可能性があるが、追加の回路は、周波数の広帯域での受信を可能にするために、電力供給され得る。
【0070】
いくつかの場合には、受信機回路消費電力グラフ502は、UE115(たとえば、UE4)の受信機消費電力の観点を表し得る。UE4は、狭帯域受信機回路の電源を投入し、狭帯域またはアンカーキャリア内の基地局105からのダウンリンク許可515を単に監視するために、広帯域監視に関連する追加の回路の電源を切断し得る。電力ブロック535は、ダウンリンク送信を受信するためにUE115で使用される電力の量を表し得る。たとえば、基地局105は、ダウンリンク許可515-bを送信し、UE115は、ダウンリンク許可を受信し、電力ブロック535-aにおいて示される電力量(たとえば、狭帯域の監視に関連する電力)を使用し得る。UE115は、ダウンリンク許可515-bを処理し、復号し、基地局が後続の持続時間505-cにおいてデータを送信することができると決定し得る。次いで、UE115は、データ送信(たとえば、電力ブロック535-b)を受信するために、(たとえば、広帯域の監視に関連する電力など)追加の広帯域受信機回路に電力供給し得る。いくつかの例では、UE115は、データ送信を受信し、電力ブロック535-bにおいて示される電力量を使用し得る。データ送信は、基地局105からのダウンリンク許可515-cと対にされてもよい。UE115は、ダウンリンク許可515-cを処理し、復号し、基地局が後続の持続時間505-dにおいてそれ(たとえば、UE4)に向けられたデータを送信しない可能性があると決定し得る。したがって、UE4は、後続のダウンリンク許可515-dを監視するために、広帯域受信機回路の電源を切断し、狭帯域受信機回路に電源を投入し得る。
【0071】
狭帯域受信機回路を使用して監視するとき、UE115は、(たとえば、持続時間505-bの開始からカットオフ時間540までなど)持続時間505-bの一部にわたってダウンリンク許可を受信し得る。持続時間505-bのこの部分は、データ送信を受信するのに要する時間よりも短くてもよい。たとえば、UE115は、持続時間505-cの全体にわたってデータ送信を受信し、一方、UE115は、カットオフ時間540によって示される持続時間505-bの一部にわたってダウンリンク許可を受信し得る。狭帯域受信機回路を使用するときの許可送信に関連する受信時間の短縮は、狭帯域受信機回路が持続時間ブロック505-b全体にまたがらない電力ブロック535-aのために電力供給されるので、UE4における消費電力をさらに低減し得る。
【0072】
図6は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするワイヤレスデバイス605の図600を示す。ワイヤレスデバイス605は、図1を参照しながら説明したようなUE115の態様の一例であり得る。ワイヤレスデバイス605は、受信機610、ダウンリンクマネージャ615、および送信機620を含んでもよい。ワイヤレスデバイス605はプロセッサも含み得る。これらの構成要素の各々は、互いに(たとえば、1つまたは複数のバスを介して)通信し得る。
【0073】
受信機610は、様々な情報チャネル(たとえば、制御チャネル、データチャネル、およびeCCのための効率的な電力利用に関する情報など)に関連付けられた、パケット、ユーザデータ、または制御情報などの情報を受信し得る。情報は、リンク635を介してデバイスの他の構成要素に渡され得る。受信機610は、図9を参照しながら説明するトランシーバ935の態様の一例であってよい。受信機610は、広帯域回路630および狭帯域回路625を含むことができる。広帯域回路630および狭帯域回路625は、それぞれ広帯域送信または狭帯域送信を受信機610が監視または受信することを可能にし得る。いくつかの場合には、広帯域回路630および狭帯域回路625の回路のすべてまたはいくつかは、同じであってもよく、または共有されてもよい。他の場合には、広帯域回路630および狭帯域回路625は、別々の構成要素(たとえば、2つの別々の受信機610)の一部であってもよい。
【0074】
ダウンリンクマネージャ615は、図9を参照しながら説明するダウンリンクマネージャ915の態様の一例であり得る。ダウンリンクマネージャ615は、リンク635を介して情報を受信し得る。たとえば、情報は、受信機610の狭帯域回路625を介して受信される制御メッセージ、受信機610の広帯域回路630を介して受信されるデータ送信などを含み得る。ダウンリンクマネージャ615は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視し、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信し得る。次いで、ダウンリンクマネージャ615は、(たとえば、第1の帯域幅が第2の帯域幅の一部である場合)許可によって指定されるようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視し、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視することを決定し得る。たとえば、ダウンリンクマネージャ615は、リンク635を介して受信機610の追加の回路(たとえば、広帯域回路630)に電力供給し得る。
【0075】
送信機620は、デバイスの他の構成要素によって生成された信号(たとえば、リンク640を介して受信された送信情報)を送信し得る。いくつかの例では、送信機620は、トランシーバモジュールにおいて受信機610とコロケートされ得る。たとえば、送信機620は、図9を参照して説明されるトランシーバ935の態様の例であり得る。送信機620は、単一のアンテナを含んでもよく、またはアンテナのセットを含んでもよい。
【0076】
図7は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするワイヤレスデバイス705の図700を示す。ワイヤレスデバイス705は、図1および図6を参照しながら説明したようなワイヤレスデバイス605またはUE115の態様の一例であり得る。ワイヤレスデバイス705は、受信機710、ダウンリンクマネージャ715、および送信機720を含んでもよい。ワイヤレスデバイス705はプロセッサも含み得る。これらの構成要素の各々は、(たとえば、リンク635-a、640-a、745、750、または755のうちの1つを介して)互いに通信し得る。
【0077】
受信機710は、様々な情報チャネル(たとえば、制御チャネル、データチャネル、およびeCCのための効率的な電力利用に関する情報など)に関連付けられた、パケット、ユーザデータ、または制御情報などの情報を受信し得る。情報は、リンク635-aを介してデバイスの他の構成要素に渡され得る。受信機710は、図9を参照しながら説明するトランシーバ935の態様の一例であり得る。さらに、受信機710は、図6を参照しながら説明した受信機610の態様の一例であり得、この場合、広帯域回路630-aおよび狭帯域回路625-aが、同じく図6を参照しながら説明した広帯域回路630および狭帯域回路625の機能の態様を実行する。
【0078】
ダウンリンクマネージャ715は、図9を参照しながら説明するダウンリンクマネージャ915の態様の一例であり得る。ダウンリンクマネージャ715は、狭帯域モニタ725、制御メッセージマネージャ730、許可プロセッサ735、および広帯域モニタ740も含み得る。
【0079】
狭帯域モニタ725は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視し、第1の帯域幅を監視することは、受信機の狭帯域受信機回路により第1の帯域幅を監視することを含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅は、広帯域の狭帯域部分を含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅はアンカーキャリアを含む。いくつかの例では、狭帯域モニタ725は、説明した機能を実行するために狭帯域回路625-aを使用し得る。いくつかの場合には、狭帯域モニタ725は、リンク635-aを介して受信機710の狭帯域回路625-aから情報を受信し得る。
【0080】
次いで、制御メッセージマネージャ730は、リンク745を介して狭帯域モニタからそのような情報を受信し得る。情報は、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを含み得る。ある場合には、制御メッセージは、第2のTTIのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含み、第2のTTIは、狭帯域モニタ725によって監視されるTTIに続く。
【0081】
許可プロセッサ735は、リンク750を介して制御メッセージマネージャ730から情報(たとえば、許可)を受信し得る。この情報に基づいて、許可プロセッサ735は、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定し得る。第1の帯域幅は、第2の帯域幅の一部であってもよい。
【0082】
広帯域モニタ740は、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視し得る。いくつかの場合には、第2の帯域幅を監視することは、受信機710の広帯域回路630-aにより第2の帯域幅を監視することを含む。いくつかの場合には、第2の帯域幅は広帯域を含む。広帯域モニタ740は、TTI中に第2の帯域幅において(たとえば、リンク635-aを介して受信機710から)データ送信を受信し得、データ送信に関連する許可は、許可プロセッサ735によって以前のTTIにおいて受信される。たとえば、許可プロセッサ735は、(たとえば、広帯域回路630-aを使用して)情報に従ってデータ送信を監視するように、広帯域モニタ740が受信機710に(たとえば、リンク635-aを介して)通知するように、リンク755を介して広帯域モニタ740に情報(たとえば、ダウンリンクリソース情報)を送信し得る。受信機710によって受信された対応するデータ送信は、処理のためにリンク635-aを介してダウンリンクマネージャ715に渡されてもよい。いくつかの場合には、TTIは第1の送信機会にある。いくつかの場合には、以前のTTIは以前の送信機会にある。いくつかの場合には、第2の帯域幅は1つまたは複数のキャリアを含む。いくつかの場合には、1つまたは複数のキャリアは、アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む。いくつかの例では、広帯域モニタ740は、説明した機能を実行するために広帯域回路630-aを使用し得る。
【0083】
送信機720は、デバイスの他の構成要素によって生成された信号を送信し得る。たとえば、送信機720は、リンク640-aを介してダウンリンクマネージャ715から送信される情報を受信し得る。いくつかの例では、送信機720は、トランシーバモジュールにおいて受信機710とコロケートされ得る。たとえば、送信機720は、図9を参照して説明されるトランシーバ935の態様の例であり得る。送信機720は、単一のアンテナを含んでもよく、またはアンテナのセットを含んでもよい。
【0084】
図8は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするダウンリンクマネージャ815の図800を示す。ダウンリンクマネージャ815は、図1、図6および図7を参照しながら説明したワイヤレスデバイス605、ワイヤレスデバイス705、またUE115の態様の一例であり得る。ダウンリンクマネージャ815は、図6、図7、および図9を参照しながら説明したダウンリンクマネージャ615、ダウンリンクマネージャ715、またはダウンリンクマネージャ915の態様の例であってよい。いくつかの場合には、ダウンリンクマネージャ815は、プロセッサを指し得る。ダウンリンクマネージャ815は、狭帯域モニタ825、広帯域モニタ840、回路スイッチャ855、送信受信マネージャ845、制御メッセージマネージャ830、許可プロセッサ835、メッセージデコーダ850、CCAコンポーネント860、およびDRXコンポーネント865を含み得る。これらの構成要素の各々は、互いに(たとえば、1つまたは複数のバスを介して)通信し得る。
【0085】
ダウンリンクマネージャ815は、リンク635-bを介してワイヤレスデバイスの他の構成要素から(たとえば、受信機から)情報を受信し、リンク640-bを介してワイヤレスデバイスの他の構成要素に(たとえば、送信機に)情報を渡し得る。情報は、たとえば、受信された情報および受信機で使用される回路に応じて、狭帯域モニタ825および/または広帯域モニタ840によって(たとえば、リンク635-bを介して)受信され得る。たとえば、狭帯域モニタ825は、ワイヤレスデバイスの受信機(たとえば、リンク635-aを介して受信機の狭帯域受信機回路)により第1の帯域幅を監視し得る。いくつかの場合には、第1の帯域幅は、広帯域の狭帯域部分を含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅はアンカーキャリアを含む。広帯域モニタ840は、TTI中のデータ送信のために、受信機(たとえば、リンク635-aを介して受信機の広帯域受信機回路)により第2の帯域幅を監視し得る。いくつかの場合には、第2の帯域幅は広帯域を含む。いくつかの場合には、第2の帯域幅は1つまたは複数のキャリアを含む。いくつかの場合には、1つまたは複数のキャリアは、アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む。
【0086】
一例として、ワイヤレスデバイスは、制御メッセージについて第1の帯域幅を(たとえば、受信機により)監視し得る。ダウンリンクマネージャ815の狭帯域モニタ825は、リンク635-bを介してそのような情報を受信することができる。制御メッセージマネージャ830は、リンク874を介して、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含み得る狭帯域モニタ825からの制御メッセージなどの情報を受信し得る。制御メッセージマネージャ830は、TTI中にリンク874を介してそのような情報を受信し得、情報は、第2のTTIのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを含み、第2のTTIはTTIに続く。
【0087】
制御メッセージマネージャ830は、リンク892を介して許可プロセッサ835に情報を直接渡し得る。いくつかの場合には、制御メッセージマネージャ830は、まず、メッセージデコーダ850が時間ギャップ中に制御メッセージを復号し、TTIの第1の部分の間に制御メッセージを復号し得るように、(たとえば、リンク894を介して)情報をメッセージデコーダ850に送信し得る。メッセージデコーダ850は、制御メッセージマネージャ830が、(たとえばリンク894を介して)許可プロセッサ835上に復号情報を渡すように、そのような情報を復号し、リンク894を介して制御メッセージマネージャ830に情報を戻し得る。許可プロセッサ835は、(たとえば、リンク892を介して受信された許可など)情報によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定し得る。第1の帯域幅は、第2の帯域幅の一部であってもよい。許可プロセッサは、リンク888を介して回路スイッチャ855に情報を転送し得る。回路スイッチャ855は、受信された許可に関連する情報を含む情報を、許可プロセッサ835から受信し、情報(たとえば、制御信号、受信機が広帯域回路630による監視または狭帯域回路625による監視の間を切り替えるためのコマンドまたは要求、広帯域回路630および/または狭帯域回路625の電源を投入または切断するためのコマンドなど)を受信機(たとえば、リンク635-bを介して)、狭帯域モニタ825(たとえば、リンク870を介して)、および/または広帯域モニタ840(たとえば、リンク872を介して)に送信し得る。したがって、回路スイッチャ855は、受信機により第1の帯域幅を監視することから、受信機により第2の帯域幅を監視することに切り替えるように準備し、TTIの第1の部分の間に、受信機により第1の帯域幅を監視することから、受信機により第2の帯域幅を監視することに切り替えるように準備し、TTIの第1の部分の間に、受信機による第1の帯域幅を監視することから、広帯域受信機により第2の帯域幅を監視することに切り替えるように準備し得る。すなわち、回路スイッチャは、受信機、狭帯域モニタ825、および広帯域モニタ840に制御情報を送信することによって、回路/受信機の切替えおよびダウンリンクマネージャ815の監視を調整し得る。
【0088】
ダウンリンクマネージャ815の送信受信マネージャ845は、(たとえば、リンク876を介して)広帯域モニタ840から、および(たとえば、リンク890を介して)許可プロセッサ835から情報を受信し得る。送信受信マネージャ845は、TTIの第2の部分の間に第2の帯域幅において(たとえば、リンク876を介して広帯域モニタから)データ送信を受信し、TTIの第2の部分の前のTTIの第1の部分において(たとえば、リンク890を介して許可プロセッサ835から)許可を受信し得る。送信受信マネージャ845は、TTIの第1の部分の間、およびデータ送信を受信するより前に許可を処理し、許可に基づいて、TTIの第2の部分における第2帯域幅の監視に切り替えるより前に、TTIの第1の部分の間に、第1の帯域幅におけるデータ送信の第1の部分を受信し得る。いくつかの場合には、送信受信マネージャ845は、許可、または無線リソース制御メッセージ、または(たとえば、許可プロセッサ835から受信された情報など)ワイヤレスデバイスのセットにブロードキャストされるメッセージのうちの1つまたは両方において、データ送信の第1の部分を受信するための持続時間の指示を受信し得る。いくつかの場合には、制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップが挿入される。いくつかの場合には、データ送信はPDSCHにおいて受信される。いくつかの場合には、送信受信マネージャ845は、TTI中に第2の帯域幅でデータ送信を受信し得、許可は以前のTTIで受信される。いくつかの場合には、TTIは第1の送信機会にある。いくつかの場合には、以前のTTIは以前の送信機会にある。
【0089】
さらに、許可プロセッサ835は、リンク896を介してCCAコンポーネント860に、および/またはリンク898を介してDRXコンポーネント865に情報を送信し得る。CCAコンポーネントは、(たとえば、許可など)許可プロセッサ835からの情報の受信に基づいて中間TTI中に第1のCCAを実行し得る。中間TTIは、(たとえば、受信された許可に関連する)以前のTTIの後であり、(たとえば、データ送信に関連する)TTIの前であり得る。CCAコンポーネント860は、第1のCCAに基づいて中間TTI中に第2の帯域幅が占有されていると決定する、またはTTI中に第2の帯域幅がクリアであると決定し得、TTI中に第2の帯域幅を監視することを決定することは、TTI中に第2の帯域幅がクリアであると決定することに基づいている。DRXコンポーネント865は、第2のTTI中に、ワイヤレスデバイスがリソースについての第2の許可を受信していないと決定し、ワイヤレスデバイスがリソースについての第2の許可を受信していないと決定することに基づいてDRXモードに入り得る(たとえば、DRXコンポーネント865は、許可プロセッサ835から受信された情報の欠如に基づいてDRXモードに入るようにワイヤレスデバイスを構成し得る)。
【0090】
図9は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイス905を含むシステム900の図を示す。デバイス905は、たとえば、図1、図6および図7を参照しながら上記で説明したようなワイヤレスデバイス605、ワイヤレスデバイス705、またはUE115の構成要素の一例であり得るか、またはそれらの構成要素を含み得る。デバイス905は、ダウンリンクマネージャ915、プロセッサ920、メモリ925、ソフトウェア930、トランシーバ935、アンテナ940、およびI/Oコントローラ945を含め、通信を送信および受信するための構成要素を含む、双方向音声およびデータ通信のための構成要素を含み得る。これらの構成要素は、1つまたは複数のバス(たとえば、バス910)を介して電子通信し得る。デバイス905は、1つまたは複数の基地局105とワイヤレス通信し得る。
【0091】
プロセッサ920は、インテリジェントハードウェアデバイス(たとえば、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、中央処理装置(CPU)、マイクロコントローラ、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、プログラマブル論理デバイス、個別ゲートもしくはトランジスタ論理コンポーネント、個別ハードウェアコンポーネント、またはそれらの任意の組合せ)を含み得る。いくつかの場合には、プロセッサ920は、メモリコントローラを使用してメモリアレイを動作させるように構成され得る。他の場合には、メモリコントローラは、プロセッサ920に組み込まれ得る。プロセッサ920は、様々な機能(たとえば、eCCのための効率的な電力利用をサポートする機能またはタスク)を実行するために、メモリに記憶されたコンピュータ可読命令を実行するように構成され得る。
【0092】
メモリ925は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および読取専用メモリ(ROM)を含み得る。メモリ925は、実行されると、プロセッサに、本明細書で説明する様々な機能を実行させる命令を含むコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア930を記憶し得る。場合によっては、メモリ925は、とりわけ、周辺構成要素またはデバイスとの相互作用など、基本的ハードウェアおよび/またはソフトウェア動作を制御し得る基本入出力システム(BIOS)を含み得る。
【0093】
ソフトウェア930は、eCCのための効率的な電力利用をサポートするためのコードを含め、本開示の態様を実装するためのコードを含み得る。ソフトウェア930は、システムメモリまたは他のメモリなどの非一時的コンピュータ可読媒体中に記憶され得る。場合によっては、ソフトウェア930は、プロセッサによって直接実行可能ではないことがあるが、(たとえば、コンパイルされ、実行されると)本明細書で説明する機能をコンピュータに実行させ得る。
【0094】
トランシーバ935は、上記で説明したように、1つまたは複数のアンテナ、有線リンクまたはワイヤレスリンクを介して双方向に通信し得る。たとえば、トランシーバ935はワイヤレストランシーバを表し、別のワイヤレストランシーバと双方向に通信し得る。トランシーバ935はまた、パケットを変調するとともに変調されたパケットを送信のためにアンテナに提供するための、またアンテナから受信されたパケットを復調するための、モデムを含み得る。
【0095】
場合によっては、ワイヤレスデバイスは、単一のアンテナ940を含み得る。しかしながら、いくつかの場合、デバイスは、複数のワイヤレス送信を同時に送信または受信することが可能であり得る複数のアンテナ940を有し得る。
【0096】
I/Oコントローラ945は、デバイス905向けの入力および出力信号を管理することができる。I/Oコントローラ945は、デバイス905の中に統合されていない周辺機器を管理することもできる。いくつかのケースでは、I/Oコントローラ945は、外部周辺機器への物理接続またはポートを表し得る。いくつかのケースでは、I/Oコントローラ945は、iOS(登録商標)、ANDROID(登録商標)、MS-DOS(登録商標)、MS-WINDOWS(登録商標)、OS/2(登録商標)、UNIX(登録商標)、LINUX(登録商標)、または別の知られているオペレーティングシステムなどのオペレーティングシステムを使用することができる。
【0097】
図10は、本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするワイヤレスデバイス1005のブロック図1000を示す。ワイヤレスデバイス1005は、本明細書で説明した基地局105の態様の一例であってもよい。ワイヤレスデバイス1005は、受信機1010、ダウンリンク通信マネージャ1015、および送信機1020を含み得る。ワイヤレスデバイス1005はプロセッサも含み得る。これらの構成要素の各々は、互いに(たとえば、1つまたは複数のバスを介して)通信し得る。
【0098】
受信機1010は、パケット、ユーザデータ、または様々な情報チャネル(たとえば、制御チャネル、データチャネル、およびeCCのための効率的な電力利用に関する情報など)に関連付けられた制御情報などの情報を受信し得る。情報は、リンク1025を介してデバイスの他の構成要素に渡され得る。受信機1010は、図13を参照しながら説明するトランシーバ1335の態様の一例であり得る。受信機1010は、単一のアンテナまたはアンテナのセットを使用し得る。
【0099】
ダウンリンク通信マネージャ1015は、図13を参照しながら説明するダウンリンク通信マネージャ1315の態様の一例であり得る。ダウンリンク通信マネージャ1015および/またはその様々なサブコンポーネントの少なくともいくつかは、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの任意の組合せで実装され得る。プロセッサによって実行されるソフトウェアで実装される場合、ダウンリンク通信マネージャ1015および/またはその様々なサブコンポーネントの少なくともいくつかの機能は、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)または他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートまたはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、または本開示において説明した機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せによって実行され得る。ダウンリンク通信マネージャ1015および/またはその様々なサブコンポーネントの少なくともいくつかは、機能の一部が1つまたは複数の物理デバイスによって異なる物理的位置に実装されるように分散されることを含む、様々な位置に物理的に配置され得る。いくつかの例では、ダウンリンク通信マネージャ1015および/またはその様々なサブコンポーネントの少なくともいくつかは、本開示の様々な態様による個別および別個の構成要素であり得る。他の例では、ダウンリンク通信マネージャ1015および/またはその様々なサブコンポーネントの少なくともいくつかは、限定はしないが、I/O構成要素、トランシーバ、ネットワークサーバ、別のコンピューティングデバイス、本開示で説明した1つまたは複数の他の構成要素、または本開示の様々な態様によるそれらの組合せを含む、1つまたは複数の他のハードウェア構成要素と結合され得る。
【0100】
ダウンリンク通信マネージャ1015は、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージ送信を構成し得る。許可は、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定し得る。さらに、ダウンリンク通信マネージャ1015は、制御メッセージとデータ送信との間の時間ギャップをスケジュールし得る。ダウンリンク通信マネージャは、リンク1025を介して受信機1010から情報を取得し、リンク1030を介して送信機1020に情報(たとえば、構成された許可、データ送信、送信帯域幅情報、スケジューリング情報など)を渡し得る。
【0101】
送信機1020は、デバイスの他の構成要素によって生成された信号を送信(たとえば、リンク1030を介して受信された情報に基づいて送信)し得る。たとえば、送信機1020は、リンク1030を介してダウンリンク通信マネージャ1015から情報(たとえば、ワイヤレスデバイスのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージに関連する)を受信し得る。いくつかの場合には、情報(たとえば、許可)は、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定し得る。送信機1020は、情報を第1の帯域幅において送信し、第2の帯域幅において、スケジュールされた時間ギャップに基づいてTTI中にデータ送信を送信し得る。いくつかの例では、送信機1020は、トランシーバモジュールにおいて受信機1010とコロケートされ得る。たとえば、送信機1020は、図13を参照しながら説明するトランシーバ1335の態様の一例であってもよい。送信機1020は、単一のアンテナまたはアンテナのセットを使用し得る。
【0102】
図11は、本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするワイヤレスデバイス1105のブロック図1100を示す。ワイヤレスデバイス1105は、図10を参照しながら説明されたワイヤレスデバイス1005または基地局105の態様の一例であり得る。ワイヤレスデバイス1105は、受信機1110、ダウンリンク通信マネージャ1115、および送信機1120を含み得る。ワイヤレスデバイス1105はプロセッサも含み得る。これらの構成要素の各々は、(たとえば、リンク1025-a、1030-a、1140、または1145のうちの1つを介して)互いに通信し得る。
【0103】
受信機1110は、パケット、ユーザデータ、または様々な情報チャネル(たとえば、制御チャネル、データチャネル、およびeCCのための効率的な電力利用に関する情報など)に関連付けられた制御情報などの情報を受信し得る。情報は、リンク1025-aを介してワイヤレスデバイスの他の構成要素(たとえば、ダウンリンク通信マネージャ1115)に渡され得る。受信機1110は、図13を参照しながら説明するトランシーバ1335の態様の一例であり得る。受信機1110は、単一のアンテナまたはアンテナのセットを使用し得る。
【0104】
ダウンリンク通信マネージャ1115は、図13を参照しながら説明するダウンリンク通信マネージャ1315の態様の一例であり得る。ダウンリンク通信マネージャ1115は、許可マネージャ1125、時間ギャップマネージャ1130、およびデータ送信マネージャ1135も含み得る。
【0105】
許可マネージャ1125は、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを構成し得る。許可は、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定し得る。いくつかの場合には、第2の帯域幅は広帯域を含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅は、広帯域の狭帯域部分を含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅は第2の帯域幅の一部である。いくつかの場合には、第1の帯域幅はアンカーキャリアを含む。いくつかの場合には、第2の帯域幅は1つまたは複数のキャリアを含む。いくつかの場合には、1つまたは複数のキャリアは、アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む。
【0106】
時間ギャップマネージャ1130は、制御メッセージとデータ送信との間の時間ギャップをスケジュールし得る。いくつかの場合には、スケジュールされた時間ギャップは、ワイヤレスデバイスが許可を処理する、または狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるように受信機回路を準備する、またはそれらの何らかの組合せのための時間を与える。時間ギャップマネージャ1130および許可マネージャ1125は、リンク1140を介して通信し得る。データ送信マネージャ1135は、たとえば、(たとえば、リンク1145を介して時間ギャップマネージャ1130から受信された情報に基づいて)スケジュールされた時間ギャップに基づいてTTI中に(たとえば、第2の帯域幅のために)データ送信を構成し得る。
【0107】
送信機1120は、デバイスの他の構成要素によって生成された信号を送信し得る。すなわち、送信機1120は、リンク1030-aを介してダウンリンクマネージャ1115からの送信のための情報(たとえば、制御メッセージ、データ送信など)を受信し得る。たとえば、送信機1120は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを送信し得、許可は、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定する。いくつかの例では、送信機1120は、トランシーバモジュールにおいて受信機1110とコロケートされ得る。たとえば、送信機1120は、図13を参照しながら説明するトランシーバ1335の態様の一例であり得る。送信機1120は、単一のアンテナまたはアンテナのセットを使用し得る。
【0108】
図12は、本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするダウンリンク通信マネージャ1215のブロック図1200を示す。ダウンリンク通信マネージャ1215は、図10、図11、および図13を参照しながら説明したダウンリンク通信マネージャ1015、ダウンリンク通信マネージャ1115、またはダウンリンク通信マネージャ1315の態様の一例であり得る。ダウンリンク通信マネージャ1215は、許可マネージャ1220、時間ギャップマネージャ1225、データ送信マネージャ1230、TTIマネージャ1235、およびデータ持続時間マネージャ1240を含み得る。これらの構成要素の各々は、直接または間接的に(たとえば、1つまたは複数のバスを介して)互いと通信している場合がある。ダウンリンク通信マネージャ1215は、リンク1025-bを介して(たとえば、受信機から)ワイヤレスデバイスの他の構成要素から情報を受信し、リンク1030-bを介してワイヤレスデバイスの他の構成要素(たとえば、送信機)に情報を渡し得る。
【0109】
いくつかの場合には、TTIマネージャ1235は、送信に関連するタイミングまたはTTIを管理または構成し得る。たとえば、TTIマネージャ1235は、通信リンク1245を介して許可マネージャ1220およびデータ送信マネージャ1230と通信し得る。TTIマネージャは、通信リンク1245を介して、たとえば1つまたは複数のTTI内で送信を構成するために情報を送受信し得る。たとえば、第2の帯域幅(たとえば、広帯域)におけるデータ送信がTTIの第2の部分の間にスケジュールされ、または構成されるように、データ送信マネージャ1230と情報を交換することに加えて、TTIマネージャ1235は、TTIの第2の部分の前のTTIの第1の部分において許可がスケジューリングまたは構成されるように、許可マネージャ1220と情報を交換し得る。許可マネージャ1220およびデータ送信マネージャ1230は、リンク1030-bを介してワイヤレスデバイスの他の構成要素(たとえば、送信機)に情報を渡し得る。他の場合には、TTIマネージャ1235は、第1のTTIにおいて許可がスケジューリングまたは構成されるように、許可マネージャ1220と情報を交換し、第2の帯域幅(たとえば、広帯域)におけるデータ送信が第2のTTI中にスケジュールされ、または構成されるように、データ送信マネージャ1230と情報を交換し得る。
【0110】
許可マネージャ1220は、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む送信(たとえば、第1の帯域幅における制御メッセージ)を構成し得る。許可は、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定し得る。いくつかの場合には、第2の帯域幅は広帯域を含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅は、広帯域の狭帯域部分を含む。いくつかの場合には、第1の帯域幅は第2の帯域幅の一部である。いくつかの場合には、第1の帯域幅はアンカーキャリアを含む。いくつかの場合には、第2の帯域幅は1つまたは複数のキャリアを含む。いくつかの場合には、1つまたは複数のキャリアは、アンカーキャリアおよび1つまたは複数の他のキャリアを含む。許可マネージャ1220は、リンク1030-bを介してワイヤレスデバイスの他の構成要素に情報(たとえば、TTIマネージャ1235から受信されたスケジューリング/構成情報を含む)を渡し得る。たとえば、送信機は、そのような情報(たとえば、ダウンリンクリソースのような許可情報、TTI内の許可の位置など)を取得し、それに応じて許可を送信し得る(たとえば、TTIの第1の部分において、狭帯域を介して)。
【0111】
時間ギャップマネージャ1225は、制御メッセージとデータ送信との間の時間ギャップをスケジュールし得る。いくつかの場合には、スケジュールされた時間ギャップは、ワイヤレスデバイスが許可を処理する、または狭帯域受信機から広帯域受信機に切り替えるように受信機回路を準備する、またはそれらの何らかの組合せのための時間を与える。いくつかの場合には、時間ギャップは、許可マネージャ1220から受信された情報に基づいてスケジュールされてもよい。たとえば、許可マネージャ1220は、許可が構成されるTTI内の開始時間および/または位置を(たとえば、リンク1250を介して)示し得る。時間ギャップマネージャ1225は、そのような情報を使用して時間ギャップを構成し得る。追加または代替として、時間ギャップマネージャは、予定受信側がデータ送信を受信するために追加の受信機回路に電力供給するためのウォームアップ時間など、ワイヤレスデバイスの他の構成要素から(たとえば、リンク1025-bを介して)情報を受信し得る。時間ギャップマネージャ1225によってスケジュールされた時間ギャップは、そのような情報の一部または全部を考慮し、スケジュールされた時間ギャップに関する情報を、リンク1255を介してデータ持続時間マネージャ1240に渡す、またはリンク1265を介してデータ送信マネージャ1230に直接渡し得る。データ持続時間マネージャ1240は、たとえば、リンク1255を介して時間ギャップマネージャ1225から受信された情報に基づいて、データ送信に関連する持続時間を決定し得る。データ持続時間マネージャ1240は、データ送信に関連する持続時間を決定し、そのような情報を、リンク1260を介してデータ送信マネージャ1230に渡し得る。いくつかの場合には、データ持続時間マネージャ1240は、データ送信を2つの部分に分割または分けることができる。
データ送信マネージャ1230は、データ送信を構成するために、ダウンリンク通信マネージャ1215の構成要素から情報を受信し得る。たとえば、データ送信マネージャ1230は、(たとえば、リンク1260を介してデータ持続時間マネージャ1240から受信された情報に基づいて)ある持続時間に従って、(たとえば、リンク1265を介して時間ギャップマネージャ1225から受信された情報に基づいて)スケジュールされた時間ギャップに基づいて、(たとえば、リンク1245を介してTTIマネージャ1235から受信された情報に基づいて)TTIの全部または一部の間に(たとえば、第2の帯域幅上に)データ送信を構成し得る。データ送信マネージャ1230は、(たとえば、TTIマネージャ1235から受信されたスケジューリング/構成情報、時間ギャップマネージャ1225からの時間ギャップ情報、データ持続時間マネージャ1240からのデータ送信持続時間情報などを含む)情報を、リンク1030-bを介して、ワイヤレスデバイスの他の構成要素に渡し得る。たとえば、送信機は、そのような情報(たとえば、送信持続時間、TTI内のデータの位置などのデータ送信情報)を取得し、それに応じてデータ送信を送信し得る(たとえば、第1のTTIの第2の部分の狭帯域を介して、第2のTTIにおける広帯域を介してなど)。
【0112】
一例として、送信機は、(たとえば、リンク1030-bを介して)上記のような情報を受信し、データ送信の第1の部分の持続時間の指示(たとえば、データ送信マネージャ1230および/またはデータ持続時間マネージャ1240から受信された情報に基づく)を、許可、無線リソース制御メッセージ、またはワイヤレスデバイスのセットにブロードキャストされるメッセージとして、送信し得る。次いで、送信機は、(たとえば、TTIマネージャ1235から受信された情報に基づいて)TTIの第2の部分において第2の帯域幅でデータ送信の第2の部分を送信するより前のTTIの第1の部分の間に、第1の帯域幅におけるデータ送信の第1の部分を、許可(たとえば、許可マネージャ1220から受信された情報など)に基づいて送信し得る。次いで、送信機は、TTI中に第2の帯域幅でデータ送信を送信し得、許可は、以前のTTIにおいて送信される。いくつかの場合には、TTIは第1の送信機会にある。いくつかの場合には、以前のTTIは以前の送信機会にある。
【0113】
図13は、本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用をサポートするデバイス1305を含むシステム1300の図を示す。デバイス1305は、たとえば図10および図11を参照しながら上記で説明したワイヤレスデバイス1005、ワイヤレスデバイス1105、または基地局105の構成要素の一例であり得るかまたはそれを含み得る。デバイス1305は、ダウンリンク通信マネージャ1315、プロセッサ1320、メモリ1325、ソフトウェア1330、トランシーバ1335、アンテナ1340、ネットワーク通信マネージャ1345、および局間通信マネージャ1350を含め、通信を送信および受信するための構成要素を含む、双方向音声およびデータ通信のための構成要素を含み得る。これらの構成要素は、1つまたは複数のバス(たとえば、バス1310)を介して電子通信し得る。デバイス1305は、1つまたは複数のユーザ機器(UE)115とワイヤレス通信し得る。
【0114】
プロセッサ1320は、インテリジェントハードウェアデバイス(たとえば、汎用プロセッサ、DSP、中央処理装置(CPU)、マイクロコントローラ、ASIC、FPGA、プログラマブル論理デバイス、個別ゲートもしくはトランジスタ論理構成要素、個別ハードウェア構成要素、またはそれらの任意の組合せ)を含み得る。いくつかのケースでは、プロセッサ1320は、メモリコントローラを使ってメモリアレイを操作するように構成され得る。他のケースでは、メモリコントローラは、プロセッサ1320の中に統合されてよい。プロセッサ1320は、様々な機能(たとえば、eCCのための効率的な電力利用をサポートする機能またはタスク)を実行するために、メモリに記憶されたコンピュータ可読命令を実行するように構成され得る。
【0115】
メモリ1325は、ランダムアクセスメモリ(RAM)および読取専用メモリ(ROM)を含み得る。メモリ1325は、実行されると、本明細書で説明する様々な機能をプロセッサに実行させる命令を含むコンピュータ可読、コンピュータ実行可能ソフトウェア1330を記憶し得る。場合によっては、メモリ1325は、とりわけ、周辺構成要素またはデバイスとの相互作用など、基本的ハードウェアおよび/またはソフトウェア動作を制御し得る基本入出力システム(BIOS)を含み得る。
【0116】
ソフトウェア1330は、eCCのための効率的な電力利用をサポートするためのコードを含め、本開示の態様を実装するためのコードを含み得る。ソフトウェア1330は、システムメモリまたは他のメモリなどの非一時的コンピュータ可読媒体中に記憶され得る。場合によっては、ソフトウェア1330は、プロセッサによって直接実行可能ではないことがあるが、(たとえば、コンパイルされ、実行されると)本明細書で説明する機能をコンピュータに実行させ得る。
【0117】
トランシーバ1335は、上記で説明したように、1つまたは複数のアンテナ、有線リンクまたはワイヤレスリンクを介して双方向に通信し得る。たとえば、トランシーバ1335は、ワイヤレストランシーバを表してよく、別のワイヤレストランシーバと双方向に通信することができる。トランシーバ1335はまた、パケットを変調し、変調されたパケットを送信のためにアンテナに与え、アンテナから受信されたパケットを復調するためのモデムを含んでもよい。
【0118】
場合によっては、ワイヤレスデバイスは、単一のアンテナ1340を含み得る。しかしながら、いくつかの場合、デバイスは、複数のワイヤレス送信を同時に送信または受信することが可能であり得る複数のアンテナ1340を有し得る。
【0119】
ネットワーク通信マネージャ1345は、(たとえば、1つまたは複数のワイヤードバックホールリンクを介した)コアネットワークとの通信を管理し得る。たとえば、ネットワーク通信マネージャ1345は、1つまたは複数のUE115などのクライアントデバイスのためのデータ通信の転送を管理し得る。
【0120】
局間通信マネージャ1350は、他の基地局105との通信を管理し得、他の基地局105と協調してUE115との通信を制御するためのコントローラまたはスケジューラを含み得る。たとえば、局間通信マネージャ1350は、ビームフォーミングまたはジョイント送信などの様々な干渉軽減技法のために、UE115への送信のためのスケジューリングを協調させ得る。いくつかの例では、局間通信マネージャ1350は、基地局105間の通信を行うために、ロングタームエボリューション(LTE)/LTE-Aワイヤレス通信ネットワーク技術内のX2インターフェースを提供し得る。
【0121】
図14は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法1400を示すフローチャートを示す。方法1400の動作は、本明細書で説明したように、UE115またはその構成要素によって実装され得る。たとえば、方法1400の動作は、図6〜図9を参照して説明したように、ダウンリンクマネージャによって実行され得る。いくつかの例では、UE115は、以下で説明する機能を実行するようにデバイスの機能要素を制御するためのコードのセットを実行し得る。追加または代替として、UE115は、以下で説明する機能の態様を専用ハードウェアを使用して実行し得る。
【0122】
ブロック1405において、UE115は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視し得る。たとえば、UE115は、制限された帯域幅(たとえば、狭帯域)にわたる送信を監視するように受信機または受信機の回路を構成し得る。すなわち、UE115は、主受信機よりも少ない能力に関連する別個の受信機に電力供給し、または主受信機に関連する回路の一部に電力供給し、減少した電力量を消費しながら帯域幅が監視されるようにする。ブロック1405の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1405の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、狭帯域モニタによって実行され得る。
【0123】
ブロック1410において、UE115は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信し得る。たとえば、UE115は、上述のように受信機を使用して制御メッセージを受信し得る。制御メッセージは、後続のダウンリンク送信のための時間周波数リソースを示すビットを含む許可を指し得る。ブロック1410の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1410の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、制御メッセージマネージャによって実行され得る。
【0124】
ブロック1415において、UE115は、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定し得る。たとえば、制御メッセージは、後続のデータ送信に関連する追加の帯域幅範囲を示し得る。UE115は、現在監視されているのとは異なる(たとえば、追加または代替の)周波数範囲にわたって送信される指示情報に基づいて、第2の帯域幅を監視することを決定し得る。いくつかの場合には、第1の帯域幅は第2の帯域幅の一部であり得る。ブロック1415の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1415の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、許可プロセッサによって実行され得る。
【0125】
ブロック1420において、UE115は、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視し得る。たとえば、UE115は、許可に含まれる情報を受信し、受信機を(たとえば、主受信機に)切り替え、または、追加または代替の帯域幅(たとえば、周波数範囲)を監視するために、受信機の追加の回路に電力供給し得る。第2の帯域幅(たとえば、許可によって示される)は、TTIの持続時間にわたって監視され得る。ブロック1420の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1420の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、広帯域モニタによって実行され得る。
【0126】
図15は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法1500を示すフローチャートを示す。方法1500の動作は、本明細書で説明したように、UE115またはその構成要素によって実装され得る。たとえば、方法1500の動作は、図6〜図9を参照して説明したように、ダウンリンクマネージャによって実行され得る。いくつかの例では、UE115は、以下で説明する機能を実行するようにデバイスの機能要素を制御するためのコードのセットを実行し得る。追加または代替として、UE115は、以下で説明する機能の態様を専用ハードウェアを使用して実行し得る。
【0127】
ブロック1505において、UE115は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視し得る。ブロック1505の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1505の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、狭帯域モニタによって実行され得る。
【0128】
ブロック1510において、UE115は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信し得る。ブロック1510の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1510の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、制御メッセージマネージャによって実行され得る。
【0129】
ブロック1515において、UE115は、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定し得、第1の帯域幅は、第2の帯域幅の一部である。ブロック1515の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1515の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、許可プロセッサによって実行され得る。
【0130】
ブロック1520において、UE115は、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視し得る。ブロック1520の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1520の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、広帯域モニタによって実行され得る。
【0131】
ブロック1525において、UE115は、TTIの第2の部分の間に第2の帯域幅においてデータ送信を受信し得、TTIの第2の部分の前のTTIの第1の部分において、許可が受信される。ブロック1525の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1525の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、送信受信マネージャによって実行され得る。
【0132】
図16は、本開示の様々な態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法1600を示すフローチャートを示す。方法1600の動作は、本明細書で説明したように、UE115またはその構成要素によって実装され得る。たとえば、方法1600の動作は、図6〜図9を参照して説明したように、ダウンリンクマネージャによって実行され得る。いくつかの例では、UE115は、以下で説明する機能を実行するようにデバイスの機能要素を制御するためのコードのセットを実行し得る。追加または代替として、UE115は、以下で説明する機能の態様を専用ハードウェアを使用して実行し得る。
【0133】
ブロック1605において、UE115は、ワイヤレスデバイスの受信機により第1の帯域幅を監視し得る。ブロック1605の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1605の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、狭帯域モニタによって実行され得る。
【0134】
ブロック1610において、UE115は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを受信し得る。ブロック1610の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1610の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、制御メッセージマネージャによって実行され得る。
【0135】
ブロック1615において、UE115は、許可によって指定されているようにワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を監視することを決定し得、第1の帯域幅は、第2の帯域幅の一部である。ブロック1615の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1615の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、許可プロセッサによって実行され得る。
【0136】
ブロック1620において、UE115は、TTI中にデータ送信のために受信機により第2の帯域幅を監視し得る。ブロック1620の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1620の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、広帯域モニタによって実行され得る。
【0137】
ブロック1625において、UE115は、TTIの第2の部分の間に第2の帯域幅においてデータ送信を受信し得、TTIの第2の部分の前のTTIの第1の部分において、許可が受信される。ブロック1625の動作は、図1〜図5を参照して説明した方法に従って実施され得る。いくつかの例では、ブロック1625の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、送信受信マネージャによって実行され得る。
【0138】
ブロック1630において、UE115は、制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップを挿入し得る。ブロック1630の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1630の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、送信受信マネージャによって実行され得る。
【0139】
ブロック1635において、UE115は、時間ギャップ中に制御メッセージを復号し得る。ブロック1635の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1635の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、メッセージデコーダによって実行され得る。
【0140】
ブロック1640において、UE115は、受信機による第1の帯域幅の監視から、受信機による第2の帯域幅の監視に切り替えるように準備し得る。ブロック1640の動作は、図1〜図5を参照しながら説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1640の動作の態様は、図6〜図9を参照して説明したように、回路スイッチャによって実行され得る。
【0141】
図17は、本開示の態様による、eCCのための効率的な電力利用のための方法1700を示すフローチャートを示す。方法1700の動作は、本明細書で説明したように、基地局105またはその構成要素によって実装され得る。たとえば、方法1700の動作は、図14〜図13を参照して説明したように、ダウンリンク通信マネージャによって実行され得る。いくつかの例では、基地局105は、以下で説明する機能を実行するようにデバイスの機能要素を制御するためのコードのセットを実行し得る。追加または代替として、基地局105は、専用ハードウェアを使用して、以下で説明する機能の態様を実行し得る。
【0142】
ブロック1705において、基地局105は、第1の帯域幅において、ワイヤレスデバイスのためのダウンリンクデータ送信リソースの許可を含む制御メッセージを送信し得、許可が、ワイヤレスデバイスのデータ送信のための第2の帯域幅を指定する。ブロック1705の動作は、本明細書で説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1705の動作の態様は、図14〜図13を参照して説明したように、許可マネージャによって実行され得る。
【0143】
ブロック1710において、基地局105は、制御メッセージとデータ送信との間に時間ギャップをスケジュールし得る。ブロック1710の動作は、本明細書で説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1710の動作の態様は、図14〜図13を参照して説明したように、時間ギャップマネージャによって実行され得る。
【0144】
ブロック1715において、基地局105は、第2の帯域幅において、スケジュールされた時間ギャップに少なくとも部分的に基づいて、TTI中にデータ送信を送信し得る。ブロック1715の動作は、本明細書で説明した方法に従って実行され得る。いくつかの例では、ブロック1715の動作の態様は、図14〜図13を参照して説明したように、データ送信マネージャによって実行され得る。
【0145】
上記で説明した方法は、可能な実装形態について説明しており、動作およびステップは、他の実装形態が可能であるように並べ替えられるか、または他の方法で修正され得ることに留意されたい。さらに、方法のうちの2つ以上からの態様が組み合わされてもよい。
【0146】
本明細書で説明する技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、シングルキャリア周波数分割多元接続(SC-FDMA)、および他のシステムなどの、様々なワイヤレス通信システムのために使用され得る。「システム」および「ネットワーク」という用語は、しばしば、互換的に使用される。CDMAシステムは、CDMA2000、ユニバーサル地上波無線アクセス(UTRA)などの無線技術を実装してよい。CDMA2000は、IS-2000、IS-95およびIS-856標準規格をカバーする。IS-2000リリースは、一般に、CDMA2000 1X、1Xなどと呼ばれる。IS-856(TIA-856)は、一般に、CDMA2000 1xEV-DO、高速パケットデータ(HRPD)などと呼ばれる。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標))、およびCDMAの他の変形態を含む。TDMAシステムは、Global System for Mobile communications(GSM(登録商標))などの無線技術を実装し得る。
【0147】
OFDMAシステムは、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB)、発展型UTRA(E-UTRA)、米国電気電子技術者協会(IEEE)802.11(Wi-Fi)、IEEE802.16(WiMAX)、IEEE802.20、Flash-OFDMなどの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE-UTRAは、ユニバーサルテレコミュニケーションシステム(UMTS)の一部である。3GPPロングタームエボリューション(LTE)およびLTEアドバンスト(LTE-A)は、E-UTRAを使用するユニバーサルモバイルテレコミュニケーションズシステム(UMTS)の新しいリリースである。UTRA、E-UTRA、UMTS、LTE、LTE-A、およびモバイル通信用グローバルシステム(GSM(登録商標))は、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)という名称の組織からの文書に記載されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2)と称する組織からの文書に記載されている。本明細書で説明される技法は、上述されたシステムおよび無線技術ならびに他のシステムおよび無線技術に使用され得る。例としてLTEシステムの態様について説明する場合があり、説明の大部分においてLTE用語が使用される場合があるが、本明細書で説明する技法は、LTE適用例以外に適用可能である。
【0148】
本明細書で説明するそのようなネットワークを含むLTE/LTE-Aネットワークでは、eNBという用語は、概して、基地局を表すために使用され得る。本明細書で説明する単一または複数のワイヤレス通信システムは、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域にカバレージを提供する、異種LTE/LTE-Aネットワークを含み得る。たとえば、各eNBまたは基地局は、マクロセル、スモールセル、または他のタイプのセルに通信カバレッジを提供し得る。「セル」という用語は、文脈に応じて、基地局、基地局と関連付けられるキャリアもしくはコンポーネントキャリア、またはキャリアもしくは基地局のカバレージエリア(たとえば、セクタなど)を表すために使用され得る。
【0149】
基地局は、基地トランシーバ局、無線基地局、アクセスポイント、無線トランシーバ、ノードB、eノードB(eNB)、ホームノードB、ホームeノードB、または何らかの他の適切な用語を含み得るか、または当業者によってそのように呼ばれ得る。基地局のための地理的カバレージエリアは、カバレージエリアの一部分のみを構成するセクタに分割され得る。本明細書で説明した1つまたは複数のワイヤレス通信システムは、異なるタイプの基地局(たとえば、マクロセル基地局またはスモールセル基地局)を含み得る。本明細書で説明されるUEは、マクロeNB、スモールセルeNB、中継基地局などを含む、様々なタイプの基地局およびネットワーク機器と通信することが可能であり得る。異なる技術のためのオーバーラップする地理的カバレージエリアがあってよい。
【0150】
マクロセルは一般に、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径数キロメートル)をカバーし、サービスに加入しているUEによるネットワークプロバイダとの無制限アクセスを可能にし得る。スモールセルは、マクロセルと同じまたはマクロセルとは異なる(たとえば、認可、無認可などの)周波数帯域で動作し得る、マクロセルと比較して低電力基地局である。スモールセルには、様々な例に応じて、ピコセル、フェムトセル、およびマイクロセルを含めてもよい。ピコセルは、たとえば、小さい地理的エリアをカバーすることができ、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にすることができる。フェムトセルも、小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をカバーしてもよく、フェムトセルとの関連性を有するUE(たとえば、限定加入者グループ(CSG)の中のUE、自宅内のユーザのためのUE、など)による制限付きアクセスを提供してもよい。マクロセルのためのeNBは、マクロeNBと呼ばれることがある。スモールセルのためのeNBは、スモールセルeNB、ピコeNB、フェムトeNB、またはホームeNBと呼ばれることがある。eNBは、1つまたは複数の(たとえば、2つ、3つ、4つなどの)セル(たとえば、コンポーネントキャリア)をサポートしてもよい。UEは、マクロeNB、スモールセルeNB、中継基地局などを含む、様々なタイプの基地局およびネットワーク機器と通信することが可能であってもよい。
【0151】
本明細書で説明される1つまたは複数のワイヤレス通信システムは、同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、基地局は、類似のフレームタイミングを有することがあり、異なる基地局からの送信は、時間的にほぼ整合されることがある。非同期動作の場合、各基地局は異なるフレームタイミングを有することがあり、それぞれに異なる基地局からの送信は時間的に整合されないことがある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれに使用されてもよい。
【0152】
本明細書で説明したダウンリンク送信は、順方向リンク送信と呼ばれることもあり、アップリンク送信は、逆方向リンク送信と呼ばれることもある。たとえば、図1および図2のワイヤレス通信システム100および200を含む、本明細書で説明した各通信リンクは、1つまたは複数のキャリアを含んでよく、ここで、各キャリアは、複数のサブキャリア(たとえば、異なる周波数の波形信号)から構成される信号であってよい。
【0153】
添付の図面に関して本明細書に記載した説明は、例示的な構成について説明しており、実装され得るまたは特許請求の範囲の範囲内に入るすべての例を表すとは限らない。本明細書で使用する「例示的」という用語は、「例、事例、または例示として役立つ」ことを意味し、「好ましい」または「他の例よりも有利な」を意味するものではない。詳細な説明は、説明した技法を理解することを目的とした具体的な詳細を含む。しかしながら、これらの技法は、これらの具体的な詳細を伴うことなく実践されることがある。いくつかの事例では、説明した例の概念を不明瞭にすることを避けるために、よく知られている構造およびデバイスが図の形態で示されている。
【0154】
添付の図において、類似の構成要素または特徴は、同じ参照ラベルを有する場合がある。さらに、同じタイプの様々な構成要素は、参照ラベルの後に、ダッシュと、同様の構成要素を区別する第2のラベルとを続けることによって区別される場合がある。第1の参照ラベルのみが本明細書で使用される場合、説明は、第2の参照ラベルにかかわらず、同じ第1の参照ラベルを有する同様の構成要素のうちのいずれか1つに適用可能である。
【0155】
本明細書で説明する情報および信号は、多種多様な技術および技法のいずれかを使用して表され得る。たとえば、上の説明全体にわたって参照され得るデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧、電流、電磁波、磁場もしくは磁気粒子、光場もしくは光粒子、またはそれらの任意の組合せによって表され得る。
【0156】
本明細書の開示に関して説明した様々な例示的なブロックおよびモジュールは、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)もしくは他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートもしくはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、または本明細書で説明する機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて実装または実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであってよいが、代替として、プロセッサは、任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、または状態機械であってよい。プロセッサはまた、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアと連携する1つもしくは複数のマイクロプロセッサ、または他の任意のそのような構成として実装されてよい。
【0157】
本明細書で説明する機能は、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの任意の組合せとして実装されてもよい。プロセッサによって実行されるソフトウェアで実装される場合、機能は、1つまたは複数の命令またはコードとして、コンピュータ可読媒体上に記憶されてよく、またはコンピュータ可読媒体を介して送信されてよい。他の例および実装形態が、本開示および添付の特許請求の範囲の範囲内および趣旨内にある。たとえば、ソフトウェアの性質に起因して、上述した機能は、プロセッサによって実行されるソフトウェア、ハードウェア、ファームウェア、ハードワイヤリング、またはこれらのいずれかの組合せを使用して実装されてよい。機能を実施する特徴はまた、異なる物理的位置において機能の部分が実装されるように分散されることを含めて、様々な位置に物理的に配置されてもよい。特許請求の範囲内を含む本明細書で使用する「および/または」という用語は、2つ以上の項目の列挙において使用されるとき、列挙される項目のうちのいずれか1つが単独で採用され得ること、または列挙される項目のうちの2つ以上の任意の組合せが採用され得ることを意味する。たとえば、組成が構成要素A、B、および/またはCを含むものとして説明される場合、組成は、Aのみ、Bのみ、Cのみ、AとBとの組合せ、AとCとの組合せ、BとCとの組合せ、またはAとBとCとの組合せを含み得る。また、特許請求の範囲内を含み、本明細書で使用される場合、項目のリスト(たとえば、「のうちの少なくとも1つ」または「のうちの1つまたは複数」などの句で始まる項目のリスト)内で使用される「または」は、たとえば、[A、B、またはCのうちの少なくとも1つ]というリストがAまたはBまたはCまたはABまたはACまたはBCまたはABC(すなわち、AおよびBおよびC)を意味するような、選言的リストを示す。
【0158】
コンピュータ可読媒体は、非一時的コンピュータ記憶媒体と、ある場所から別の場所へのコンピュータプログラムの転送を容易にする任意の媒体を含む通信媒体の両方を含む。非一時的記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされることが可能である任意の利用可能な媒体であってもよい。限定ではなく例として、非一時的コンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、電気的消去可能プログラマブル読取専用メモリ(EEPROM)、コンパクトディスク(CD)ROMもしくは他の光ディスクストレージ、磁気ディスクストレージもしくは他の磁気ストレージデバイス、あるいは、命令またはデータ構造の形態の所望のプログラムコード手段を搬送または記憶するために使用され得、汎用もしくは専用コンピュータまたは汎用もしくは専用プロセッサによってアクセスされ得る任意の他の非一時的媒体を含むことができる。また、あらゆる接続が、コンピュータ可読媒体と適切に呼ばれる。たとえば、ソフトウェアが、同軸ケーブル、光ファイバケーブル、ツイストペア、デジタル加入者回線(DSL)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用して、ウェブサイト、サーバ、または他のリモートソースから送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバケーブル、ツイストペア、デジタル加入者回線(DSL)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術は、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用するディスク(disk)およびディスク(disc)は、CD、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)およびBlu-ray(登録商標)ディスク(disc)を含み、ディスク(disk)は通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、レーザーを用いてデータを光学的に再生する。上記のもの組合せも、コンピュータ可読媒体の範囲内に含まれる。
【0159】
本明細書での説明は、当業者が本開示を作成または使用することを可能にするために与えられる。本開示に対する様々な修正は、当業者に容易に明らかになり、本明細書で定義される一般原理は、本開示の範囲から逸脱することなく他の変形形態に適用され得る。したがって、本開示は、本明細書で説明する例および設計に限定されるのではなく、本明細書で開示する原理および新規の特徴と一致する最も広い範囲を与えられるべきである。
【符号の説明】
【0160】
100 ワイヤレス通信システム
105 基地局
110 地理的カバレージエリア
115 UE
125 通信リンク
130 コアネットワーク
132 バックホールリンク
134 バックホールリンク
200 ワイヤレス通信システム
205-a キャリア
210 ダウンリンク許可
215 ギャップ
220 データ送信
300 ダウンリンク送信構成
305 持続時間
310-a 第1の帯域幅
310-b 第2の帯域幅
315 プリアンブル
320 ダウンリンク許可
325 ギャップ
330 PDSCHデータ
400 ダウンリンク送信構成
405 持続時間期間
410 システム帯域幅
410-a 第1の帯域幅
410-b 第2の帯域幅
415 プリアンブル
420 ダウンリンク許可
425 第1のPDSCHデータ部分
430 PDSCHデータ
501 ダウンリンク送信構成
502 受信機回路消費電力グラフ
505-a〜505-d 持続時間
510-a 第1の帯域幅
515 許可
515 持続時間
520 CCA
525 他のUEリソース
530 UE4リソース
535 電力ブロック
540 カットオフ時間
605 ワイヤレスデバイス
610 受信機
615 ダウンリンクマネージャ
620 送信機
625 狭帯域回路
630 広帯域回路
635 リンク
635-a リンク
640-a リンク
705 ワイヤレスデバイス
710 受信機
715 ダウンリンクマネージャ
720 送信機
725 狭帯域モニタ
730 制御メッセージマネージャ
735 許可プロセッサ
740 広帯域モニタ
745 リンク
750 リンク
755 リンク
815 ダウンリンクマネージャ
825 狭帯域モニタ
830 制御メッセージマネージャ
835 許可プロセッサ
840 広帯域モニタ
845 送信受信マネージャ
850 メッセージデコーダ
855 回路スイッチャ
860 CCAコンポーネント
865 DRXコンポーネント
876 リンク
888 リンク
890 リンク
892 リンク
894 リンク
900 システム
905 デバイス
910 バス
915 ダウンリンクマネージャ
920 プロセッサ
925 メモリ
930 ソフトウェア
935 トランシーバ
940 アンテナ
945 I/Oコントローラ
1005 ワイヤレスデバイス
1010 受信機
1015 ダウンリンク通信マネージャ
1020 送信機
1025 リンク
1025-a リンク
1025-b リンク
1030 リンク
1030-a リンク
1030-b リンク
1105 ワイヤレスデバイス
1110 受信機
1115 ダウンリンク通信マネージャ
1120 送信機
1125 許可マネージャ
1130 時間ギャップマネージャ
1135 データ送信マネージャ
1140 リンク
1145 リンク
1215 ダウンリンク通信マネージャ
1220 許可マネージャ
1225 時間ギャップマネージャ
1230 データ送信マネージャ
1235 TTIマネージャ
1240 データ持続時間マネージャ
1245 通信リンク
1255 リンク
1260 リンク
1265 リンク
1305 デバイス
1310 バス
1315 ダウンリンク通信マネージャ
1320 プロセッサ
1325 メモリ
1330 ソフトウェア
1335 トランシーバ
1340 アンテナ
1345 ネットワーク通信マネージャ
1350 局間通信マネージャ
【図1】
【図2】
【図3】
【図4】
【図5】
【図6】
【図7】
【図8】
【図9】
【図10】
【図11】
【図12】
【図13】
【図14】
【図15】
【図16】
【図17】
【国際調査報告】